∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

祝・砂の器放映決定ロケ地ツアー その3(神戸2)

さてお次は、撮影時、まさに今ここに玉木くんがいるとの情報を得て、間に合うかと向かった思い出の場所です。当時は、冬のさむーい午後でした。




d0063216_13531420.jpg

さてこちらは、とあるビルの地下にあるジャズ喫茶。
この中で撮影が行われているとのことで、周囲で出てくるのを待…っていたのは忍耐強いファンの方々。私もまあちょっとは待ってみたんですけども、一人で行ったせいもあり、ずーっと立ちんぼなのもつまらないので、ここが勝手知ったるあたりだということもあり、ちょろちょろ動き回ってはついでに買い物なんてしちゃったりして(^^;)だんだん手に荷物を増やしつつ(笑)戻ってきては待ってみました。
結局、玉カー(笑)に乗り込むほんの一瞬、人だかりの中の黒いハットをチラ見しただけで終わっちゃった(^^;)中途半端なツッコミはイカンですな。行くならきっぱり行かないとね。

さてさて。
大学時代はもっぱらジャズとラテン音楽ばかり聴いていたので、当然あちこちのジャズ喫茶やそれ系の店も多く行っていたのですが、これまたこのお店はお初。もっぱら近くの中華料理店や、甘味処(笑)でとぐろ巻いていたせいもあるけど、知っていたらきっとかなりはまって居座っていたような気がしますよ。

地下にどんどこ潜ります。

d0063216_13532925.jpg



店前はもうこんなに暗く、青いネオンの看板が独特の雰囲気を醸し出しています。

d0063216_13534013.jpg



ありましたありました、地下の入口扉前にどーーーんと。

d0063216_13534829.jpg


店の中は、ディープにジャズを聴く人と、少し(ここ重要)お喋りしたい人との二手に分かれて席を案内してくれます。今回は、リア玉友さんと一緒だったので、お喋りしたい方に行きました。もうすでに多くのツイ玉友さんやらネットの玉木ファンが多く訪れている場所なので、このカウンタに玉木くんが座ってたんだなーというのはわかっていましたが、まあ今回は控えてソファ席へ。いやもうちょっと暑さと歩き疲れでヘロヘロしていたので、ほぼ小さなランプの明かり状態の店内でソファに埋もれつつジャズ洪水の中浸るのはあまりにも心地良くて……。
私はシフォンケーキのセットを注文しました。いや~美味しかったっすね(^_^)。

ジャズの方は、最初のはわからなかったけど、2枚目はマイルス・デイビスのアルバムでした。前述どおり、正直、ロックよりラテン語圏音楽やジャズ大好きなものですから、知らず知らずのうちに足が拍を刻んでおります(笑)ノリノリです(^^;)。次回来たら、間違いなくあの大きなスピーカーの前に行ってるでしょう。そしてスピーカーがどこのメーカーのものかもれなくチェックすることでしょう(爆)。

撮影の話に戻すと(^^;)この店内、実はもうすでに予告等で多く登場しています。
あんなシーン撮影時に、この素敵レコード群はいったいどうしたんだろうと心配に(^^;)←ちゃんと片付けてるってば

そして、店で実にまったりと良い時間を過ごした後、レジで支払いを済ませながらスタッフの女性に、入口にある砂の器ポスターを撮影しても良いか尋ねてみたところ、快く了承いただき、それどころか撮影時のエピソードを聞かせてもらいました。カウンタに座ってたということはもちろんのこと、彼女も撮影時には最初から最後まで立ち会い、エキストラとして参加していただいても、と声掛けがあったことも伺うことができました。他のスタッフは(若いので)昭和の時代の撮影は×だったけれど、私は(参加してもらっても)いいって言われたんですよ、フクザツですよね、と楽しいネタ話も(笑)。
ドラマネタに限らず、ぜひまた来たいお店でした(^_^)。

で、このお店を出た後、ちょこっと周囲のお店を見回り、少し早めの夕食を食べに、撮影当日玉木くんたちがランチを食べたという中華料理店へ。件のジャズ喫茶の向かい側にありますが、まあここもレトロ。そして……冷房きつすぎ(^^;)寒くて寒くて早々に出ちゃいました。料理自体は美味しかっただけに、ちょい残念。

神戸みやげは、私が毎月通販してる山食のお店、イスズベーカリーのトレロン。
(さすがにこれは現地調達でないと購入できない(笑))
この中にソーセージが入ってます。大好物(^_^)。
当日の読売新聞にあった玉木くんの浴衣姿入り広告と共にパチリ。

d0063216_1354726.jpg


リア玉友さんと、がっつり玉木くん話しつつ……神戸に来るとショッピングも満喫、楽しい1日を過ごせました。ドラマが放映された後に改めてロケ地ツアーしたいなぁ。
そのためには、まず、無事ドラマが放映されること。どうかもう、前のようなことになりませんよう、心から祈っています。
[PR]
by gyohm | 2011-08-13 21:23 | ドラマ