∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

本買いラッシュ

第一目標は『丘の上のバンビーナ』(鈴木有布子/新書館)。鈴木有布子さんは、新刊出せば内容確認せず買うぐらいハズレなしで気に入ってるので、23日、某所某会(笑)待ちの時間つぶし兼ねて買おうと探したけどナシ。でもその代わり、全く別口の本を買ってハマる。

・灯台守の話(ジャネット・ウィンターソン、岸本佐和子訳/白水社)
本ジャケが妙にツボだと思ったら、なるほどクラフト・エヴィング商會でしたとさ、やっぱりね(^_^;好きなものは好きなのね、と(笑)。で、読み終えてから改めてジャケに描かれたものを見ると「そうかそうだったか」と合点がいき、妙にスッキリ(^^)。
あ、ちなみにこれだけはマンガじゃないです(^_^;(つまり以降はマンガ)。
(内容の一部が白水社のサイトで「立ち読み」できます(^^)→こちら

さて。件の本は調べてみると24日発売だったので、なんだーそうなんだーと喜んで、翌日昼食買いがてら行った書店にナシ。でもそこで以下2冊を見つけたので即買い。

・サクラ大戦 漫画版8巻(広井王子・藤島康介・政一九/講談社)
実に丁寧に、そしてコツコツと連載を続けてくれていることがとてもありがたい作品。今回の表紙はあやめさん。まさかこのヒトが(以下略……略したこと、漫画版でもやるかな。やってほしいな)。

・CROWN5巻(和田慎二・氷栗優/秋田書店)
いかにも和田慎二サンな大風呂敷もお約束で楽しい展開。女王陛下とローマ法王までかりだしてくるとは(笑)。それにしてもチャカムつぅかまひろって、だんだん某大河マンガのキャロルっぽい気がしてきたわい(^_^;そこで出かけたら捕まるの、当たり前じゃーん!(笑)

さてさて。帰宅時に今度こそと思った書店にやっぱりナシ(がっかり)。ところが以下2冊を見つけたのでまたまた買い。

・絶対可憐チルドレン12巻(椎名高志/小学館)
4月6日アニメ化の帯がドドンと。
本ネタは静かにシリアスへ移行しつつあるので、脇ネタの皆本のつくったお弁当ネタで和みました。

・チキタ★GUGU8巻(TONO/朝日新聞社)
ああもう朝日ソノラマじゃないのね、なんて思いつつの最終巻。たぶんハッピーエンドなんだけど、まさかこんな終わりとは……さすがTONOさん、着地の仕方がふるってる。

そうして25日昼。
やっぱりナイ。全国展開の書店に行ったのでさすがに頭に来て(どうどう)近くで本棚を整理している店のヒトに尋ねるととと「今来たところですよ」と言って側にある積まれた本を探すけれど見つからな……あ。「あ、持ってましたー」(大笑)まさに今、並べようとしていたところだったんですね、スンマセン(^_^;
こうしてようやっと本命(?)をゲット。

・丘の上のバンビーナ(鈴木有布子/新書館)
とりかえばや(って言っちゃったら乱暴か(笑))少女&犬版。まあ要するに寝てる間に主人公の女の子がペットの犬に、犬が女の子に中身が変わっちゃうっていう、ある種ありがちなネタです。でもイイひねり有り。で、やっぱり読後感ヨシヨシヨシ(^^)。
ちなみに主人公のひな子ちゃんのパパママは例のヒトたちです(笑)。全然前知識ナシで読んでいたものの途中から「あれ、もしかしたら…?」と思っていたらやっぱりそうでした。そうかー繋がってたんだ。繋がってたんだよ。繋がってたんです。(それは鹿男)
[PR]
by gyohm | 2008-03-26 02:11 | マンガ