∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

7月10日までのよもやま

まずは飲食ネタから。

▼ラベル買い(笑)
d0063216_1425144.jpg

だって、ミュシャ絵だもん(^_^)b。
カミユ・ジョセフィーヌ(コニャック)。久しぶりにチョコレートをアテ(^_^;に飲んでます。買ったまま、箱に入ったまま放置していたんですが、ふと思い立って(というか、もう手元にあったブランデー類がなくなっ(ぼか))さっき開けました。
コニャックにしては華やかで軽めのお味で、まあ気楽に飲めますが、私はもちっとドシッとしてる方がいいかなー。

で、次。

▼のだめごと2つ
原作版は8月までお預けで悲しい。

◎アニメ版最終回
ハリセン圏あるいはカンテーレ放送区域のため放映が遅いうえに、私自身もドタバタしていたのでようやく先日観ました。
いやまぁオケ等演奏会シーンの止め絵っぷりについてはもうとやかく言いますまい。以前のことを思えば千秋の指揮含めかなり動いていたような気はしますよ(気がするってね(^_^;))。ベト7長く楽しめましたし。
「記憶は」みたいなテロップは、初回にも出てきましたね。んーそういう細かな工夫はそれなりによくされていたと思います。大川ハグはやはり感慨深いものがありましたし……EDにいろいろエピも細かく詰め込まれていましたし……って、オトナの事情の23回なんでしょうけど、ツメコミ過ぎ。せめてあと1回あっても良いかと思いましたよ。もしくは1時間拡大版にするとか(笑)。
干潟のところでのだめ父と穏やかに喋る関千秋(笑)の声はなかなか良かった……ああ、そういえばオクレール先生の声……冬月<清川元夢さん>でコッソリ豪華だと思ってしまった(笑)……って、そういうこと言うなら、高橋君の声、石田彰さんってのはどうよ(笑)>Sさん(名指し)(悪いけど、全然気づかなかったよ、私(^_^;))
ドラマ版でパリ編を望むのはかなり難しいでしょうから、せめてアニメで見たい気はします。でも指揮コンクールあたりですでに手詰まりになるかもしれ(ぼか☆)
いやーんでも、コスプレkissはみたいし、ノクターンあたりや、「のだめさん」もぜひ。んージレンマ(^_^;。

◎のだめドラマ版(DVD)
ようやっと全編見終わりました。毎日1話ずつ、母と観ましたら……ふふふ、ハメましたよ(ニヤリ)。「これなら何回観ても面白いね」と言わしめたのは、上野のだめのあの独特な口調だったわけですが、オケやピアノの演奏シーンも魅力的だったようです(玉木千秋の髪型は不評でした。前髪垂れてるの、男女問わず気に入らないんですよね、ウチの母)。
ちなみにLesson10の日で、最終回のLesson11は翌日鑑賞予定だったものの、「こんなトコで切られるのはイヤ」とのたまい、そのまま11へ突入して観てしまいましたよ。
月9ドラマにしては画期的に10代ファンが多い、とは軽部アナウンサーがのだめオケコンサートで上野&玉木ゲストの折に言ってましたが、一方でウチの母の年代までも網羅してしまう……層の幅が広いや(^_^)。



さてさて。以下はダラダラと長い玉木ネタ。

▼千の仮面とまでは言わないまでも
いろんな顔を持っていて(あるいは、上手く化けられて(笑))見ていて飽きない>玉木宏

◎ダ・ヴィンチ8月号(メディアファクトリー)
特集「いちばん近くて、いちばん遠いきみに……片想い文庫」より、フォトセッション&インタビューで登場。フォトセッションてなんぞや、と思っていると、なんと有川浩さんの書き下ろし短編「彼の本棚」にまんまストーリーのモデルとして写真で出てる。端整な黒王子(笑)全開です。ええもう笑っちゃうぐらい(笑)←あ。しかも指のドアップあり(爆)。指アップというと、以前、雑誌『わんわん共和国』だかに愛犬と登場したときのあの唇なぞり指フォト(こう改めて書くと何だかスゴいな(^_^;))に比べるとまだおとなしいものの、相変わらず細長指です。で、その後「この夏読みたい片想い文庫」という特集の10代、20代、30代に各々年齢をイメージした写真で登場。10代の後ろからの写真を観ると結構デカい、と思うんですが、30代のバーでいる写真を観ると、細い感じがしますねぇ。顔だけじゃなく体格も不思議ちゃん(笑)。顔はちっちゃいのに存外大柄だからなぁ

