∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

ゴダイゴ大阪ライヴレポ

残業必至!をブッチしてゴダイゴライブに走った2日間でした(^_^;
さすがに体調不安が(この夏からの不調がいまだ継続中)。でもこの連休もめでたく休日出勤決定の今日この頃、とりあえず猛ダッシュで覚えてることをメモメモ(^_^;。




▼GODIEGO 30th Anniiversary Premium Concert(なんばHatch)

10年東京在住の間に、こういうライブスペースができてたワケですね>なんばHatch
なんば駅を降りて、きっちり逆方向に向かって5分ほど歩き……そして私の5分というのは、たぶんすごい距離なんですよ(^_^;←大股で早足だから
でも最近は自分でも「必ず間違う」と思ってますから(おい)無事到着。

30日(月)は最初から参加。だって最前列だもん(^^)v。
イントロダクション〜M.O.R.から始まるという、実に楽しい展開。いきなり最初から総立ちですよ。
「君は恋のチェリー」はとにかく大好きだし、「ミラクル」も嬉しかった……そして「Take It Easy」をライヴで聴ける日がまたやってくるとは(^^)。
まさにはじけた「イミテイション」でのスティーブの爆裂低音ボイスに喜び、「Yellow Center Line」でのタケとミッキーさんの両人がキーボード基地(爆)に立て籠もって(違)歌う姿にうるりとしました……ああ、タケの声の調子がもっと良かったら!後で復活してましたけどね〜。
ちなみに2日目の31日(火)はぐん、と良くなってたのでホッとしました(^_^)。

新曲群。アニメ第1回放送以来聴かなかった「One For Everyone」ですが。ゴダイゴというのは演奏もできるし、コーラスも素敵なんです。この曲と、MAXIシングル同梱の「すばらしい愛」の両方とも、メンバー全員参加の歌声が楽しめました。

そして浅野さん作の「君の為に」では、浅野さんのギターももちろんですが、トミーの電子な打楽器(何かもっと言い様がないのか>ワタシ)が不思議で素敵で、2日目も大注目。叩いたりこすったりして音を出すのはアナログ楽器と一緒ですが、面の上で腕をくりくり回したり(直接触れていません)、手をさぁっと撫でるようにするだけで、そのニュアンスに合った音が出る。あれ面白い。触ってみたい……それにしてもトミーは本当にパワフルでいいなぁ(^^)。

アンコールでは、1日目の方はまるでイントロクイズのようなノリ。「Now Your Days」とか「シンフォニカ」「アンクル・ジョン」なんてタイトルが出るたび、誰かがちらっと鳴らしたり、歌ったりするけど先に進まない(^_^;楽屋じゃないんだから〜(^ 。^;←面白いらしい

この楽屋ノリなトーク、2日目では前出「Take It Easy」で各々ソロプレイの部分があるんですが、タケがスティーヴと紹介するはずがトミーと間違えた……か、えっと「ベースのトミー」って言っちゃったんだったか……私には直接聞こえなかったんだけど、どうやらそういうミスがあったらしく、それをネタにして、トミーとスティーヴが楽器を交換しようかと相談しあっていたのを、タケが止めるシーンも(笑)。

さてアンコール。1日目はご挨拶も終えて楽屋に帰ろうとするメンバーを、客が阻止(笑)、搾り取れたのは「ガンダーラ」でした。今回は東大寺ライヴと異なり、シルクロード・西遊記関連はあまり触れていません(Monkey Magic2006はやりましたが)。2日目はさすがに段取りを考えられたか(笑)出てきたのは……なんと「Dead End」。今回は明るい曲満載じゃないの?よりによってもっとも重たい曲が(爆)でもやっぱり大好きな曲だから私もだけど、客席もどっと盛り上がりましたねー。

明日は名古屋。さすがに参加できませんが(^_^;今日ご一緒した、アメリカから遠路はるばるやってきたIさんは、10月26日の東京初日から11月6日の同じく最終日の東京まで全部網羅。うらやましいっす。しっかり楽しんできてください。
[PR]
by gyohm | 2006-11-01 01:08 | 音楽