∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

4月14日までのよもやま

えーっと。書いてるんですけど、何故かupまでにキーボードの上に手を置いたまま居眠りしてるんですよ(^_^;ちなみに今日は風邪ひき付き。寒暖差の激しい今日このごろ、どうぞご自愛ください。

さて。

▼行っちゃいました
奈良(^^)。
まずは奈良国立博物館「特別展 天馬〜シルクロードを翔ける夢の馬」へ。
d0063216_1171348.jpg

馬についてはジュリアス好きとしては切っても切れないネタではありますが、今回はそれに加えてシルクロード絡みとあって、いろいろ興味深いことも。たとえば妙にスーリヤ(太陽神スーリヤ/リグ・ヴェーダ)に反応。馬車に乗って天を駆けめぐるだなんて、ギリシア神話のアポロンと繋がってるなぁなんて思いつつ。太陽神ってどうもワタシ的にヒットするんですよねぇ、ケルト神話のルー様(ルー様を様付けするのは悪いクセ(笑))もそうだし、太陽の王子ホルスの大冒険だし(さすがにこれは生では観てません(^_^;)。一方同じ会場ではこの天馬絡みで『ターフを翔ける天馬たち』というJRA協賛の展示。宝クジとか競馬とかパチンコとか、どうもギャンブル系はとんと関心がないので、こちらはよくわからないままですが、写真は美しいものでしたし、実物大の馬と騎手(もちろん人形(笑))の展示は面白かった。ちなみに実際に競馬で使用されている小物類をさわってみることもできたので鞭を持ってみました。うぉぉ思ってるよりもずっと重たい。でも手に結構しっくりくる感じがしました。ああいう道具類はやはり触ってみないとわからないものですね。何かちょっと学習できたかもー(ジュリ話の?(笑))。あ、この展示会場は写真撮影okです。ファンの人(誰に向かって言ってる(笑))はデジカメ持って行くといいぞ!
次。若草山が今回の最大の目的ながら、ついつい東大寺へ(おい)。うわーい、南大門!とか阿像、吽像!とか、ゴダイゴのライブ以来お久しぶり〜!の大仏様とかとか(^^)。小学生の頃からお寺巡り好きなので、何だか妙に慣れ親しんでおりますよ。とくに南大門前では鹿ともども写真を撮ったんですが、ヒト様の顔が多く写り過ぎて加工しないとネットにupできないので略。鹿のらぶり〜なおしりからの素敵なショットだったんですけど(笑)。二月堂大好きなんですけど、あそこまで行ってると肝心の若草山へ行けないので泣く泣くパス。
そして若草山。
すみません。ナメてました。なだらかな山にだまされました……ていうか、自分の体力のあまりの減退っぷりに驚いたっていうか(^_^;残念ながら展望台まで行けませんでした。ああ小川先生と藤原くんのらぶらぶシーン場所を観たかった……(T_T;でも中腹までの階段地獄に完敗でした。もっとも、母を連れてのことだったので、どっちみち無理はできなかったのですが、それでもまあ母もよく付き合ってくれましたよ、偉い。
とはいえ中腹でも充分奈良の街を見渡せました。ちょっと霞がかっていますが、こんな感じ。
d0063216_1175327.jpg

帰りは春日大社経由でぐるりとひとまわり。博物館〜東大寺の通り道にある釜めし屋さんで夕食。美味しかった〜(*^^*)。おみやげ代わりに鹿皮の眼鏡拭き買いました……スマン、鹿さん。でもすごく汚れがきれいに取れるんだもん(^_^;
最後は、地下にある近鉄奈良駅(笑)から帰途につく途中、電車の窓から小川先生よろしく朱雀門を眺める……もっとも、もう夜だったからライトアップされてましたけど。三角縁神獣鏡でも飛んできて、マイ鹿に乗ったイトちゃんが現れないか?なんちて(笑)。
ああでも何かイイ……(じーん)。とても楽しゅうございました(^^)。

