∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

9月15日までの趣味の(!)よもやま

▼14日:アンジェ金八
d0063216_135586.jpg

改めて、14日のネオロマオンリーへ参加された方、お疲れ様でした。またDHのスペースに来てくださった方、どうもありがとうございます。
で。
この日、実は私、ささやかに(^_^;ツイていた(笑)。
東京へ行くときはだいたいANA愛用者なのですが、この日に限っては、何故か行きはJALで(ちょうど良い時間のものがANAにはなかった)、帰りはANAを予約していたところへ、東京のスカピン公演へ行けることになり、門限の早い伊丹空港への最終便では間に合わないことがわかったので、キャンセルして新幹線で帰ることにしたわけです……これが功を奏した。ANAのシステム不具合による大量の欠航便発生の被害に遭わずに済んだわけです。これ知ったの、新幹線の中、駅弁をかきこんでる(^_^;時でした。言われてみれば、イベント時に羽田空港で足止め食ってる人がいるとかいう話を聞いていたんですが、ここまで酷い状況だとは知りませんでした。
……とか言うトラップ(^_^;をくぐり抜けながらも、相変わらずのサークル入場混乱トラブルもありつつ(エレベーターホール前で待たされること……私は10分程度で済みましたが、結局入れたのは入場開始の9:30から30分はゆうに経った10時過ぎでした)、なんとかイベントはスタート。
それにしてもネオロマオンリー大盛況!(笑)ネオアンのアニメ化か、やっぱ遥かの人気っぷりか、元気コルダか……無印アンジェリーカー的にはまあフツーにやってます、ハイ(笑)。
そうそう。久しぶりに、DHは二人とも新刊を出せてなによりでして、手に取ってもらって嬉しゅうございました。でも中に後編まだですよね、そのときまとめて買いますという方もいらして……ええ、おいらがまさにそれだ!と思っておりましたよ(爆)おいらなら暴れるね、あの中編のラスト!(おい)後編、なるべく早く読んでいただけるよう(私も早く書きたい)がんばります。
だからえーっと……なるたけ穏やかな(!)感想を、ちょこっとでもいただけると幸いです、ハイ。
写真は引き続きお隣サークル【握り飯】さまのジュリ人形。胸に抱いてるのは、金髪・ツリ目あたりが似てる(!!!)クラウザー閣下。今回、ジュリが黒服なのでますます似てる(爆)。
(でもおいらはデトロイトなんちゃらをほとんど知らない(笑))



以下はダラダラとイロイロ。

▼14日:スカピン東京公演(東京宝塚劇場・15:30〜)
前もって書いていたように、『スカピン』こと宝塚歌劇星組『スカーレット・ピンパーネル』の東京公演へ行けることになったので、久しぶりに日比谷へ。
座席はA席で2階中程より少し後ろ。奈落やせり上がりの後ろ側が見えたりして、これはこれでなかなか楽しゅうございました。さすがに奈落の底までは見えなかったけど(これが見える楽しみを教えてくれたのはウチの母でしたが(笑))。
宝塚での公演を入れると、おいらこれでスカピンは4回目(^_^;っすが、ご一緒した抄堂さんはタカラヅカ自体が2度目?だよね。この公演はきっと喜んでもらえるんじゃないかなーと思っていたらドンピシャ(ぷぷぷ)。前半終わったあたりですでに「良かった」連発で、お誘いした甲斐がありました。
この日のオシャレな衣装ネタ(^_^;は赤いフリルのブラウスを腰のあたりで裾を結んで……とエドはるみ。「結構!」とショーブランが突っぱねると、「けっコーーー!」ときっちりお約束ギャグを入れるところがおさすがです(笑)<パーシー 他の場面でも「グググッ!」とか上手く混ぜてましたねーお笑い方面(違)でもホント、安蘭けいさんには感心させられますが、もちろん本職(おいおい)の歌も相変わらず素晴らしい。もうα波が出てるんじゃないかって思うぐらい(^_^;気持ちいい。
ちなみにマルグリットの蹴りシーン(笑)ではここだけバリ関西弁で「恐いわぁ」でした。ウケた。
ところでこの日、実はちょっとヒヤッとさせられることが。
ラストのフィナーレ前のトップふたりのダンス。私はオペラグラスでガン見(^_^;してたんですが、安蘭さんが思い切り遠野あすかさんのドレスを踏んづけたところで「ヤバい!」と思った瞬間にはもう安蘭さんが転んでいました。でも二人とも、何事もなかったようにサッとダンスを続けていて、すごいなぁとこれはこれで感心。もしもあのまま踏ん張っていたら、今度は遠野さんの方がコケてたか、あるいはドレスが破れたかというところ。安蘭さん、怪我はなかったかなぁと心配でしたが、あれぐらい綺麗に転んだ方がむしろ被害は少なくて良かったかも、と思いました。でもやっぱりビックリした…(x_x;
帰りは、歌のCDを買って帰りました。パンフ、やっぱり宝塚のと東京のとでは少しずつ写真が違ったみたい。買えば良かったなぁ(^_^;

