∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0

2.0と言っても、もともとのストーリー自体が変わるものではないので、主には変わったあたりのことを。

全体に、何となくオレンジ色に覆われたような感じがあって−−これはとくに、OPの、例の字が縦に流れ落ちる演出−−『マトリックス』で使われた箇所−−が緑ではなく、オレンジ色の、異なる演出に変わっていたことが大きく起因するかな。シナプス(でいいのかな(^_^;))が猛烈な速さで編まれてつながり、スタッフロールの文字を形成する演出は、なんつーか、心地よい。これはどうも『イノセンス』を結局13回観に行ったことにもつながるけれど、何が良かったとかイマイチだったとか言う前に、感覚として心地よいからまた観たいと思うんですよね。『攻殻機動隊』も『イノセンス』も、OPを観るのがとても心地いい。何か一種ドーピングしちゃってる感じ(アヤしい(笑))。まあそんな感覚的なことはともかく、オレンジ系の色合いが、より、連作である『イノセンス』とのつながりを感じさせます。最初の「謡」の歌詞(「遠神笑賜」がラストに入っているので、「謡III」と思われ)が美しい筆跡で表示されます。これは以前の回にはないもので、『イノセンス』での「生死去来 棚頭傀儡 一線断時 落落磊磊」を彷彿とさせます(私はこれ、「らくらくらいらい」としか覚えてないけどねー(笑)「せいしのきょらいするは ほうとうのかいらいたり いっせんたゆるとき らくらくらいらい」)

さて、例の光学迷彩演出、ビルから飛び降りて、こちらに、瞬きしない素子の瞳が向けられるシーンは、正直3DCGじゃない方が良かった。あの「機械ですー」な目がすごく好きだったので。バリバリ3DのCGとアニメ絵とのギャップの大きさは、比較的見慣れた私でも多少違和感がありましたから、映画が終わった後、私の前でカップルの♂さんが「すげーギャップ!」と言ってましたから、私含め、大方はそう観たでしょうよ。もっとも、この♂さん、♀さんから「寝てたでしょ」と指摘を受け、「(前回分と合わせて)2回目だからもうわかってるしー。OPしか変わってないやん」とのたもうたのには苦笑しました。おいおいおい……いっぱい変わってましたがな……それにそういうCG云々以上の大きな変更が−−「人形使い」の声が。

大好き家弓家正さんから、こちらはこちらで大好きな榊原良子さんへ変わったこと、実はそれほど危惧はしていなかったのですが、案の定、より謎めいた存在というか、性別を超えた存在になっていて、これはこれで……いや、この方が良かったと思います。家弓さんだと、まっこと男性声なので、バトーからすれば素子が寝取られた(ぬぉい!)体がありますが、榊原さんだと、バリ女性声というより中性に近い女性?な感じ。パンフで押井監督は「(バトーは)女に寝取られたらガマンできないんじゃないか、ムカつき度が違うはずだ」と言ってますが、私はちょいと違ったなぁ……より融合の度合いが強まった気がするというか……ああそれを下世話な表現(笑)で言えば「寝取られ」になっちゃうかな。あ、悪い意味で言ってませんので念のため(^^)。ちなみに私は、榊原さんの「私のネットを見くびらないでほしいな」(ううセリフ覚えてねーよ(^_^;)みたいなことを言う声にウットリしとりましたよ。そりゃ押井監督が重宝するはずだと思う、ホントに。
そしてED曲の「遠神笑賜」のフレーズあたり、感動してさぶいぼ出てました(^_^;←いい意味ですってば

やっぱり押井監督の映画こそ、映画館(しかも大画面、より良い音響)の醍醐味を感じられる作品だと思います。今回、なんばパークスシネマにて初日の12日に2回観ましたが、ラッキーなことにホールが異なってまして、初回が400人規模のシアター7、それ以降は200人規模のシアター4でした。ケータイでチケ予約をしたので、その時点ではシアターの規模がわからず、とりあえず1回目は一番後ろではない後ろ(笑)、2回目は一番後ろを取ってみたところ、うーん、たいていの映画は一番後ろの方が気楽なんですが、この押井監督の映画については、多少後ろにも間が空いてるほうが、より音を楽しめます。『スカイ・クロラ』予告で出てくるオルゴールの音が素晴らしい。ナンデスカ、ソノ音!!!みたいな(^_^;だからこそED曲での「遠神笑賜」の声も素晴らしく、作品の展開含め、あの歌詞が響いた気がします。映像と音ともども満喫できて幸せでした。ビバ6.1ch!。12月にはブルーレイとDVDが出るそうです。ハイハイ、ブルーレイ買いますとも……そりゃ映画館に勝るものはないけど(^_^;

ところで、見終わった後、ああ『イノセンス』も観たくなっちゃったなーと思っていたららら。『イノセンス』も映画館上映があるようです。さてさて、関西でもやってくれるかなぁ。どっかでアイマックス級の画面で上映してくれな(ぼかっ☆)

→「イノセンス」アイマックスシアター版公開
……上映当時、狂ったよーに通って9回観ました…(^_^;楽しかった…でも今はもうない(ていうか、あっても行けない(^_^;))

あ、でも天保山にあるサントリー美術館のアイマックスシアターがあ(ぼかっ☆☆)

★パンフレット、1500円です。
あら、ちょっとお高いわっ(笑)。でも、13年前の当時のものと、現在のものとを一緒に仕込んであるので、私は楽しみましたよ。
[PR]
by gyohm | 2008-07-16 03:10 | 映画