∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

9月25日までの雑誌ネタ2つ

▼anan 1628号(マガジンハウス)
毎度おなじみ「好きな男・嫌いな男」ランキング本ですが、玉木くんが出てるとのことで買いました。
ヒゲ面は先日のJUNONと同じ頃に撮影したって感じですかね。以前はヒゲ面って根本的に×でしたが、どうも映画『KIDS』のタケタケオ(違)以来、玉木くんについては全然おっけーになっちまいました。先日にも書いたとおり、Voi(マルイの通販誌)のヒゲ面も良かったですし、ちょっと流れは異なりますが織田信長役のときのヒゲもよくはまってたと思うし。
見開き2ページで、右は青系柄紋シャツ&パンツにいかつい黒ベルト合わせていて(腰細っ)、一応ネクタイもしてたりする。こんなん道ばたで見たらビックリ!ですわ(笑)でも玉木くんがやってるとそんなもんかと思うから不思議です。ザ・ゲーノージン!ですかねー(笑)左ページは顔アップで服装はあまり見えませんが、ベージュのジャケ着て、すっかりオトナ顔です。
インタビューネタはほとんどJUNONと重なっていますが、『世界遺産』と『世界の車窓から』愛好者だそうで、マチュピチュへ行きたいは前々から出てますが、今回はモン・サン・ミシェルが出てきましたよ、千秋役的にはマズい発言(爆)ですが、ここは私も行きたい場所のひとつなので、いつか楽しく行ってきてもらいたいものだと思いました。
ていうか、『世界遺産』のナレーションやってもらいたいぐらいですががが。玉木声のナレ入りだったら、あの、放映時間が変わってしまってすっかり見づらくなった『世界遺産』、間違いなく毎週録画してはぶっちゃけ関心のない場所であっても音声だけでリピしまくりますが(いやマジで)。それはともかく、あの番組、日曜夜中に戻してほしい。夕方6時にあんなマッタリ番組もったいないっすよ!
……あ、話が横に逸れた(^_^;だってアンアンなんて昔からおよそ買わない雑誌だし(ほとんど美容系広告ページばっかりだよね!)、ランキング見てもはあそうですか、ですもん。でもまあせっかく買ったので眺めてみる。へーほーはーふーんで終わりかけたところで手が止まったのは、カレセン(枯れ専)の二人。オヒョイさん(藤村俊二)と……リチャード!(児玉清)。まあこれはこれで、エエんじゃないの?(笑)

▼芸術新潮10月号/特集・没後10周年 須賀敦子が愛したもの(新潮社)
私がこの人を知ったのは、BS朝日で放映されていた特番からですが、何冊か本を買ってその硬質な文章に惹かれ、元来のイタリア好きも手伝って、彼女の描くイタリア絡みのエッセイを読むのが楽しみとなりました。この人と塩野七生さんは、まあそんなにかぶりついて大好き!!というほどではないにしろ、名前が出てるとなんとなく気になる人たちですよ。
で、この特集では、もちろんほとんど須賀敦子さんのたどったイタリアの光景や物事を映し出しているわけですが(カラヴァッジョの絵のこととかも出ていて興味深い)、生まれ育った日本の、それも宝塚や夙川あたりも出ています。懐かしい夙川の教会!大学時代にはよくこのあたりへも出かけていたので、ますます親しみが(笑)。
さて、今号は他にもお楽しみがありまして。
これまたイタリアの、こちらはハンドメイド宝石店のオーナーでありデザイナーであるカッツァニーガの作品群が紹介されています……んもう、むちゃくちゃ好みなんですが(爆)。とくに「地中海」と名付けられたサンゴのネックレスとリング、イヤリングのセット!私、実はサンゴのアクセサリーがものすご好きなんです。あのころんとした赤い色を見るとへばりついて見てしまうんです(^_^;だからこれはぜひ生で見てみたい。ページをめくっていくと、「100万年後の月」と名付けられたシリーズの復刻展をやるそうで、もしかしたらこの催しの頃、出張で東京に行ってるかもしれない……調べてみると乃木坂駅すぐのところ、ふふふ…行けちゃうなぁ行っちゃうなぁでも結局仕事のみの日帰りで帰ることになっちゃうかなぁ(^_^;
ところで、この芸術新潮の次号、なななんと手塚治虫特集!キターーー!11/3お誕生日おめでとーの生誕80周年記念! 映画『MW』のことも出してくれ!(淡く期待)
[PR]
by gyohm | 2008-09-25 23:12 | よもやま