▼14日:絶対可憐チルドレン
澪が登場する回、実は皆本のバイクシーンが超・楽しみだったんですが、アッサリ描写でちょっと残念。
それにしても皆本と賢木ってば、何だかサクラ大戦の大神と加山を彷彿とさせて……イイですよ、ワタシ的に(腐傾向まではいきませんがね、でもその一歩手前がイイ!(ハイハイ))。

▼14日:篤姫の予告編(爆)
ハイビジョンで予約録画したらば、ちょうど玉木龍馬の出てるところで「21日は17:00から」テロップ出たーーー!ムキーッ!貴重な「ハイ!」ってセリフが初めて入ったのに(この前は花背負っての登場シーンのみ)。こんな日に限って、おいら、新幹線の中で、総合テレビ版やBS2版で録画再挑戦がデキねーよ(^_^;うーん、今週土曜日の再放送を狙わねば。

▼14日:世界ウルルン滞在記・最終回
2002年、エチオピア。玉木くんが出るときは、いつも真っ裸でモザイクちゃうぼかし入り(^_^;ついでに頭も丸刈り〜(笑)
そんな貴重なシーン満載(^_^;のDVDも出ます。おいらスカッと予約済(爆)。

▼15日:春野寿美礼・ファーストコンサートMY HEART(梅田芸術劇場)
さてと。
花組トップスター時代は、行けそうな公演は積極的とまでは言えないまでも私なりに努力(^_^;して行っていた(すごく数は少ないけど)春野さんの、退団後初めてのコンサートです。歌が上手い人は好きだー春野さんはとくに上手くてお気に入りです。
実際、今日も本当に上手かった。声量もあり音域も実に広くて良かった。それは良かったけど……実は私、萎えてました。
私は春野さんの歌を聴きに行ったのであって、途中からとはいえ、ダンスチームのダンスや、コーラス組の歌だけのシーンを観に来たわけじゃない。そうやって終わってしまうのが2曲もあったことが残念でした。今回、休憩時間も設けられていなかったのでステージ中の衣装替えは仕方ない。女性としての歌やダンス、宝塚の歌で綴るところ、ちょっと男役っぽいダンスというように分けて演出されていたから、何度か衣装替えは必要だったとは思うけど、それでも、曲の途中で主役が抜けて帰ってこないという演出はいかがなものかと思う。それならいっそ最初から1曲や1シーンは渡しておいて出てきてくれる方がむしろメリハリがあっていい。ただ……ダンスチーム自体に文句はないけれど、毛色が違いすぎると思う。オケだけの演奏でも良かったのではと思いますが。
そして何よりは、洋楽系でかためていて英語で歌ってたんですけど……これはちょっと何とかした方がいい。英語の歌がカタカナ歌になって曲に馴染んでなくて、それが気になってしまい、せっかくの素敵な歌声に魅力が感じられない。そりゃあ私もゴダイゴの歌はカタカナ歌だけど((^_^;私と比べるな)それにしてもなんつーかもったいなさすぎる……日本語になったとたん、実に情感がこもっていて素晴らしかっただけに。
宝塚時代のものは文句なしっつーか文句の言い様もないつーか、もう本当に素晴らしかった(どれも初めて聴く曲ばかりでしたが)。素敵で拍手しまくり。こっそり、知ってる「ロザリオの祈り」(『落陽のパレルモ』より)を期待してたんですが、まあありませんわな〜(^_^;でも聴きたかったなー。
そして。
ラストあたりで観客席のあちこちからペンライトが登場し、一端収まっていた私の萎え度は一気に加速しちゃったワケですが(^_^;←この手のペンライトが超・苦手
もう最後はファンクラブの集いのような感じで、まあこれは仕方ないんだろうなぁと思いました。最後までイマイチ波に乗れなくて、私としても不完全燃焼っす。思えば、女性ひとりのコンサートというものに私が行ったのって……外国人ばかりでした(^_^;サラ・ヴォーン、アストラッド・ジルベルト、ミルバ、ガル・コスタ……あえて言えば……美輪明宏さん(!)が2回。DVDでならもうバリバリ越路吹雪さんで堪能してるんですが、生で日本での女性ピンのコンサートは春野さんが初めてだったんだーそっかぁ……(^_^;
配布されていたチラシの中にあった、ミュージカル『マルグリット』は楽しみにしていて観に行きたいと思っています。うーん、これもまた、チケット取るの大変だろうなぁ(^_^;;;;;

▼明日から
玉木ネタ雑誌類掲載スタート(^_^;(あ、TV Japan 買いますた(笑))
龍馬ネタでの掲載が増えそうっすね。
18日には絶チル新刊が出るし、20日はスカピンDVD!家でも堪能できます!オシャレな衣装あたり、どのセリフが出てくるか楽しみです(ソレか!)。
[PR]
by gyohm | 2008-09-16 01:05 | よもやま