∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

2月9日までのよもやま

▼SadなiPod
…が出ました(>_<;
マカーだけどまだ幸いSad Macにはお目に掛かったことなし(HDDが×になったのは見たけど……ってもっと悪いぢゃん(^_^;))。でもiPodに出ちゃった。リセットしても、外付けHDDとしてみろ云々の指示を見ながら試してみたけど、ダメダメorz
あーあ修理かーでも私のiPodってPhoto iPodなんですよね、買った1週間後に映像が入れられる型のものが出たってぐらい古い。修理代はたぶんハンパじゃないだろーどうするかなぁ、まだ60GB中16GBぐらいしか使ってないのにもったいねーとウダウダ思いつつネット検索。すると、いくつかヒットしたブログやらマカーサイトさんやらで共通の対処法を発見、どーせダメ元とばかりに試してみることに。それは……
 (1)畳とか絨毯の上で
 (2)肩のあたりから
 (3)ドック部分を下にして
 (4)…………落とす↓↓↓(爆)
マジで起動しました。とにかく速攻で、ひとつPC本体のiTunesにサルベージできていなかったボイスメモを吸い上げ、ほっと一息。以降、問題なく使えています。
叩けば直る、というのをモロ見た気が(^_^;アバウト過ぎるやろ(笑)
でもまあ、何はともあれ良かった良かった(^_^)
※あくまでも自己責任で行ってください。
 このとおりにやって壊れた!って文句言われてもどーしよーもないっす(^^;)

▼17回目 in Tokyo
仕事で日〜月、宿泊しての出張の指示が出たので、これ幸いとのだめ映画版のスケジュールを組み込むことに(爆)。でもロングランが決まったとはいえ、さすがに上映時間や回数がなかなか厳しい状況。私の御用達・品川プリンスシネマ(笑。イノセンスで13回通ったんで)もやってたはず!と調べたら、4日までだっけ…orz あそこなら、レイトショー行ってそのままホテルに宿泊できてラクチンなのに……(MWで経験済)。
仕方ないので他を当たってみると、新宿ピカデリーががが。ここって確か……マダガスカル2の舞台挨拶で行ったっけ。時間を調べると21:40-23:50かー(ぽち)←ネット予約した音(笑)ついでに新ピカ近所のホテルも予約(笑)。まずは映画館ありきかよ、と自己ツッコミ入れてみました(^_^;
さて、久しぶりのレイトショーでしたが、日曜の夜だというのに、かなり多めの観客数で驚きました。とくに私の座った列はほとんど埋まっていたのですが、席を2つ空けて向こうに座ったカップルがまさにバカっぷるで(!)今まで見てきた17回中、さすがに『1812年』の始まり時にはおとなしくしていたものの、間もなくしゃべり出した客を初めて見た。バカか?バカなんだな?バカに決まってるよな!(関西人がバカ呼ばわりするときは相当怒ってるってことです)ホンマ、むかついたわ!
まあそれはともかく、新ピカはその略称のとおり(笑)綺麗で悪くないんですが、いかんせん、のだめの上映が行われた10番スクリーンは11階なのですよ……上がっても上がってもまだ着かないorz。私みたく近所に宿をとってる分には急く必要もないのでいいけど、それでなくとも日曜の夜、終電も早めだろうし、11階から地上もしくは地下へ降りるのはさぞや時間がかかるでしょうて。さすがに後編予告を見ずに帰った人が6人ほどいました。せいぜい2人ぐらいしか途中抜けの人を見たことがないので、ちょっと残念。
まあ、そんなこんなで、イマイチ楽しめなかったので(後部座席のおっちゃんはゴンゴン椅子蹴ってくるしね!(怒))、11日の祝日は、地元関西でリベンジ鑑賞してきます。


▼久しぶりにまた~りドラマ
土曜日は『剣客商売』観てました。大好きなんですよね、このシリーズ。あー良かったなぁ。
温水さんが久しぶりに悪党、しかもいかにもな小悪党っぷり炸裂で笑えました。
中村梅雀さん、赤かぶ(赤かぶ検事)は、どうしてこんなやたらアクの強いだけの演じ方するんだろう???と不満に思っていたんですが、こちらでは安心して、ある意味「人でなし」な剣客っぷりを拝見できました(誉めてます、スゴく)。
藤田まことさんはもう、殺陣にはそれほど長く立ち会うことはありません。体調みながら撮影を進めたかなぁという気もしましたが、無事観られてなによりでした。

美の巨人たち
ミュシャの「ジスモンダ」がお題だったので、もれなく録画&鑑賞(^_^)。
一躍アール・ヌーボーの寵児として打って出た記念作ですよね。
毎度の小芝居(爆)の舞台がマキシムの上にある部屋だったとは……いや、いい雰囲気の部屋だったので印象的で。ピエール・カルダンのコレクションだそうです(^^;)スゲー(サイトに掲載あり)
ちなみに次回は呉春の「白梅図屏風」。あらあらあら……これは間違いなく、逸翁美術館のご登場ですな。来週も楽しみに観ます!
[PR]
by gyohm | 2010-02-10 02:25 | よもやま