◎The COVER8月号(トランスメディア)
ダ・ヴィンチが黒王子なら、こっちはセクスィー部長。浅黒の肌に白スーツ(これ、なんと、ベルベット生地らしい!)、そしてヒゲ面。膝にヒョウ柄ホットパンツをはいた長谷川潤さんをはべらせての表紙に、思わず「はぁ???」となりつつレジへ(即レジかぃ!(笑))。まあキャッチが「野性味溢れるオトコのハイエンドスタイル!」だから言わずもがなの表紙アオリやデザインと身につけている服やアクセの値段の高さ(爆)。とくに特集ページ2つめのグレーの服(色合い的にはこれが好きだ)のジレ(ベストとかチョッキちゃうんかぃ)の値段に飛ぶ。飛ぶといえば履いてるコーデュロイのパンツの値段にもぶっ飛ぶ。いやー、婦人誌なら家庭画報とか婦人画報で慣れてるから全然平気だし、男性誌にしても愛読してるエスクワイアとかTITLEとかならなんとなく見慣れてるけど、こーいう若造雑誌(笑)でこの値段はすさまじいな(^_^;さすが「ハイエンド」(意味不明)。玉木記事あたりにはなかったけれど、他の記事ではやたらどくろマークが多いあたりがまだ若造で抵抗あるけど、結構、掲載されてる服とか小物で好みのもある(^_^;とくにバッグ(またか)。で、あるインタビューのページでスッと目がなじんだので、あれ?と思ってよく見たら、ゼニア(細かく言えばZ Zenia)の人のインタビューでした。やっぱり(^_^;←学生時代からゼニア好き(笑)
キワっぽい表紙だけど、それでも、私にとっては、Men'sJOKERとかBoonとか買うよりはずっとラク(笑)で他のページも楽しめました。これでエスクアイアに出てくれたら(まだ言ってる)。
#ああ、「小悪魔ageha」は完全スルーしてますよー(大笑)もともと男性誌スキーだしなー。
……おっと、ついクセで雑誌の方に話が(笑)。肝心の特集ページですが、全部で5作(内1作は見開き)。ヒゲ面とヒゲなしのものがあり、ラストはヒゲ無しシンプルの黒王子風。整ってるのはこれが一番。でも半袖Tシャツで腕がガッチリしてます……前述通りの妙なアンバランスさが何とも(^_^;
服の好き嫌いを問わなければ、意外と(!)3作めの赤組が好きかも(^_^)。

◎マツダ・デミオCMおよび公式サイト
新しいデミオ発表会では白スーツ(こっちモードも増えてきたか(笑))。
公式サイトの方もリニューアルされているし、新しいCM2編も観ることができます。CMはバリバリすかした感じなのに……あのオチ(笑。30秒版がとくにね)。サイトのガイドシステムも面白くて、ついついグリグリ回したりして遊んで「目が回っちゃう」だの「クリック・クリック!」とか「あんまりいじめないでよ」と言わせてしま(ぼか☆)

◎ミスド・チュロ
ずっと「チョロ」って思ってた私は(^_^;
11日から発売ですが、先日もう食べましたよ、黄色も赤も。ココナツとチョコとマンゴだなんて私の大好物ばっかり並べた黄もスパイシーな赤も両方イケました。
で、ポスターも見てきましたが(食べた家近所の店より仕事場近所の方がはるかに都会なのに玉木ポスターがない)、半分白で半分浅黒とまあこっちもこっちだ(笑)。
黄玉木は「誘惑」なのでやっぱりセクスィー部長。CMが流れるのかどうかわかんないけど観たいなー。楽しみにしています。

そうして、ここで(笑)↓

◎NEC
今日提供の新しい壁紙を見て吹く(失礼な)。
なんかー、どうやら、おんなじヒトらしいですよーーーコレ。
もう、信じらんなーい(^_^;;;;;
(と言いながらダウンロード(笑))

加えて、

◎永谷園・そうらーめん
いや、すっごく美味そうなんだけどね(ホントに美味しそうに食べるよね)。

やっぱ、おんなじヒトらしいですよー。
会報見たら、パラパラ踊ってましたよー(笑)。
[PR]
by gyohm | 2007-07-09 01:03 | よもやま