∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

あれから1週間

まさに「♪夢のようさ〜♪」というタケの声が聞こえてきそうですが(by「ひさしぶりマイ・フレンド」)、何だか本当にあっという間の1週間でした……って、もしかしたらこの出だし、以前にも書いたかもしれない(爆)。

ちなみに一昨日からの仕事場へ行くのに何故か朝はいつも「いつまでもアイ・ラヴ・ユー」と「Havoc in Heaven」を唸っています。何故だ(笑)。タケ作詞の日本語歌は苦手なハズなんですが(ああ、言っちゃった!(^^;))何だか今ごろ、いい歌だなーと思いつつ鼻歌ってます。でも「Havoc」はおおよそ鼻歌向きじゃない(笑)。

5月4日の東大寺コンサート。まさに1999年のときを彷彿とさせるような、ゴダイゴメンバーもさりながら、むしろファンである友人たちと会えてなにより、でした。なまじ電車の時間が間に合ってしまったので、あまりゆっくりオシャベリできなかったのが、かえすがえすも残念で、やっぱりホテル予約をしておけば良かったなーと思いましたっけ。
(GWの奈良をなめちゃいけないが、大阪ナンバあたりすらもネット上では満杯でしたしねぇ)。

1999年のときとは異なり、今度はそうそう仕事帰りに行けるとは限らず、ましてや東京ではありませんので、行ける機会こそ限られそうですが、まあしかし、行ける限りは行くぜ、オレはやるぜーっ!てな熱心なことを言いつつ……。

実のところ、東大寺コンサートの感想を書く手が鈍っておりました。




いや、全体を見渡せば……ああ、全体を見渡すとダメだ(^^;)。
東大寺という場所でのムードは良かったと思います。私の座った場所も相当恵まれていて、中央ブロックの前から5列目だったことも功を奏したでしょう。あの高い高いステージを見上げることもなく、それほど音が拡散することもなく、スピーカーーの前でひぃひぃ言うこともなく、ちょろちょろ動くクレーンのカメラ(…いや、動いていたのはタケで、それを追っかけていたというのが真実かと…(爆))にジャマされずに済み、大仏様の御尊顔も拝見することができました。
座席2500が埋まり、追加でおよそ3000人という人たちと共に、大好きなゴダイゴのナマの音を満喫する、しかも、東大寺の大仏サマの前で。
これほど素晴らしく楽しい機会はもうそうそうないんじゃないかと思います。
(あ、でも今度やるなら、私は姫路城がいいなぁ(おい)。出雲大社はちょっと遠いので>Aさま(ここまで読んでいらっしゃるとは思わないけど(笑))

ぶっちゃけ、期待しすぎました(^^;)。
1999年よりはむしろ2000年のツアーのときのゴダイゴの演奏と歌の素晴らしさを忘れられない私にとって、今回のコンサートはあまりにも短く呆気ないものであり、メンバーの音も、もちろん、そんじゅそこらのモンじゃないのは確かですが、バラバラとしていたと思います。音楽についちゃ素人なので、と前置きするのはカンタンなのですが、仕方ない、そう感じちゃったんだから、こればかりはどうしようもない。

東京中日スポーツの記事によると、当日スティーヴは滑り込みセーフだったらしいし(だから事前の記者会見写真にも出ていないんだ…合点)、なかなか五人が一堂に会して音合わせするのは難しいと思う。それをあそこまでやっちゃうんだから、そういう意味ではやっぱりスゲえや!とは思います(これこそ、ファンだからこそ知りうる内情、というべきでしょうけれど)。
スティーヴといえば、ベースの音を感じることができなかった。もっと聞きたかったなぁ。最近、ベースの音というものに大いに触れる機会があったせいか、以前より熱心に聞き耳を立てている方だと思うんですが。
(私がゴダイゴのコンサートに行けるようになった頃にはもう、スティーヴは脱退していたからよけい、スティーヴのベースの音(それも生の音)というものに飢えてる)

演奏曲目についてはそれほど不満はありません。ていうか、ある意味かなり濃かったと思いますが、『西遊記』が見直され、東大寺という場所でやる限り、アルバム『西遊記』からの選曲が多いことは、ゴダイゴの濃いファンでなくてもある程度なじみのある曲が流れたと思って良いかと思います。「ビューティフルネーム」をやらなかったのも英断(そこまで言うか(笑))かと(ユネスコ、ユニセフの問題はあるか?(笑))。
有名どころを日本語で歌わなかったというのは(注:ホリブラは日本語)、日本語盤を買わない私にとってはむしろ歓迎すべきところですが、まあ確かに、一般受けはしづらいかもしれない。『デッドエンド』からの「時の落し子」は、ワタシ的にはすごく好きな曲だし、宇宙をテーマというなら実によく合った曲だと思う。「999」は上手く乗っけたと思うけど(笑)。
ハイ、こんな調子です。

でも「ガンダーラ」をアンコールにまわすのは良くなかったと思う。実はあれでちょっと醒めちゃったのですよ。いやぁ、出し惜しみしちゃいけませんぜ(笑)。ちゃんとコンサート前に東大寺別当たる森本さんが振ってくれているし。アンコール前のラスト(笑。変な言い方(^^;))に据えて欲しかったな。