▼来ました/その1
『のだめカンタービレオフィシャルガイド パリだ!プラハだ!!ぎゃぼー!!! のだめカンタービレ in ヨーロッパ ロケ地マップ(完全版)』のDVDが。
コメンタリーなしを2回観ました。プラハ、パリとも綺麗だー。その綺麗な風景の中にのだめキャストとスタッフががんばってる映像は興味深く、しかもおもろくて(千秋&カタイラのレストランシーンは圧巻。背景はあんなに綺麗なのにカメラ前で白目男ふたり…(笑))良かった。内容はかなり濃くてお買い得でしたよ。
とはいえ、上野のだめ樹里ちゃんと監督、プロデューサー3人のコメンタリーはまだプラハ編の一部しか聴いていないので、まだ何か詳しいコメントがあるのかもしれませんが、とりあえず、クランクアップでの樹里ちゃんの挨拶の中に映画化のフラグが立ってましたけど、はてさてどうなることやら。純粋に続きを制作するのであれば、千秋パパこと雅之のこと抜きにはできないのでは…とは思いますが、今のところドラマ編では思い切りスルーされているので、そのままナシで押し通すかな。そうなると千秋のバッハ弾き振りもないかもしれませんが……ああまあこのあたりは憶測はナシにしておきましょう。

▼来ました/その2
タマクラ会報。玉木くんの、相変わらず達筆で、内容もとてもしっかりした手書きメッセージが嬉しいけど(最後の言葉はとくに耳が痛い(^_^;「現状維持は退歩なり」かぁ…現状維持で精一杯なんですが(^_^;))、切手大のミニミニな写真満載という、良いんだか悪いんだか(目にごっつー悪いわ(笑))、いつもちょいと欲求不満にさせてくれる罪な会報ですよ(笑)。鹿男スキーとしては見開きの鹿男ネタの写真がとても嬉しゅうございました。その中に、鹿から印をつけられる写真があります。これ、実際の映像や公式サイトでも同じものが出ていますが、すごく小川先生こと玉木くんの目が綺麗ですよね。ちなみにあの手の目の映像って、退学したいってイトちゃんが申し出るときにもデデッデデッデのED曲(おいおいおい)と共に出てきてとくに印象に残っています。おっと、会報ネタから外れちゃった。鹿男スキー過ぎて、つい(笑)。鹿せんべいを持って屈んでる小川先生の腕に顎のっけてる鹿との写真がかわいくてお気に入りです。この鹿、可愛すぎる(鹿かい!(笑))

▼春のテレビ
今シーズンはアニメばかりですなぁ(笑)。『絶対可憐チルドレン』は必ず、『ネオアンジェリーク』はとりあえずウォッチすることに。ED曲後の由羅カイリさん美麗絵で引っ張られましたよ(^_^;ネオアンの表情もときどき綺麗です。ニクスはまだネコかぶってますが(こら)丁寧なのにノブリス・オブリージェを盾に強引な引き具合はおさすがと言ったところ(気に入ってるらしい)。まあもっとも、ネオアンはジュリアスが出てないから呑気に観られるっていう気もしますがね(^_^;そうそう、ネオアン放映時のCMで、妙にチープな感じなのに戦闘シーンとかすごくカッコイイ!って思った瞬間、『女立喰師列伝』(押井守監督)DVDの宣伝でした、とさ。好きなものはやっぱり好きらしい。チープって言ってすみません(^_^;ああ映画館での鑑賞、見逃しちゃったなぁ……押井監督の映画はやっぱり大きな画面で観たかった。
後は『図書館戦争』放映待ち。プロダクションIGは好きだし上手いけど、ときどき綺麗過ぎて萎えることもあるから(良くも悪くも個性なし)、まずは初回のお楽しみ、ですかね。
ドラマはダメです、鹿男が妙に残っちゃって他を受け付けません(^_^;のだめMapですら、楽しく観たものの、ふと気づくとHDDレコーダーにある鹿男のドラマを再生してたりします(^_^;全然飽きません……どうしてくれよう(^_^;
[PR]
by gyohm | 2008-04-15 01:18 | よもやま