∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

改めて、のだめドラマ版 Lesson6 後編

はてさて、鑑賞7回目(大笑)。
マジでテープ保ちません、、、(^_^;




▼Sオケ宴会
・峰のTシャツ
このワタクシが「光」という文字に反応しないだなんて(爆)。某Sさんに言われたときの私の答えはこちら。
「玉木千秋にばかり目がいって、わかんなかった」(おい)

・貼り紙(^_^;
麦焼酎「謀」、黒糖焼酎「腹中の思惑」、麦焼酎「甘美な閃き」の順番にダーティ・ペアの悪巧みが進みます(笑)。

・中島みゆきを歌う千秋
「この歌、知ってる」が可愛いっす(笑)聴きたかったよ、、、

・酔っぱらい彩子&のだめ
平手打ち彩子とトイレの床で倒れるのだめの格好最高(^_^;その後、オカルト映画丸出しに立ち上がるのだめ、素敵です。
あの「手が大きい」「あの男(千秋)こういうのに弱いのよね(私もだけど)」だったかな。これが飛ばされてますけど、原作と違って「私は認めたわけじゃないですからね」とか言ってる。ここらへんがドラマオリジナルですね。「こういうのに弱いのね」は、ヴィエラ先生のような無邪気さ、とかけてるんでしょうかね。でも、ここは千秋を巡る女二人のやりとり(片方はまるで意識せず、ですが(笑))がカラリとしていて好きです。私のような、三角関係ドロドロ〜が超苦手な者にとってはとくに(^_^;。
(だから『のだめ』という作品が好きなんだろうなとも思いますが)

・ゲーセンで「太鼓の達人」に挑戦する千秋〜真澄ちゃん、、、
ダーティ・ペアに乗せられ、大股、膝割りされる玉木千秋(^_^;だがしかし、打楽器といえば真澄ちゃん(笑)。卒試じゃなくて、ここで「愛のサウンド・オブ・パーカッション」をやるとは思いませんでしたが、まあドラマの進行上仕方なかったんでしょうね。シチュはともかく、見守る玉木千秋のまなざしは柔らかくて良かった。
いやしかし、千秋も走って追いかけてくるとは。意外な感じ…でもイイ(^^)。

・マジ顔峰
Aオケに入ることを決意する峰の表情、良かったですよ〜。
しかし、ここまで桜ちゃんが出張るとは思いませんでしたが、月9にしては女っ気が少ないから補填もあるのかもなぁと思ってます(笑)。
カーくんとのらぶらぶシーンの方がみたかったですけどね。

・ダンスシーンはないのねん。
やっぱ、卒試じゃないからねー。残念。

・出た!シンクロ泣き!!
萌&薫、、、千秋を見返して復活してほしいですねー。

▼菊池、黒木、そして沙悟浄(おい)登場
『純情きらり』は観てないのですが、達彦さんご登場です。でもぴったりだと思う>くろきん

▼ハリセンvsのだめ
来たー>ハリセン
ここ、ごろ太人形と共に小首をかしげるのだめの表情がすごく気に入ってます。
もうホント、上野さんってのだめになりきってると思う。

***CMでビューティフル・ネームが流れて嬉しい私(笑)(シエンタのCMね)***

▼次回予告が濃い〜
・マジ切れのだめ
大川弁炸裂。のだめが本気になったときのみ出てくるのが面白いですね。
・ケッコーン
ようやっと峰と清良たん……この二人、いかにも火の宮カップルって感じで笑えます。
しかし、当然「リコーン」もやるよね、、、(笑)。
・そしてR☆Sオーケストラ
峰パパ、本領発揮!ですね。私のイメージは伊武さんでなく、もっとのっぺりした感じの人(浮かばないけど)でしたが、そりゃあ伊武さんがやるなら文句ないっすよ。久しぶりにスネークマン・ショー聴きたくなってきた(^_^;

***

前半終了、ですね。
後半で怒濤にあの大川ハグまで突き進むんでしょうけど、ニナ・ルッツ音楽祭〜三善家あたりはぶっ飛ばしでしょうから、結構オリジナルな展開も出てくるでしょうね。
あ、でもテレビ番組誌を観ると、千秋ママこと征子さんが登場するようですけど(誰が演じるのかなぁ)これはやはり、千秋の飛行機恐怖症の真のトラウマが明らかになるには彼女の存在は不可欠ですから、まあ当然といえば当然でせうね。
まあ、ナニはともあれ。
もうここまで至れば、しっかりドラマ版を楽しませてもらおうと思います(^^)v。
[PR]
by gyohm | 2006-11-25 14:26 | ドラマ