∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

7月20日までのよもやま

……ってタイトルに書いたけど、よもやまがわんさか溜まりすぎてて、もう何だか覚えてないっす(^_^;暑いし眠いし鹿男DVDは面白すぎるし(おい)。

とりあえずメモ代わりに箇条書き
(箇条書きになってねーよ(^_^;))

▼鹿男DVD状況報告
特典映像DVDは2回観ました。コメンタリーは10話2回と9話1回。でもまた観たい聴きたい。MCとにかく上手い山ちゃん鹿、サンカクを投げたせいで30年以上やってるアタックチャンスができなかったリチャード(!)、若草山のキスシーンでエラい目に遭っちゃった?小川先生3人のコメンタリーだけで、すでにおもろうてたまりません。
あまりにも大量のハッピー特典にあっぷあっぷ気味ですが、いくら何でも8月8日に出るKIDSタケタケオ版ちゃう「光」版が出るまでには間に合うでしょう…たぶん。

▼ネオアン見逃した
綺麗サッパリ忘れてました……(^_^;ゲーム時のシナリオからは、とっくに離れている展開だけど、どうなるのかとりあえず見守りたかったのに。でもまあ来週は気をつけよう。

▼図書館戦争アニメ版
最終回には参った。終わり良ければ全てよしというわけにはいかなかったみたい。
郁のあんな演説は聴きたくなかったし、堂上のあの復活の仕方!!いやもう勘弁してほしい。最終回前までがあまりにも良かっただけに、ものすごーく残念。
この鬱屈は、来月に出る『別冊 図書館戦争II』で晴らしてもらうぜ!……え、砂吐くだけ?(笑)

▼西洋骨董洋菓子店アニメ版
……えっと、この次ってのだめ巴里編だっけ(終わり)。

▼絶チルは好調
アニメ版も原作も(原作はついに中学生編に突入だそうで……長い展開になりそうですね、こりゃ)。今日のアニメ版も無駄に細かい描写で笑わせてもらいました。

▼ドカ買い・ジョシュ・グローバンその後
一番新しい、ライブDVD付きCD「AWAKE」……いやもうDVDの方がメイン過ぎなんですが(笑)ライブのあまりの素晴らしさに、まだ他のCDやDVDに全然手をつけられないでいます。そのうえ鹿男が来ちゃったんで(^_^; いまだiTunesにも入れてない。あぅ。

▼ようやっとゴダイゴ
11月22日なんて素敵な土曜日夕方のライブ設定ありがとー。行けます。行きます(^^)。
(でも富士急ハイランドとラジオ体操は無理)
新アルバム出さないのかなぁ。「威風堂々」はまだおあずけかな。

▼雷撃深度一九・五(池上司/文春文庫)
玉木くん主演の来年上映予定の映画『真夏のオリオン』原作。読了して、ときどき読み返しています。戦闘シーンや、潜水艦の中の描写あたりはとっても楽しめます。ただ、あの妙に意味ありげに人物を登場させたわりにちょいと書き捨て?なところもあるので、そこらへんが残念。こう言っちゃナニですが、倉本艦長(玉木くんの役柄)すらもそう。主人公然として登場するわりに、途中からもう完全に別の人にシフトされてしまって、誰の視線で読者がシンパシー感じたらいいのかわからなくなってしまいます。
映画化で、このあたりが良いように変わっているといいな。

▼タブロウ・ゲート 2巻(鈴木理華/秋田書店)
連載も読んでいるので、魔術師エピのラストは拝めており安心して読了。
(ていうか角川版からわかってるけど(笑))
巻末に例の正義と審判の二人組が出てきて嬉しゅうございました。あの二人が飛ぶ絵はもっと楽しみなんですけど(^^)。

▼読売新聞CM
シンクロナイズドスイミングに密着(過ぎる)取材をする記者の記事に感心する玉木くんという展開。いや……だから、シンクロは玉木くんにやらせたらいいぢゃ〜ん。彼はウォーターボーイズの一員だっつーのに……もったいない!(笑)

▼今月号のサライ(小学館)
坂本龍馬特集なので買いました(笑)。日本史専攻だったくせに、あのあたりの歴史に疎いというか、好きになれなくて避けてた私にとっては適度に良い予習ができそうです。ゆかりの地の料理も美味そうだし(そっちか!)

▼小さな声で(笑)
【八月】サイト、久しぶりに更新作業に入りました。
(久しぶり過ぎてやり方忘れてる(^_^;))
アップ自体は8/16の予定です。
[PR]
by gyohm | 2008-07-21 01:43 | よもやま