「セレブレイション」をやって欲しかったとは、帰りにゴダ友さんのひとりが呟いた言葉でしたが、確かにそうだと思う。何と言っても、まんまお祝い事ですし、何と言っても爆裂に盛り上がる。
ああ!もしかしたら!タケと浅野さん、走り回るのが大変だったとか!(爆)

とはいえ。
物足りない、呆気ない、と連発したからと言って、以前からここで呟き続けた「『威風堂々』をやってくれなかった」という残念な気持ちは、コンサート直後にはありましたが(あったんかぃ(笑))、改めて今思うに、やらなくて良かった、と思っています。
あれはもう、今となっては、秋にあるというツアーでぜひ! ぜひ、よく音合わせしてもらってから(おい)。浅野さんもトミーも、音やリズムがこぼれている気がしましたから(はい、素人ですけどね(^^;))、まだまだ〜まだまだ〜、ゴダイゴの実力はこんなモンじゃない。もっともっと上段からビシッと決めてやってください。

さてもうひとつ。
もうひとりのタケこと竹越さんの存在は、実のところコンサート最中と直後は、黙殺していた、というのが正しい表現の仕方かと思います。でも今は気にしている。私は、彼とタケとは似ていないと思いますよ(むしろソロで歌うところでは某ヒロさん(隠してない!(笑))に声を変えて聴いていた始末!とくに「時の落し子」なんてね)。ゴダイゴホーンズのようにサポートやコーラスとして参加していただくのは良いけれど、ソロでまでは歌ってほしくないなぁ。
もちろん、竹越さんのことについて私は5月4日がお初状態だったので、まだ何がどうだとコメントできるほど聴き込んでいるわけではありませんから、今はもっぱら、「どうかこの程度のサポートで」と願うばかりです。

ところで、タケの声といえば、何だかいまだにキーが下がったとかいうことを気にされる方が多いようで、それはそれでそのヒトの主義でしょうから致し方ないとして(それはちょうど私が竹越さんにゴダイゴの歌をソロで歌ってほしくないように)、私は、そのキーについては全く気にならない。
それより大事なことは、どれほど、例えば何か他の用事をしていようがどうしていようが、すっと流れたとたん、それがタケの声だとすぐわかる、実に個性的なあの声。それこそが私の思う、タケの声。
いやーでもそりゃ音がハズレりゃガクッとするし(^^;)、歌詞を忘れちゃったら、こら〜って思ったり(笑)しますけど。
でも、30年経っても変わらない、このタケ以外の何者でもないこの声こそが最大の魅力だと思うわけです。だからゴダイゴの歌を、ゴダイゴの四人が演奏する中でタケ以外が歌うこと自体、大いに違和感を感じるわけです。

クサしてばかりなのもナニなのですが、誉め出すとそりゃもう、バカップルにおけるカレカノ状態必至!で、それこそ、ファン以外が読んだら鼻白むモノですから(^^;)ほどほどにするとして……。

▼レイディ・ライディは嬉しかった。
これはアタリをつけていたので、どんぴしゃ!で嬉しゅうございました。
ノリノリで楽しめたし〜(^^)。

▼サランヘヨ好き好き
ミッキーさんのメロディと、タケの声が実によく合っている。タケの元気系ももちろん好きですが、こういうしっとりしたものが、むしろ、50代の今、いい感じで聴けるんじゃないかと思います。
韓流モノを見ずというか食わず嫌いだった私ですが、先日来のクムジャさんブーム(笑)で受け入れOKです。

▼Try to wake up...やデッドエンド
タケの、歌詞に沿った手のアクションともども嬉しく聴いておりました。
奈良橋さんの歌詞はやっぱり良いなぁ。
(やはりもう作詞で参加してもらえないかなぁ…(小声))

▼なじみ始めたMM2006
「アチョー!」のない、モンキーマジック。初めて聴いたときはちょっと物足りなさを感じましたが、ミッキーさんによる前奏や間奏はいい感じ。それこそ、これが50代のゴダイゴならではのものでしょう。
ただこれは、ちょっと、室内の籠もった感じの場所で聴いてみたい。

▼ガンダーラはうっとり
ファンであるが故に、聴き過ぎで食傷気味(罰当たり)だったこの曲が、これほどしみじみと聴けたのは、やはり夜の東大寺というシチュエーション故に、でしょうか?
でも本当によく合っていた。

***

まだまだあるけれど、まあ結局、嬉しかったワケですよ。
5月17日の新盤発売、楽しみにしていますよ。
そしてツアーで今度こそ、例のアレ(笑)が聴けますように。

……で。
ねぇ、早く、公式サイト、何とかしてほしいんですけどー(^^;)。
東大寺コンサートのことも告知してないよーなユニバーサルのサイト、何とかしてほしいんですけどーーー。
新盤を出すにあたり、テレビ出演はないのかなぁ。それこそスマスマに出ないかなぁ。

……とまあ、こんな調子で、性懲りもなく、どどっと期待しちゃってます。
やってくれるからにゃ、しっかり応援しますよー(きらりん☆)
[PR]
by gyohm | 2006-05-11 01:05 | 音楽