∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

5月18日までのよもやま

▼久しぶりの委託
来たる5月25日に東京ビッグサイトで催されるネオロマオンリーに向けて委託分を送り出しました。委託って、当然ですがビニール袋に詰めて値札を貼る作業があるので、ちょっち苦手(^_^;直参だと、ナニはともあれ行けば何とかなる!ですけど(こらこら)。
出すのは既刊のみで、サークル的には残念ですが、年2回となりそーなネオロマオンリー、当日盛況だと良いですね(^^)。

▼ネオロマと言えば
アニメ版『ネオ・アンジェリーク』どうにか見続けています。絵、アップだときれいですね。
ネオアン、ゲームではニクスEDだけで止まってる不埒な悪行三昧アンジェリーカーな私ですが(^_^;それゆえ、陽だまり邸のメンツ以外の人たちのエピがイマイチわからないので、他EDについてはちゃんと自分の目で見るまでは深く追究すまい(ネタバレ避け)と思っちゃいるんですが、いやそれにしてもルネの声が(以下略(笑))。
アニメ版、教団長(の影武者?)がジュリアスとリュミエールを合わせたような感じ?(笑)なので、ゲーム版の教団長の爪!な武具姿が拝めない。結構あれ、お気に入りなのに。

▼アニメと言えば
同じく『図書館戦争』と『絶対可憐チルドレン』は継続して観ています。
『図書館』は、やっぱり絵のレベルが高い。この後の『西洋骨董洋菓子店』のレベルがどれぐらいなのか心配になるぐらい(それよりもっと心配なのは、その後の『のだめ』巴里編ですが(^_^;))。んーあえて気に入らないところを挙げるとすれば、郁の声、シリアスモードでは良いんですが、叫び散らすところはかなりうるさい。まあこれは原作でもそういうキャラだから仕方ないっか(笑)。ご多分にもれず私も柴崎スキーですから(^_^;
『絶チル』は、原作から微妙にニュアンスが外れてきたのでは?オヤジ趣味全開の薫だけど、本当は繊細だし、原作ではちゃんとオチャラケしつつもそのあたりは丁寧に描かれています……いや、実はそれが過ぎて、ちょっと鬱陶しいときもあったんですが(もっとカラッとした明るい展開を読ませてくれよ、とか(笑))、まあアニメ化ということでか、あまり複雑な描写ができないかもしれないので……とか言ってたら、今週はようやっとシリアス展開になってきましたね。「普通の人々」とは言い得て妙だ。我々は「普通」の人々だから、エスパーというモンスターを排除する、なんて恐いネタですよね。「ただの」主婦や魚屋さんが武器を手にエスパーだからとまだ小学生の子どもを容赦なく叩き、殺そうとする−−エスパーという言葉を他に入れ替えても残念ながら通ってしまいそう。
それにしても、原作でも出てる予知能力エスパーとしては特務機関バベルでもピカいちの伊−九号中尉ネタはあるんだろうか……身を挺して庇う皆本あたりはお気にエピなんですけど(笑)。ていうか、この作品の根幹たるシーンが初めてしっかりと出てくるところなので必須だと思うんですが。ん〜どこまでアニメ放送域でやるつもりかなぁ。
[PR]
by gyohm | 2008-05-18 21:13 | よもやま