∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

ゴダイゴ「2007 TOKYO 新創世紀」のチケットあり★追加

標記は、来たる3月16日(金)19時開演、東京芸術劇場主催イベントで行われる、ゴダイゴがメインのイベントで、前々からここでキャーキャーはしゃいでますが(笑)、この公演のチケットが1枚余ってます。とっても前方の列(S席/6000円)なのですが、いかんせん、はしっこです(^_^;。それでも良かったら、こちらのメールフォームから連絡のとれるメールアドレスを記載のうえ、ご連絡ください。

▼追加
2月24日の読売新聞夕刊に記事が出たようです。
(ウチも読売なんだが、大阪版には出てたのかなぁ(^_^;←見てない)

#この書き込みは2月末で削除しますので、日付を2月28日に設定しています。
 最新記事はこの下になります。↓↓↓



イベントの内容自体はこちらで紹介されているとおりですが、ワタシ的プッシュ点としてはなんといっても以下の3大レア曲を一気に聴けることです。

・組曲:新創世紀
ゴダイゴのデビューアルバムでもある6曲。今回のメインはこれ。

・平和組曲(ていうか、威風堂々)
エルガーの件の曲が元になっています。何か最近、別口で流行ってるようですけど、ゴダイゴだって相当早くから取り上げてますよー。著作権がらみで当時は発売できなかったのです。9分近くありますが、この歌を歌うとき、タケの表情がぐっと締まるのが印象的です。やっぱり、相当の気合いが必要なんでしょうね。
1999年の全国ツアーでは演奏されずガッカリでしたが、2000年のツアーの際登場し、感激のあまり泣きました……そしてそれはなにも私だけではなかったはず。間違いない(笑)。
ちなみに去年末のクリスマスディナーショーで聞いたとおり、この曲をゴダイゴというか、タケに紹介したのが、タケのお父さんであり、音大の教授であり音楽評論家でもある武川寛海さんでした(私もこの人の書く音楽ネタエッセイのファンでした)。
#ご存命だったら、今のような『のだめ』効果をどう思われたかなぁ。すごく興味ある(笑)。

・In you 勧進帳
まんま、勧進帳ネタですが、そこは奈良橋陽子ワールド。英語の歌詞で弁慶について歌っています。尺八、琴、三味線、鼓などなど多種の和楽器必須の曲のため、そうそう演奏されず、しかもレコード化すらされていない点では、「威風堂々」をも凌駕するレア中のレア。私もテレビで演奏された2回ほどしか聴いたこと、ありません……にも関わらず、しっかりと頭に刻まれたメロディラインはさすが。

「新創世紀」はきちんとアルバム化されているからまだしも、「威風堂々」はライブ版でしかなく、「In you...」にいたっては前述どおりレコード化されていません。この公演がDVD化、それがムリならせめてCD化ぐらいはぜひしてほしいと思います。

……と、その前に。
生で観て聴きませんか!と、勧誘します、ハイ。
これもまた、ひとつのゴダイゴの顔。ぜひぜひ。
[PR]
by gyohm | 2007-02-28 00:41 | 音楽