∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

5月10日までのよもやま

▼ぎょーむ/ご隠居アンジェリーカー…(^_^;
【DH】主宰の、のほほんとした画面ヅラの割にはとっても参加条件の厳しい(爆)「ご隠居アンジェリーカーうぇぶりんぐ」が来週よりリンク集に変わります。4月末にウェブリング・ジャパンがサービスを終了したこととは直接関係はないものの(だってウチのうぇぶりんぐは「なんちゃってウェブリング」だから)、私もどっちかというと、nextやbackよりlistで選んでサイト訪問する質ですので、これを機会に内容を変更しようかと。また掲載しだい改めて告知しますが、ちょこっと(笑)条件を緩めていますので、加入をお考えの方はぜひぜひ(^_^)。
ちなみに新しい名称は……「ご隠居アンジェリーカーうぇぶりんく」です。
(「りんぐ」→「りんく」になっただけ。ものすごラクチン(違))

恋愛睡眠のすすめ
映画『バベル』は、GAGAのサイトにちらりと情報が出た頃から観る気まんまんだったものの、いざこれだけ賑々しくなると返って行く気が失せるヘソマガリなのと、思ったよりどうやら、お目当てのガエル・ガルシア・ベルナルが出てないらしいとチラ聞きしたので、今はもっぱらこっちの映画の方が興味アリアリ。お相手はシャルロット・ゲンスブールだし、サイトに行ったらあちこち楽しい仕掛けがあって面白いし、BGMで流れてる歌はものすごくツボ(サントラ速攻買い)。
だがしかし、最寄りの上映館である大阪・梅田ガーデンシネマなんて、上映期間、たったの1週間!!!はぁっ!? もっとも、夜上映なのはワタシ的には行きやすい。がんばって行ってみるか……と思い改めて日にちを見ると、美味しいレディースデイの水曜日は5/23。
何かあったな……5/23って。
……あっ!(思い出したらしい)いや、別に水曜でなくてもいいんですが、でも(もうエエって)。行くならむしろその前か……んー(悩み中)。

▼怒濤ののだめ・玉木デイズ
玉木宏公式サイトによると、22日(週刊朝日で林真理子さんと対談)からあちこち出まくるんですが(笑)、あまりにもこの頃、楽しい予定が詰まってて(笑)映画モードじゃないかもしれない(^_^;
<5/23>
・CONTINUE SPECIAL のだめカンタービレ特集
上野樹里と玉木宏のグラビア&インタビューもあるという60ページ特集はしゅてきしゅてき〜♪他に「もやしもん」特集もあってワタシ的にはものすごく美味しい。
あ、「地球へ…」特集もあります。読んだんだけどなー全然内容覚えてない(^_^;
・おなら体操CD発売
予約済。ドラマ版のキャラコスプレしまくったお子ちゃんたちのオマケ映像も楽しみ。
<5/24>
・食わず嫌い王出演
また浮遊するまなざしと、やたら豪快な食いっぷりを拝めるか?
当然、ハラミは出てくるだろうと踏んでます…本当の大好物として(爆)。
・Kiss発売
ハリセン圏の発売日(笑)ですけど。
今号ののだめ、すごく良かったので次の展開が楽しみ。
<5/25>
・2時間ドラマ『星ひとつの夜』
渡辺謙さんとのガチンコ勝負(笑)もですが、ワタシ的には、母親役のいしだあゆみさんとの絡みも気になります。ちゅらさん(違)とのラブラブシーンなんてあるんだろうか?
・のだめドラマ版DVD-BOX発売
ビデオテープもDVD-Rも持ってるんですけどねぇ(笑)。ブックレットと特典映像が早く見たい……。

▼のだめ原作版 Lesson 107
表紙、付録、巻頭カラーとまあ、のだめ三昧でとっても美味しいKiss10号。



表紙は最近見かける千秋のGパン系。何だかかえって年相応になってきた気がします。
付録のクリアファイルは前々からお気に入りだったお出かけモードのふたりのイラスト。千秋の手がのだめの腰にまわってるのが何とも。それにしてものだめの足首、綺麗です。サリーちゃん足じゃありません。(裏はやっぱりギャグモードですが)
そして巻頭カラーの表紙……いきなり「執事プレイ」(爆)。そして本編の方は「犬プレイ」(大爆)。
今回も相変わらず濃い濃い濃い内容で、展開もいろいろ。あの枚数でよくこれだけ詰め込めるもんだなーと、毎回同じこと言って感心してますが(^_^;。

脳天気なヨーコの留守番電話。ああでもおばあちゃんが洗濯機を回してしまうってあたり、私、ちょっと笑えず(^_^;←そういう目によく遭ってるらしい
落ち込んでるところにこういう描写ってよけい響いてきますよね。しかしあのベッドにばたんきゅーの図、千秋の例の「ここはどこ」の失敗後を彷彿とさせます。
そしてノックの後、ダイブしてくる酔っぱらい千秋。布団越しだけど何すか、あの、「のだめさん」発言!「のだめさん」ですよ、のだめさん!(笑)しかも「すみませんでした」ですよ!あのダレ様オレ様千秋様が、、、(遠い目)その後、件の「犬プレイ」。ベッドの上で正座して、のだめの「お手」に応える千秋、、、(ますます遠い目)。途中で一瞬オレ様に戻るけど、のだめから「誰が足くずしていいって言いましたか」と言われ、またちんまり正座するところが可愛い。可愛いけど……千秋……(どんどん遠い目)いや、いいけど(おい)。

