∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

「別れの曲」あれこれ(修正あり)

21日はのだめアニメ版関連のCDが出ましたね。SUEMITSU&THE SUEMITH の マキシシングル『Allegro Cantabile』(二ノ宮さん絵のジャケ分)を買いました。
ちなみに、のだめオーケストラの『STORY!』も買いましたが、まだちゃんと聴いていません……ていうか、曲数多いし(^_^;まあこちらはぼちぼち聴くとして。

Allegro Cantabile
SUEMITSU & THE SUEMITH


Allegro...の前にSUEMITSUさん、のだめと出会ったようで(1曲目のタイトルまんまやな(笑))、サプライズに笑いました。で、そのAllegro..ですが、疾走感があって聴いててワクワクする。で、歌詞はもっぱらのだめモード?歌詞を見てから改めて聴くと、なんとなく感慨深いものがあって、結構気に入ってます。

さて。
標記のそれはラストにあります。タイトルは「La Chanson De L'adieu」。こちらもズバリ「別れの曲」です。で、原曲はショパンの「別れの曲」(正式名称としては「12の練習曲Op.10/第3番 ホ長調。原題は「Tristesse」)で、なるほど、前奏代わりにアナログ盤(しかもキズあり(笑))みたいな音源から流れるピアノの曲。そこから一転、まるでアナログ盤から針を外した「ブッ」音の後、一気にロック調に変わります。
(この「ブッ」音、もちっと小さくならなかったか……ヘッドホンで聴くとちょっち耳に痛いのが難点(^_^;))

で、このロック調になったとたん、またまたやってきました、「これ、聴いたことある!」
先日の、ベートヴェンの交響曲第7番第2楽章とリベラの曲の如く、うぉぉぉ、何て曲だっけー?と、耳は歌を聴きながら、頭は懸命に記憶をたどり始めます。でも今回は比較的早くたどり着きましたよ(^^)可愛いけどちょっとかすれてる女の子の声。言語はフレンチ。間に低い男の人の声……さあて脳内探索。前みたく、自分のiPod内の曲をネットでサーチかけて見つける(^_^;なんてことしなくても、アタリをつけて見つけることができました−−『Bon Bon French』より「レモン・インセスト」(シャルロット・ゲンスブール)。この渋い声はシャルロットのパパ、セルジュ・ゲンスブールっすね……おおお、クリティカルヒット!

……ていうか(^_^;。
この曲、思い切り聴き倒して(笑)いたにも関わらず、これを私は「別れの曲」が原曲だったと認識してなかったワケです。まあ、私の音楽のルーツは、タカラヅカ(ある意味地元だし母が好き)とラテンギター(アナログ盤の全集があった)と『みんなのうた』ですから、すでにアレンジされていたものを聴いていたんでしょうねぇ(^_^;それに「別れの曲」といえば、私にとっては、何と言っても「秘打!別れの曲」(元ネタ:『ドカベン』より殿馬くんエピソード)。

……まあそれはさておき(^_^;「レモン・インセスト」。
レモンはわかるけど(笑)、そういえばインセストってどういう意味だろ?と思って、こちらはネットで調べることにしました。コンピ盤だからタイトル表記もカタカナです。そのまんま、翻訳してもらいました…………………うげ。
おいおい……それって………この二人だとシャレならんのでは???
(ここでは結果は書きません(^_^;))

で、なおもネットを漂ってみると、シャレならんと思ったとおり、この歌が出た当時、大騒ぎになったそうで……さもありなん。ただし、母親のジェーン・バーキンはセルジュ擁護にまわったとのことですが、そういえば同じ『Bon Bon French』には、セルジュによる、どう聴いても、あるいはもう歌詞なんか読まなくても、充分「その最中」でしょーみたいな(^_^;)「Je t'aime... moi non plus」が入ってるので、実のところどうよ、と思わずツッコミ入れたくなりましたが(おい)、まーそんなこたぁ今さら騒いだところで当事者にしかわかんないことですし(^_^;。
(ただしこちらの手持ちはジェーン・バーキン版。ブリジット・バルドー版は聴いていません……聴いてみたいような、生々しいつぅか暑苦しい(笑)ような(^_^;))
★以下、内容修正のため追加★
ブリジット・バルドー版、持ってました(こら)。しかもこのものすごく甘ったるい(笑)あえぎ声入りをジェーン・バーキン版と間違ってました(こらこら)。バーキン版もそれなりにえろい(^_^;ですが、ネットリ度は断然バルドー版です。
『Bon Bon French』の1に入っているのがバーキン版、2がバルドー版です。

歌詞がわかんないおかげというか、知らぬが仏というか知らぬが勝ちっていうか……何はともあれ、「レモン・インセスト」という曲自体は大好きです。
ああしかし、まだ、ご本家のショパンの「別れの曲」のピアノによる演奏自体、聴いたことがな(どげしっ☆)。
いや、そのうち。

#某動画サイトに当時のプロモがありますね……これかー(^_^;
[PR]
by gyohm | 2007-02-22 01:27 | 音楽