∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

のだめドラマ版 Lesson9

もう、あれよあれよという間に「9」ですよ。「11」まであと2回しかないなんて寂しいですねぇ。
てなわけで本放送と録画の2回観たところで感想。BGMはドビュッシーの「美しい島」です(^^)。
上野のだめちゃん、弾いてましたよね、音が合ってるかどうかは、ピアノやってない私にはわかりませんが、弾いてる指のところまできちんと映ってました。すごいなー。

そうそう、明日、ようやっとカンテーレこと関西テレビでも『のだめ』絡みで放送がありますね。『痛快!エブリデイ』で、クラシック特集をやるようです。この番組はもっぱらゴダイゴ関連でお見かけしますが(録画したことなし(^_^;))公式サイトにも予告があったのできっぱり録画予約できます(^^)。



このLesson 9から、原作「咀嚼」編って気がします。良い意味でも悪い……んー私自身はそれほど悪くは思っていませんけど、まあ、原作ファン的には悪い、かもしれない。親切過ぎる展開です。そしてらぶらぶ系へシフトしてきましたね。もともと、ドラマはまたまた良い意味でも悪い意味でも二次創作と覚悟していましたから、私は、もうひとつの『のだめカンタービレ』が拝めると思って、これはこれで楽しく観ていきたいと思っています。とってもヘンテコなたとえで言えば、『エヴァ』で、綾波レイがパンを口にくわえたままダッシュしてシンジと道でぶつかったみたいな感じぃ?(笑)これまた「もうひとつの物語」、ってヤツですね(^_^;

私が『のだめ』という作品を好きなのは、もちろん千秋とのだめの恋愛ネタも大いに楽しみなのですが、各々二人が、音楽という場所で真摯に上をめざしていく様子を見ることこそ楽しみでもあります。とくにどうもオトコ主人公が好きみたい。天才より努力型の秀才が好きなのは今に始まったことではありませんが、千秋というのはまさに私の好きパターンなんですよねぇ……オレ様だし(笑)。だからフランスに行ってからの指揮コンクールの様子は、ほんと、読んでて楽しくてワクワクしました。

てなわけで、原作のドライで「行間読め」な展開が好きなわけですが、まあ、単行本で何度も見返すものと異なり、ドラマは一発勝負で、時間も短い。しかもずいぶん舞台の時間を端折ってるから、やっぱり、説明は必要でしょうて。

・コンクール目的は渡欧するであろう千秋を追いかけたいときっぱり、あるいはうっかりハリセンに漏らすのだめ
(べーべちゃん発言はまだ出ないか>オクレール先生)
・くろきんから「つきあってるんでしょ」発言。ダメ押しですか?
(丁寧に言い訳する千秋、あれはあれでツボでしたが(笑))
・のだめコンクール出場で、千秋日本脱出可能に感づき、それをすぐ千秋に言うミルヒー。わかりやすい説明をありがとー(^_^;
(ていうか、何故また出てきた!>ミルヒー(いや、また見られて嬉しいけど)とはいえ、指揮者コンクールのことをミルヒーが言ったから、ぽえまー佐久間さんからの進路アドバイスというのはなくなっちゃうのかなぁ。思えばあれが、千秋に大川行きを決心させる理由のひとつでもあるんだけど)
・それをわかって、千秋に言ってやるハリセン、親切〜
(しかしあの階段でのハリセン、しゅてきしゅてき〜(*^^*)←喜んでるんかぃ)
・それを聞いて、予選に駆けつけちゃう千秋、甘々〜
(そんなヒマなく、R☆Sオケの準備をしてこそ、千秋でしょーが!←これはちと不満。でも一方で、心配げな千秋も新鮮)

……文句、言ってるフリしてババンバン♪
楽しんでマスよ(笑)。
何と言っても今回は、ハリセン役の豊原功補さんの株がゴーーーッと上がりました。のだめのピアノを聴く立ち姿が素敵。かおりさんとお似合い〜。でもやっぱり件の階段での、千秋の胸ボンッ!が漢前でした。のだめ懐柔の折、世話になったお返しもあるかな(^^)。
だからコンクールに千秋が来たときに見合う様子も良かった。

肝心の主役(^_^;のだめですけど、シュベルト(笑)を、千秋からのケータイメールで弾きこなしてコンクールに臨むまでの流れは良かったですねー。千秋の幻が先生になってピアノの手ほどきをしていく……原作の「通電」(!)も楽しいけど、これはこれでイイかも。実際、原作でも「ハイ!」って返事しながら練習してますもんね。
ドレス、後のピンクもいいけど、シュベルトの水色のドレス、可愛かったですよ。背中、華奢〜。
上野のだめの真骨頂というか……カニを食べ始める表情も良かったですね。千秋が飛行機に乗れたことを知った瞬間の、何ともいえない表情が見事。原作でものだめの表情がガラリと変わりますが(カニの足をがっついていても)、あれでスイッチオン!ですもんね。

それにしてもドラマ版の千秋はあまぁい(けなしてないです、誉めてマス)。
のだめからケータイメールが来たときの嬉しそうな顔ったら! そりゃ黒木くんでなくともツッコミ入れたくなります(^_^;。
そして何よりもの改変。
直で千秋に報告。何気に「好きです」ときたもんだ。
そのうえ、「ケ○の穴の小さかオトコですね!」がここで出ましたよ、、、ボン・ヌフの蹴り飛ばしはなかったけど(^_^;
やっぱりラストは、マジで、ベートーベン第7番後、楽屋でサイン求めるのだめのほっぺにマジックでくるくる描いて、そのまま「変態の森」行きじゃないかと(笑)。

もひとつ大きな改変といえば、千秋の飛行機の友は峰でしたねー(^_^;
(三善家エピがないから仕方ないか)
もちっと長く峰にしがみついていて欲しか(おいおい)。

峰といえば、瑛太さんって、うるうる目が本当に上手い(上手いって言うのもナニですが)。ミルヒーとの電話でのやりとりを聞いたときの愕然とした様子はイイ表情でしたね。次回は、清良たんはじめ、海外渡航組を送り出す侠気を見せてくれますね。楽しみ。

改変ならば、、、オクレール先生、、、今回、原作版でマンドラゴールとなってキュートなお○を見た後だけに、ジョージ・ルーカスみたいだと思いました(^_^;いやしかし、寝てましたよねーのだめ演奏以外(^_^;

***

今回の、公式サイトでのスペシャル画像に玉木千秋画像がなくて寂しゅうございました。
とはいえ、ケータイの方で千秋&のだめフォトギャラリー公開となり、まんまと術中にはまってあげて(あげて、ってねぇ(笑))、フジテレビをマイメニュー登録しちゃいましたよ(^_^;画像、もちっと大きくてもいいんじゃないの〜と思いつつも、眼福眼福〜(^^)。
[PR]
by gyohm | 2006-12-12 00:39 | ドラマ