∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

ウチのAV機器環境メモ その3

さて、とうとう居間のプラズマテレビの画面にトラブル発生ということで、それじゃあ買い換えないとなぁ仕方ないよなぁ(喜)← ということに。
そうなると、新しいBDレコ&スカパーチューナーには新しいプラズマテレビを添わせてあげたいと思う親心(違)。まあ単純に相性なのでしょうが、先行して設置されたBDレコ経由で、旧も旧、一般的に販売されてまもなくウチの父が購入したプラズマテレビに映し出された映像は、お世辞にも美しいと言えるものではありませんでした。ケーブルにHDMIを使ってないせいもあるけど(当時そんなのなかったし)。まあ自室の液晶テレビはまだ新しく当然HDMIも使えますから、もちっとマシなものになったでしょうけど、こうなるともう「モッタイナイ!」
だからやっぱり、新しいBDレコ&スカパーチューナーには新しいプラズマテレビを添わせてあげたい!
(だから自分が欲しいんだって素直に言いなさいってば(笑))

さて。
居間のプラズマテレビ(37型)を置いている横には、以前オーディオセットをいれていたキャビネットがあります。兄がそれなりのオーディオ凝り性(マニアとまでは言わない)で、以前はここにチューナーやアンプ類が収められていましたが、今ではもう単なる物入れ。否応なしにこれは他の部屋へ押しやることに。

そうして作った場所が、横幅155cmほど。
高さや奥行きについてはもうさほど問題ではないので割愛するとして、この横幅155……まあ端でひっかけたりしないよう余裕をもつことにして150cmほどの幅に収めないといけない。
あ、今更ですが、購入するのはやはりパナソニックのビエラです。ウチ出入りの電器店がパナ系だということももちろんだけど、ビエラリンクとかプラズマを最初から選択している時点でこれは揺るがない。

話を戻して横幅150cm。もう今までの37型は論外。ソファからこのテレビまで遠すぎ小さすぎで私はいつもイライラしていたので(いや私の目もかなり悪いんですけどね(^^;))せっかくだから大きいのが欲しい……一般売り最大の65型(158cm)はムリムリやればつっこめないこともないけど、ここまではさすがにスペース以前に予算オーバーな悪寒(テレビ買う時点で予算なんて完全にオーバーしとりますがね(ふっ))。
じゃあまあ55型か50型ってことかな。

と、ここでひとつ問題が……それは音響をどうするかということ。
実は兄ほどじゃないが私もそれなりにオーディオ好き。ジャズ喫茶のデカいスピーカーを見るとそれはもうワクワクするし、ましてや真空管アンプなんて見たらとっても幸せになれるタイプです(どんなんや)。だから本当は、前々からホームシアターシステムには興味がありました。大好きな映画『イノセンス』がBDやDVD売りするとき、サウンドで発売当時としてはものすごいスペックで出されたものの、それを満喫できない環境(7.1chとか出てた気がする)だったことも相まって、こと音響についてはものすごく不満を持ってる、持ってるけどこれこそ上みたらマジでキリがありません……内容もお金も(^^;)はぅん……。
今までの居間のプラズマテレビは、専用台にセットされていました。まあ薄型テレビの宿命ともいうべき画面を大きくすればするほど追いやられるサウンドまわり。音がイマイチどころかイマ10ぐらい(-.-#)

というわけで、専用台にスピーカーを、5.1ch環境にできるならそのように置いて…とか考えつついろいろ調べてみると、わかったことがいくつか。
・以前のような、比較的カッコイイ専用台はもうない
 (めっちゃフツーのテレビ台って感じのがちょろちょろ)
・台を兼用にしたスピーカーシステムの普及
 (以前はかなり高額だったけど、今はまあそれなりに)
・5.1chのホームシアターシステムについてはもうピンからキリまで(爆)

父が買った頃のプラズマテレビ&専用台の組み合わせって、結構お高い品揃えだったと思います。カッコはスマートで良かったけどね。
台を兼用にしたスピーカーシステムの普及、なんて書いていますが、まあ要するに、前述どおり弱いサウンド面をオプションで補わせようって感じっすかね(^^;)←元も子もない言い方
大きくは、ガラス扉付きのもの(ラックシアター)と、むき出しの棚タイプ(サウンドボード)との2種類に分かれています。ガラス扉付きはやはりそれなりのお値段。でもさほどサウンド自体のスペックは変わらないような……。うーんどうするかなぁ。

で、ふっと魔がさして、たぶんエラい目に遭うことのわかってる(笑)5.1ch等のチェックへ。
でで、案の定エラい目に遭ってすごすご帰ってきました(爆)。
ダメなんです。上を見過ぎちゃう。前述どおりのオーディオ好きが災いして上を望みすぎて身動き取れないことに。まあいいスピーカーだからって、日々使うにはテレビにリンクが対応してなかったりしていろいろ面倒くさそうだし(面倒くさいのはイヤ←)。
そんな中、あえて妥協できるかな…とかなり買う気になっていたシステムもありました(パナのAVアンプ&スピーカー ZT2)が、スピーカーの台座が直径29cmだったことで挫折。台座29cm×2個ってだけで横幅60cm取られてしまう。150cm幅でそれはイカンでしょ。第一、一日の大半を居間で過ごす母が、そのうちぶつけて倒してしまいそうな気もする(><;)
ちなみにパナではシアターバーという、手軽に設置できる3Dサラウンド対応モデルのシステムがあります。自分の好きなところに置ける細長いスピーカーシステムで、これも視野に置いて考えてみたんですが(とくに縦にも横にもつないでも置けるセパレートタイプのもの)、テレビを載せる台(このバーを置けるスペースのある台を選ばなければならない。横に置くなら置くなりのスペースが必要)のことも考え合わせていたら面倒になって(おい)、結局シアターラックかサウンドボードかの選択に。

そんなこんなで、あとは、BDレコ&スカパーチューナー取り付けに来た際、電器店と値段含めの相談ということになりました。
こちらのテレビの選択肢としては以下。
・TH-P50VT3
・TH-P55GT3

VTシリーズは最高画質。デザインもなかなか素敵。ただし65型の下は50型しかない。GTシリーズは画質としては落ちるけれど、55型は新発売されたばかりで「アナログ」チューナー無し。ふふんスッキリしてていいわね(笑)。
ちなみに録画HDD内蔵のタイプは、以前テレビデオを持っていて故障した際面倒だった経験がモノを申して今回はスルー。


まだ続けます(笑)。
[PR]
by gyohm | 2011-11-03 14:33 | よもやま