∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

読売日響オーケストラ・ファンタジー

3月30日(日)、横浜みなとみらい大ホールへ行ってきました。
読売新聞長期読者(親が)で良かった!おかげさまでそれなりに良い席−−生玉木を拝むには(^_^;



こと玉木くん関連では同志がいなくてたいてい単独行動なのですが、今回は連れを見つけまして、久しぶりにゲーム系とか声優系のヲタ話を聞けて新鮮でした(^^)いやーだって私、ぱんぴーだし(もうエエって)。で、楽しくオシャベリしながらホールロビーに進むと……まあとりあえずお願いだから、ジーンズ生地のショートパンツはいて来るなとか、あの裸足スキーの玉木くんですら当日は黒いスーツに立ち襟のフォーマルなシャツ、そして黒いエナメルの靴を履いて、あのもみあげの刈り上げも気にならないぐらいきちんとした格好をしてたんだから(耳の軟骨ピアスすらシックで綺麗だった)、素足にゴム草履はやめろ!とか声を大にして言いたくなるような光景が(-_-;(見た瞬間凍りついた)。そして、ホールの中に入ったら入ったで、パイプオルガンやらステージやらをケータイで何人も撮影しまくってますよ……んーホールのスタッフの人たちもある程度覚悟はできていたのか(^_^;注意のしかたが「しかたねーな」なやんわりモードでしたし、他の客(私含め)にしたってファミリーコンサート系のせいか目くじらたてる人もそれほどいないようでしたが、ホール内部撮影は禁止ってわかってるんだから、やめましょーよ、酷すぎるよーていうか恥ずかしすぎる(x_x;
#でも本当に玉木くんの格好は素敵でした。『ミッドナイトイーグル』で東京映画祭のレッドカーペットもこれで行ってほしかったような(^_^;

そんなことはさておき(^_^;肝心のコンサート。
団員さんはすでに何人かステージ上にいて、他の人たちもバラバラバラと登場するので何となく拍手するタイミングをつかめず。コンマスはさすがに他の団員が出そろった後にご登場だったので拍手できましたが。そして指揮者の上野正博さんが出てきた瞬間……すみません、お約束ぽいですが「カタイラ…」と呟いてしまいました(^_^;ジャンプこそしなかったけど、メリハリのある指揮をされていましたよ。

第1部のオープニングはシャブリエの「楽しい行進曲」。
いやでもこれ、ちょっと音がぼやけてたような気が……前述どおり生玉木を拝むには良いけれどオケを聴くには悪い席だったか、なんて言うほど前の席ってワケでもないので、飛行機に乗ってやってきた(笑)せいで耳の具合が悪いのかなって思うぐらい(^_^;まあ何とかそれを終えて、いよいよナビゲーターの池上彰さん(NHKの子どもニュースのお父さん役されている方)と井上富美子さん(声優さんらしい。私はちょっと知らないけれど)登場。池上さんは今日の客層(^_^;に気を遣ってか、「玉木さんは第2部に登場します」と早々に予告。ま、第1部に出ちゃったら、ヘタしたら第2部は出待ち追い掛けでガラガラってことになるやもしれませんからね……ってそれ、友人と言い合ってたんですが(^_^;

2曲目、「カルメン」前奏曲(ビゼー)を、楽器グループ別に聴けたのは面白かったですね。最初の打楽器グループでわかるようになれば私も立派なクラヲタさん、なんですけど(笑)。
(ゴダイゴの曲だったら多少はわかるかもな…ナンチテ(笑))

続いてシューベルトの軍隊行進曲、ストラヴィンスキーのサーカス・ポルカ、そしてデュカスの交響詩「魔法使いの弟子」。各々解説付きで気楽に聴けるプログラムでした。「魔法使いの弟子」というとミッキーマウスの『ファンタジア』なのでしょうけれど、まずほとんどディズニー映画を観ない私が思い出すのはもっぱら、『のだめ』での千秋、初のマルレオケ指揮するも、見事決壊!のシーン(T_T;不吉!(おい!)

15分間の休憩後、スパコーンと気持ちよい音でワーグナーの「ローエングリン」第3幕への前奏曲。管楽器がちょっと大き過ぎ?というぐらい音がよく通ってる。んーやっぱり1曲目は調子が出てなかったのか、はたまたやはり私の耳がイマイチだったのか(^_^;ああでもワーグナーは盛り上がりますよね(笑)。

そしていよいよ玉木くんのご登場。池上さん、ものすごい気の遣いようです。配布されたパンフにしたところでトップに出てるのはゲストの玉木くんだし、何だか異様に(^_^;良い扱いですよ。客席もまた然りで、ためいきというかざわめきというか(笑)。
隣で友人が、玉木くん登場するなり「(顔が)小っちゃ!」と呟いてたぞ(^^)。
読売新聞のイメージキャラクターとしてのお役目を果たすべく、メガ文字になった新聞見本を広げつつ、たぶんその裏に仕込まれた(!)アンチョコ(死語ですかって言う死語って言葉自体死語ですか?)を読んでますーな状態で客席が笑い、本人さんも少々苦笑い。でも告知は大切ですからね、いいんですよ読んでても(笑)。明日(3/31)から新聞の文字が大きくなるというお知らせと、4月5日に玉木くんが出るそうな。5日といえば土曜日。土曜日版に出るとか?どういうかたちで出てくるかはわかりませんでしたが。

