∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

6月21日のよもやま

土砂降りの雨の続く梅雨時。
どうしようかなーと思いつつ、最終日が明日22日に迫ったアンカー展(美術館「えき」KYOTO)へ、エイヤ!と行くことに。
地下鉄京都駅から会場のあるJR京都駅中の伊勢丹へ移動する途中、近鉄京都駅の改札前を横目で眺めつつ「異界への入口……」と呟いた鹿男バカ(漢字で書けない(笑))を許してください。
ああ、奈良へ行きたい(京都で言うな)。

で、展覧会へ行く前に腹ごしらえ、と立ち寄った、ちょっとカコイイ、イタ飯のお店。
飲み物のメニューの中に「サングリア」の文字を見ると注文したくなるクセは相変わらずですが……オイラ、前菜が来て、パンまで持ってこられてから食前酒を出されるのはでぇっキライなんだ!いいからとっとと酒持ってこい!!!……なんて何故か江戸っ子弁?(笑)で捲し立てたくなる気分でかなり萎えました。でも給仕のお兄ちゃんの笑顔が良かったので(おい)少し持ち直したんですが(料理はフツーだった。追加で注文したワインは安くて美味かった。量も多かったし(それか))、支払い時、レシートにミートソース?の小さな塊がぺっとりついてる(私はこれがつくようなソースの料理は注文しとりません)ところで、とどめ萎え。もう行けへん(何故最後は関西弁)。

ところで京都駅ビルには「KYOTO手塚治虫ワールド」というのがあって、手塚治虫全集400冊読み放題らしいんですのよ。ならば当然『MW』もあるだろうて……いや、帯に玉木くんが登場するのを期待して、ネットコミック読みだけして紙本自体は買うのを控えてるんですが(笑)。
ちなみに来週末は宝塚へ歌劇を観に行くので、今度こそ手塚治虫記念館へ久しぶりに行く予定。MWネタが何か出てるといいなぁ。

▼アンカー展
『芸術新潮』で小特集を組まれていた(2007年2月号)のをきっかけに知った画家。はぁぁぁ?って唸りたくなるほど写実的なのに、息づかいや暖かみの感じられるという、一見相容れないような組合せが成り立つ不思議な画家さんです。絵を母に見せたところ「まあ可愛いねー写真みたいやねー」と奇しくものたもうた、まさにそのとおりの作品群です。
ただ、会場に入った瞬間、私にしては珍しく……こんなことを思ってしまった。
「たいくつ」
何か、モチーフがあまりにもみな同じような人々の日常を描いたものだったので、すこ、とその感想に行き着いてしまって、そうなったとたん、いまいち楽しめなくなってしまいました。また、綺麗過ぎるというのもあるかなぁ。そのうえ、最も楽しみにしていた静物画群が4点しかなかったのも不満点のひとつです。
とはいえ、良かったと思うものももちろんあります。自分のお子ちゃんたちの絵はもう、こちらが思わず微笑みたくなるほどの愛らしさ−−亡くなった子の遺体ですらも。それと、油彩よりむしろ水彩で描かれたおじいちゃんたちの少々デフォルメされた表情に味があって、もっぱらそちらをしばし眺めて愛でておりました。
それにしても……最近めっきり図録というものを買わなくなりました。もう本棚に入りきらない(図録はデカい重い太いのメタボのような(違)嵩張るものですから)のもあるけれど、ヒネリがなさすぎるというか、観ててあまり楽しくない。しかも当然ながら美しくない(^_^;印刷……なのかなぁ。のっぺり塗りつぶされたみたいな感じは。でも同じ印刷でも、『芸術新潮』の小特集の方がよっぽど発色が良くて見応えがありました。
そういえば、展示リストの配布もなかったなぁ。図録を買えばいいんでしょうけど(というか買え、ってことなんでしょうけど)。これはちと残念でしたね。
……とまあ、何だかイマイチそうに言ってますけど、とても安心して眺められる素朴で美しい作品群です。前述どおり明日22日が最終日!行けそうな方はぜひ!

#展覧会の絵については京都展はもとより、Bunkamuraのものもイマイチ掲載されていないので、こちらの記事で。
→故郷スイスの村のぬくもり アンカー展


▼ネオアンジェリーク4巻(梶山ミカ・ルビーパーティー・由羅カイリ/角川書店)
ようやっと買いました−−もうすぐ5巻が出るぐらいじゃない?(笑)
で、内容はぼちぼち私の苦手な……というか、ネオロマなんだからある意味仕方ないアンジェリークへの男性陣の恋愛ネタ系になってまいりました。あーこっちも、『アンジェリーク』同様、同い年あたりのお相手(あちらはランディ、こちらはレイン)とくっつきかけて女王を選ぶってパターンかぁ?でも意外とヒュウガが積極的なのでビックリしとりました。
ところで、巻末にヨルゴの素敵イラストがあったので嬉しゅうございました。
でも……そんなにお気に入りだっけ?(笑)
[PR]
by gyohm | 2008-06-21 23:14 | よもやま