∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

裸にしたい男・玉木宏

最初は、まあなんて直截的なタイトルだこと!と思いつつ(笑)。

BSプレミアムにて放映されるこの45分前後編の2週にわたるドキュメンタリー番組を、玉木ファンとしてジリジリと待ち続けました。NHKなんてCM挟まらないし、45分(正確には44分)×2=90分! 90分玉木宏onlyですよ! 贅沢過ぎてめまいする!(爆)

時折、ネットの、良くも悪くも撮影の様子が窺える情報を目にしたり耳にしたり。登山らしい。登山? どうやら西穂高……西穂高?この真冬の、しかも下界でも天候の荒れ狂った日に冬山真っ盛りの西穂高?
それこそ映画『ミッドナイトイーグル』で、玉木くん演じる落合記者がある刹那に言ったじゃないの、「山は夏がいい」とか「雪がとけたらまた来ましょう」とか。
初主演となったドラマ『氷壁』にしてもまさに登山ネタ。いつしか雪山俳優とか言われちゃって(苦笑)、そんなところへも相変わらず裸足にサンダルの人でしょうけど……でも大丈夫なの???

……てな、心境すったもんだ(!)も無事下山との目情やスタッフさんのブログ等でわかり、ほっとひと安心、あとは待望の放映のみ。
そしてようやく先週4月14日に前編を観ることができ……今日は後編前日。なにはともあれ毎日毎日飽きもせず録画したものを観続けている。居間と私室のレコーダーに、各々再放送分も入れているから計4つ。アホですがな(笑)。

前編のあらましはこう。
「裸にしたい男」第1弾は、俳優・玉木宏の前編。大河ドラマ「平清盛」で、主人公のライバル源義朝を演ずる玉木宏。映画やドラマに加え、歌手としても幅広く活躍する玉木が、仕事の隙間を縫い、極寒の北アルプスに挑んだ。プロ級の腕前のカメラで、厳冬の冬山の、満月の夜にだけ見ることができる「月光柱(ムーンピラー)」を狙うのだ。挑戦が始まったものの、標高2千9百mの西穂高岳の自然は厳しく、思わぬ事態が次々に起こる。

月光柱というものを当然知らなくて、それが思い切りレア現象であることも、私はこの番組で知りました。太陽柱(サンピラー)の方は比較的見られるようで、同行のスタッフさんも撮影した映像を持っていました。でも月の方は、あまりにも条件が厳しく、そうそう拝めるものではないらしい……。

しかも途中で"思わぬ事態”のひとつ、三脚の脚が折れてしまうという状況に。
マイナス20℃とか言ってますよ、そんなところで玉木くん愛用のカメラ(PENTAX 645D)は起動していたけれど、三脚は呆気なかった……ぽっきり折れてましたね、ぽっきりと(^^;)。
でも玉木くんは騒ぐことなく(ふだんから感情を露わにしたくないとのたもうているとおり)、たんたんと三脚ならぬ"一脚"で撮影を試み、やがてそれもカメラの位置がローアングルに固定されてしまうと判断、あの観るからに重そうなカメラを手に持っての撮影を始めます。
風速も相当激しいところで、スタッフさんが声をかけるほどの状況でも構わず、黙々と撮影を続ける様子は、まさにのだめ映画時に樹里ちゃんに言わしめた「ストイッくん」(笑)。

後編予告では、どうもあの天候では月光柱どころか撮影自体危ぶまれそうな状況だと思われますが(ちょっと玉木くん、目を潤ませてるような気がしましたよ。まあ彼はいつも瞳うるうるな感じですが)、その悪天候のおかげ(!)もあってか、かなりみっちりとインタビューに応えているようです。そちらも楽しみにしつつ、明日4月21日23:15~(BSプレミアム)での後編放映を待ちたいと思います。

備忘録に、前編放映後の感想ツイを。

【裸にしたい男 玉木宏/前編】実にシンプルに玉木宏という、人となりを見せてくれる良質のドキュメンタリーでした。美しくも厳しい西穂高ともども楽しませてもらいました。>つづく

【裸にしたい男 玉木宏/前編】黙々と、厳しい気候下にある西穂高を登り、めざす被写体がめざす写真として切り出すことができるまで待ち、淡々と、持参の粉からコーヒーを煎れている様子は、まだ"裸”まではいかなくても"素”を垣間見ることのできる貴重な映像でした。>つづく

【裸にしたい男 玉木宏/前編】番組自体は、やたら煽った内容のナレーションではなく、音楽も出しゃばり過ぎず、映像だけはしっかり美しい光景を映し出していて、さすがBSプレミアムで放映されただけのことはあります。再放送されるのも嬉しいですね。後編も期待しています。

で、玉木ツボ(笑)は、ご多分に漏れず白髪発見(!)と髪ピン。コーヒーの粉をジップロックの袋に入れ、閉じる際はきちんと空気を抜く。ゆっくりと湯を、しかも左利きらしい独特なやり方で注いでいる様子。ちなみに私のベストショットはアイゼン装着時。彫りの深さと睫毛の長さが際立ちます。

で、いいから早く後編見せてよ!(笑)


感想ツイ、以上。


ちなみに、今回のこの玉木くんのドキュメンタリーを企画された方のブログがあります。
もちろん番組のロケ~収録・編集~その後あたりの様子も興味深いのですが、他記事もいろいろと含蓄ある内容で、更新を楽しみにしつつ拝読しています。
→定年再出発

番組公式サイトはこちら。
→輝く女/裸にしたい男
[PR]
by gyohm | 2012-04-20 21:29 | よもやま