∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

篤姫44話「龍馬死すとも」

※ちょこちょこ後から追加してます。
 思い出してふと書き込んだりしてるんで(^_^;

通しでBS-hi、総合と2回、録画で玉木龍馬シーンのみを2回リピしまして……(笑)。
観た感想としては「もったいない」と「がんばった」でした。



「もったいない」は、やはりもっと玉木龍馬を観ていたかったというのがあります。風のような人、と二度ほどドラマ中で登場人物に言わせているように、確かに風のように過ぎ去ってしまいましたよ……実に呆気なく。
いや、暗殺シーンはこってりしてるよりむしろ呆気ない方がいいというのは私個人の持論でもあるので、あれはあれで良いと思いますが(だからおいらはタカラヅカのアンドレの死に方はいかがなものかとあの橋のシーンを観る度思うのですよ……って横道それ太(笑))、船の中で考えた大政奉還絡みのこととか、今後の政に携わる人々のこととか……それに脱藩したはずの土佐藩とのやりとりとかをもっともっと……などと言ってみてもキリがないのですが。
まあやはり、このドラマにおける坂本龍馬は、大奥ではなかなか表しきれない「時代の流れ」とやらを、やがて篤姫最後の見せ場となるであろう無血開城に至る過程を描くためのつなぎであり、説明要員のひとりという役割だったと思います。
それでも、帯刀とのやりとりは楽しかったし(これを言えば、いったい何故こんなにも仲良くなったんだ?というツッコミもありますが)、何と言ってもお龍さんとの絡みは面白かったし良い感じでした。もっと二人揃ってるところを観たかった。

「がんばった!」は二つありまして。
もちろん一つは、玉木龍馬に対して。あの短くブツ切りなシーンでありながら妙に重要なエピだけがやたら詰め込まれた中で、よくがんばって演じたなぁと感心したし、とても魅力的な人物でした。にっこり顔と襲撃してきた相手を見据える眼力の強さの両方を、実にメリハリをよく効かせて演じたと思います。「笑い」は今回の龍馬のいわばテーマのようなものだったとは玉木くんもインタビューで答えていますが、まさにそう。
神無月も終わっちゃったよ、先生!……って、小川先生と同じ人???とツッコミ入れたくなるほどいろんな表情を見せてくれました。
もう一つの「がんばった」は「もったいない」でも書いたことに付随しますが……ドラマのスタッフに。よくもまあこれだけいろんなエピの連なった歴史の流れを、実にコンパクトにまとめてつなげたなぁというところ−−それが良いのか悪いのかというジャッジはともかく……勝先生に解説よろしく龍馬について語らせたあたりからして、ぶっちゃけ、かなりの力業だとは思うけど(^_^;
それでも「龍馬死すとも」のタイトルならではのつなげ方で、この、江戸〜明治への時代あたりの小説や時代劇、映画等を今までずっと避けて通ってきた私にも、何となくではあっても興味を抱かせ、流れを感じ取ることができたことに変わりはありません。
これも何かの縁、最終回まではたぶん見続けることでしょう。

***

事切れる前の涙一筋は、無念さ故のことかな?それとも痛みからくること?
お龍、と呼びかけておいて、「ちぃっとばかり寒い」と呟いて息絶えるなんて面白い(面白いなんて言ってすみません(^_^;))。
愛してるとか日本がどーのこーのじゃなく、この期に及んで日常的にやりとりしてるみたいな「ちょっと寒い」で終わるのが返って良かったと思うわけです。

虚空を掴もうとする様は、まさに玉木くんの本領発揮というところかと。
指長い、掌でかい(^_^;でも私、それが力尽きてパタリと畳に落ちたあたりが好みで(おい)。本当に脱力したのがよくわかる。

転がったとき、刀で斬られたことより、床の間?で肘を思い切りぶつけたんじゃないかって思えるほどの音の方が痛かった気が(ばき☆)。でもあれ、ぶつけてるよね?(ばきばき☆)違う?

帯刀とのツーショットは、やはり『のだめ』を彷彿とさせる人が多いかもしれないと思いつつ……私にとっては妙にもう遠い昔のような感じで、そう言えば、と思い出すような感覚です。千秋より小川先生の方が、キャラとして印象が強いせいがあるからかもしれない。もちろん最初に千秋ありきでファンになったわけですが(笑)。
帯刀演じる瑛太くんにしても然り。何だかあれから遠くまではるばるとやってきたね……って気がしますよ。

***

それにしても。
BS-hiの放送では、予告に次回の時間変更のテロップが入り、思わず悪態をついていたものの(^_^;、ああもう予告の録画にそれほど気合いをいれなくてもいいんだ〜と思い返して寂しくなりました−−来週からは、せめて「坂本龍馬(回想)」なんてのがOPのクレジットに登場したりすることもあるのかな、などと思いつつ。

しかし……もう玉木龍馬は見納めだなんて、返す返すも残念です。
時代劇、絶対よく合ってると思う。
不完全燃焼起こしてるんで(笑)この日記をupしたら、久しぶりに『敵は本能寺にあり』を観ますぜ(どういうグレ方(^_^;))。このドラマでは、玉木くんは織田信長役だったわけですが、そう言えばこちらもまた別の脚本や演出で玉木信長を観てみたかったんだ……不完全燃焼×2になっちゃうか?(^_^;
[PR]
by gyohm | 2008-11-02 23:39 | ドラマ