おりしもアニメ版、カンテーレ圏では三善家あたりでした。
この頃だってオレ様千秋様だけど、やっぱりもうらぶらぶモード、あちこちであふれてたよねぇとしみじみしながら観ておりました。
千秋とのだめが三善家で演奏したエルガーの「ヴァイオリン・ソナタ ホ短調 作品82」、いい曲ですねー。ラ・フォル・ジュルネ版でラフマニノフのピアノ協奏曲3番と共に最近のヘビーローテーションですが、これ、早朝に演奏したんじゃ迷惑でしょ(あいや、三善家自体はこれでゴタゴタが丸く収まったんだけど(笑))。

「のだめ」は『Kiss』という——確かレディースコミックス本だと思うんですが(笑)——に連載してはいるものの、本当にモロなラブシーンを徹底して描かない(何気なくぼこっ、と出てきたりもするけど)珍しいというか、イヤンていうか(おい)良い意味でじらされちゃう(笑)作品で、今回も布団越しとか片やワンピ姿のまま、片やコートを着たままながら同じ1つのベッドで眠りにつくなんて絵が出たりすると「すげぇ」となります(^_^;ましてや今回なんて、酔っぱらい千秋のせいか甘えん坊サンで、膝枕(あるいは股枕)だわ、「受胎」とか言いながら(マーラーの曲絡み)、ワンピ越しとはいえのだめの腹(しかも下の方?)を撫でるわで、どーしたの今回の、世間の少女マンガやレディースの露骨なエロ描写と違うけど、ものすごいサービス、サービスぅ!っぷりは!!!となるわけです。
でも、そういうらぶらぶ系ではなく、本当に「ここまで来たのか」と思わせてくれたのが千秋の「のだめに悪いと思った」というモノローグでした。ワタシ的にはある種、お互い様だと思っちゃいるんですが(のだめだって、やってること、考えてること、すごくわかりづらいよ)、そういうのが最初の「のだめさん、すみませんでした」になるんでしょうね……ベッドにダイブしながら、ですけど(大笑)。

Ruiとの共演や、ヴィエラ先生にも教えを乞うと、のだめ風で言う「会えない時間で愛を育めと」(もっと会えなくなる」ということ)、口に出して言う千秋はずいぶん進歩したなーと思います。Ruiとのことはのだめがどう思っているのか……かなりショックではあるようだけど、相変わらずのだめの思っていることは書かれないので何とも言えませんが、千秋なりにフォローする気概は見られて少しはすき間(^_^;も埋まったかなと思います。
亡くなった師・リッピに代わってのヴィエラ先生によるマーラーの交響曲2番ハ短調「復活」は、前ページののだめ版お弁当(ぬくぬくごはんに納豆、そこへ、千秋のつくりたてオムレツ(たぶんトロトロ)とを一緒にホイルで包んだもの。想像するだけで恐い世界)による地下鉄異臭事件(んー、文字にするとなんとなくいろんな意味でマズい気が……)からうってかわってのシリアスモード(いや、地下鉄あたりもある種シリアスではありましたけど(^_^;))。
歌詞(第5楽章)と、のだめや千秋の今までの想いとがつながります。各々の涙目がUPで描かれているのが印象的。隣の席の、涙ぐみながら自分にもたれかかるのだめを見やる千秋の表情が甘い。
のだめの「復活」、そしてリッピが亡くなって落ち込むミルヒーの「復活」を願いつつ年明けのウィーン1泊旅行をのだめに提案する千秋。懐かしい清良登場で、次号はぽーんとウィーンでしょうかね。ノエルはスルーですかね(笑)ボン・ヌフでの跳び蹴り、私にとってはあんまり好きなエピではないので(その後のルビーのネックレスねたは良しとして)、ああいうのでなければ別にスルーでも今回で充分あまあまですから、これはこれで結構なお点前で(違)。

清良といえば、ドラマ版では峰とある種別れたような感じに描かれていましたが(私の勘違い?でも妙に原作よりしんみり描かれてたような気がします)、原作じゃ別れてませんよねぇ?遠距離恋愛ですよねぇ?
この清良と峰に比べたら、千秋とのだめの「会えない時間で愛育てる」なんて序の口、と言っちゃあそれまでですが、こういうのって、距離とか時間じゃないですからねー(^_^;毎日顔合わせていてもすれ違うときはすれ違っちゃうし(苦笑)。
でもまあ、そんな清良とのだめとが会って、何かが進めばいいなーと期待しています。もちろん、のだめと千秋をここまで導いたに違いないミルヒーもね。

次号発売は5/25(ハリセン圏は前日(笑))。
マジでのだめファンには祭り時ですよねぇ。
くれぐれも楽しい展開であることを望みますが、まーそうは問屋が卸さない、かな(^_^;
ナニはともあれ、続きを楽しみにしています。
[PR]
by gyohm | 2007-05-10 16:17 | よもやま