∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

桂枝雀 生誕七十年記念落語会

d0063216_161279.jpg

○回忌、ではなくお誕生日会。楽しいものにしたいとの願いが込められてのケーキとろうそく、そしてhappy birthdayの文字。
おおよそ落語会のパンフらしくないっすね(笑)。

この日のお題目は以下のとおり。
d0063216_17115813.jpg

私が行ったのは昨日7日でしたが、6日も同じ会場(池田市民文化会館・アゼリアホール)で催されました。
ちなみに「呉服座」(くれはざ、と読む)というのは池田に実際にあった芝居小屋でして、建物自体は重要文化財として現在明治村に在ります。まあこれやら、池田が舞台の上方落語ネタがいくつか存在(「池田の猪買い」「池田の牛ほめ」など)することから、「落語みゅーじあむ」こと池田市立上方落語資料展示館ができたりと、上方落語絡みのイベントが多く催されています。
地方都市の小さなキャパ(小ホール)でありながら、2日にわたって催されるのもこの興業では池田だけなので、熱心なことだなということです。もっとも、池田と枝雀さんのつながりから考えると、理由はこれだけじゃないような気もしますが、それは後ほどということで(笑)。

さて。
おもろいことに、雀松さんと南光さんの「まくら」がかぶさる(落語家いうもんは体力使わず、口と、舞台の袖から座布団のあるところまで歩けたら続けられる…というもの)という事態があり、おいおいっと心の中でツッコミ入れてましたが、後の座談会で南光さん本人も反省がてら?ボヤいてました(笑)。

弟子4人の噺があり、10分の休憩後、フィルム中ではあるけれど枝雀さん登場。自然と拍手がわき起こります。
「道具屋」は『枝雀寄席』より。2回ほど実際にこの番組の公開録画を観にいったことがありますが、今から思えばずいぶん贅沢な番組だったなぁと思います。枝雀落語を定期的にテレビで聴ける……というか、この人の場合は観られる、というのも大いにアリか(笑)。
この噺も枝雀節全開で、激しいアクションもふんだんに登場(たけみつの刀なのに鞘から懸命に抜こうとする客に引きずられる道具屋の図、ですな(笑))、一緒に行った母と「青あざだらけちゃうか」と互いに言い合ったぐらい(笑)。

ひとしきり大笑いさせてもらった後は、想い出語る座談会ということで、先日文化勲章を授与された米朝師匠登場。天皇陛下の前では車椅子だったからちょっと心配だったんですが、元気そうでなにより。もっとも、あまりぱっぱっと話はできないご様子だったので、やっぱりちょっと休ませてあげたい気も……ああ、でもこういう人は、むしろ舞台の方がええリハビリになるかもしれませんね。

いくつものおもろいエピ話はあったのですが、有名どころでは池田という場所柄もあり、枝雀さんの「呉春」好きエピソードに。
「呉春」は池田酒として有名なお酒ですが、枝雀さんがこれにハマり、同名の梅田にある居酒屋に通い詰めていたというものです。で、そのときの呑み方が変わっていて、一口飲むごとに、鶴のごとく立ち上がって首を伸ばして体に染み渡らせるようにするんだそうで……枝雀一門で呉春を飲むときは、内々であろうが、店であろうが、必ずこのスタイル(笑)で飲むんだそうです。

私が面白かったのは、雀々さんが内弟子として入りたてのときの電話の取り次ぎのこと。これが一番トラウマになったそうで……。いわゆる上方四天王さん(桂春団治、桂文枝、桂米朝、笑福亭松鶴)から電話がかかるので、と物真似ならぬ声真似をするんですけど、これがまたよく似てる!とくに文枝師匠なんて、もろ声が聞こえてきた気がして噴きました。で、文枝、米朝、松鶴師匠はまだ声だけで判別できるし、取り次ぎ自体も大丈夫だそうです……春団治師匠以外は。あの声真似、似てるけど、怒られるでーと泣きながら(笑いすぎて)聴いていました。ボショショショショショ(笑)と喋るから、誰からなのか、何の用なのかが全然わかんない、というオチです。しかも枝雀さんも状況知らぬまま「何やねん」「(電話を)切ってしまえ!」とかハタで叫んで、もろ春団治師匠に聞こえてしまってエラいトラブったそうで(^^;)。

あと、珍しかったのは、枝雀さんの自宅の上棟式の模様を、南光さんがビデオ撮影していたというもの。実際にそのときの様子がスクリーンで映し出され、風呂と稽古場を持ちたかったということを、挨拶で枝雀さんが語っていました。
また、27歳!の小米(こよね)時代のフィルムなんてのもあって、びっくり。なに、この27歳!噺が上手すぎる!!
本当に、天才ってこういう人なんだなぁと、改めてつくづく思い知らされた気のする映像でした。

実際に70歳になった枝雀さんの噺、聴きたかったなぁ。
[PR]
by gyohm | 2009-11-08 16:01 | 落語・お笑い