次はフルート奏者の女性が出てきてジョリヴェのフルート協奏曲を。フルート自体はともかく、ジョリヴェって例の、『のだめ』で真澄ちゃん卒業試験の際、組んだ彼氏(?)というか男友達が盲腸だかで倒れて救急車に運ばれたせいでピアノ奏者がいないということで急遽、千秋が代理で伴奏することになったといういわく付きの曲の作曲者。のだめオーケストラ『STORY!』で聴くだけで生演奏は拝んだことはないのですが、ドラム好きとしてはかなり楽しいというかすごそうな曲。そんな曲作るような人のフルートの曲にしても相当のモンじゃないの?って思ったら、なるほどとてもこの演奏会のラインナップに合いそうもない難解な曲(^_^;。演奏後玉木くんも上手く「緊張感のある曲」てな風にコメントしてましたが、今回の演奏会でやるのであれば、もうちょっとメジャーな方が良かったかも。でも私は、フルートの音自体はともかく(おい)弦楽器群の演奏は好きでした(このとき管楽器群は退席していました)。

ラストは「モルダウ」(スメタナ)。いいですねー(^^)←チェコ好きだから嬉しい
池上さん、お願いだからせっかくのチェコネタ、玉木くんに振ってよ振ってよ振ってよと思ったけどスルー(^_^;曲が終わった後のコメントで玉木くんの方がプラハロケの話をしたけれど、それにも食いつかず。まー他テレビ局のドラマのことだから仕方ないかもしれないけど、千秋役というのは大いに意識してるわけだから、もうちょっと話に触れてくれても良かったんじゃないかと。
とはいえ、池上さん……グッジョブもありまして(笑)。「モルダウ」についてのスメタナが想いをしたためた詩?を玉木くんが朗読するというステキ企画があり、これはとても楽しゅうございました(^^)途中でちょっち噛んだけど(^_^;でもやっぱり……上手い。声がいいのは無論のこと、抑揚のつけようがおさすがでございます

さて、どこの段階だったか忘れちゃったんですけど(^_^;最初の方かな?
音楽活動のことに触れられていて、歌(の活動)をやっていることを話し、次の活動はと問われると、「言えないことが多いんですが」との前置きの後、すでに決まって発表済みの『篤姫』での坂本龍馬役のことを言っていました。で、おかしなことに池上さんが坂本龍馬で歌を歌うのかみたいなことを言い、「それはないですね」と即答(相変わらず反応が早い(笑))。いやもう池上さんてば、もうちょっとなんとか(^_^;。

アンコールは、玉木くんが指揮者の上野さんに耳打ちするようにして何か告げた後、「ラデツキー行進曲」とのたまいました。おお!ウィーンフィルのニューイヤー定番ノリノリ曲だー(おいおい(笑))。
最初は脇で手拍子を打っていた玉木くんですが、池上さんと上野さんによって指揮者台というかお立ち台(爆)に祭り上げられ、手拍子指揮(^_^;を取ることに。ラデツキー行進曲は大きく打つところと小さく打つところに分かれているため、それをやるのが結構難しそうでした。

こうしてコンサートは幕。玉木くんの最後のお辞儀が、なんとあの千秋式礼(笑)のだめ最終回でオケ演奏後にやった、ちょっと肘を曲げて軽くお腹に当てるような例のあれ。優雅だ……生で観たらたまらん(どうどう(笑))。エエモン拝めましたー(^^)。

そうしてファンのお嬢さん方は速攻でホール抜けダッシュする人多数。出待ちするんだねーと私と友人は呑気に言い合いつつホールを後にしました。途中、クラシックコンサートとは思えぬ掛け声にちょいと閉口しましたが、私の席あたりではそれほど問題なく演奏を楽しめてほっとしましたよ。

あ、そういえば友人分のパンフレットや読売新聞のポスターに出てる東京タワー前(!)玉木くん写真の入ったビニール袋や、新聞購読申込書ハガキ付き?の玉木くんシールなどなど、グッズ類をもらっちゃいました。読売新聞読者とはいえ、関西ではほとんどこんなグッズの恩恵にあずかることはないので(玉木くん時計はラッキーにももらえましたが)ありがたいことです(^^)。
また、ロビーではテレビが何台か設置されていて、読売新聞のCMが流れていました。あれもこれもすでに録画済みと言って友人に失笑されたような気がする(^_^;

そうして、ばびゅんと飛行機で行ってばびゅんと帰ってきました。
あー3月は3回東京に行ってきて、うち2回が生玉木イベントでした。大阪千里の握手会も合わせると、なんと3回生玉木(笑)。まあもうそうそう、こんなチャンスはないでしょうから、待ち時間も多いしもちろんお金もかかった(^_^;けれど、楽しかったですよ。来たる4日のエイベックスやファンクラブのイベントなんて平日だから、とうてい参加できませんしねぇ。ドタバタでしたが生玉木、私なりに満喫させてもらいました(^^)。
[PR]
by gyohm | 2008-04-03 00:18 | 音楽