∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

GODIEGO CONCERT 2008

d0063216_0235293.jpg

東京に10年住んでいたわりに、お初のCCレモンホール(旧・渋谷公会堂…てか(渋谷))。

感想は後ほど書きますが、ひとことだけ。
タケ版「雨はナイフのようさ」「赤い狩人」(映画「キタキツネ物語」より)はほんとに良かった!

*** 11/24 更新 ***

11月22日(土)、「GODIEGO CONCERT 2008」へ行ってきました。
ゴダ友さんに先行販売でチケ取りしていただいたおかげで前から4列目!すばらしい!ありがとうございました。

このコンサートの前も、そしてその後も、ゴダイゴはちっとも関西に来てくれないとぶーたれておりましたが、後の宴会時(笑)に語り合ってなるほどと気づいたことは、大阪にはこの手のロックコンサートをやる場所がないってことでした。西宮の兵庫県立芸術文化センターへ来てくれないかなぁ、おいら、すっごくラクチンに行けるんだけど。
で、ぶーたれ追加で3月の、いつの間にやら「新創世紀シリーズ」になってた(^_^;コンサート(東京芸術劇場)も、とうとう2009年は平日(3/24)となってしまいました。火曜日。行けねぇよorz。よっぽど「In You 〜勧進帳」か「威風堂々」かやらない限り、行けねぇよぅ(やったら行くのか?行けるのか???(^_^;)。

……とまあそんなわけで、来年11月もどうやらこのCCレモンホールでコンサートができるよう(主催者さんから話があったそうです)なので、土曜日開催を死守してくれることを祈ってます。日曜でもガマンするけど……できるだけ休みがあるところでぜひ(^_^;

ぶーたれから始まりましたが(^_^;、コンサート自体はとっても良くて楽しゅうございました。文句たれるとしたら、曲数が少ねぇよ!ぐらいですが、内容自体はかなり濃かったのでヨシとしましょう。会場のCCレモンホールも座りやすく見やすかったし、1階席はもちろんのこと2階席もほとんど埋まっていて活況なのは、ファンとしても嬉しいことです。

セットリストは以下のとおり(宴会時にゴダ友さん方に聞きながらメモった(笑))。



01:Only Silence
02:Truely Me
03:What More Can I Say
04:Love You Till The Day I Die(vocal:トミー)
--- 映画『キタキツネ物語』より---
05:雨はナイフのようさ
06:白い翼
07:ビッグ・アドベンチャー
08:赤い狩人
--- CMソングより ---
09:Sprinter Liftback
10:What Did You Do For Tomorrow
--- 「あの頃」…というか、ドラマ『男たちの旅路』からって言った方が良い?(笑)
11:Somewhere Along The Way
--- 西遊記より ---
12:Thank You , Baby
13:イントロ(The Birth...ではない)〜Monkey Magic
14:ガンダーラ
----------
以下、アンコール1。

15:Holy and Bright
16:銀河鉄道999
----------
以下、アンコール2。

17:ビューティフルネーム(歌合戦付き(^_^;))
〜カーテンコールもどきがあって…もう1曲!〜

18:君は恋のチェリー
----------

ビックリしたというか笑った(^_^;のがオープニング。
まさかの「Only Silence」。ごっついマイナーやろ……とファンの風上にも置けないというかファンだから言えるっつーか(^_^;ゴダイゴの中でも『FLOWER』は私の大好きなアルバムの上位に上げられますが、いかんせん……マイナーだった。それが、「Truely Me」を間に入れて次の「What More Can I Say」まで来ちゃうとは!
タケが「Only Silence やって喜んでもらえるのは嬉しい」みたいなことを言ってたけど、そりゃあコアなファンはわかるでしょうし、おいらたちだって嬉しいっすよ。滅多にライブで聴ける曲じゃないもん。
ちなみに「What More Can I Say」を聴くと私は、ジョニー野村さんを思い出します。

映画『キタキツネ物語』については、「サル(=西遊記)の前はキツネだった」という脱力系コメントからネガティブ(!)なネタまで出てきて笑えました(!!)。
・タケは動物がそんなに好きじゃなかったので、最初この仕事を断った
(もちろんそんな理由で断れるほど余裕があるわけでなく、引き受け(ざるをえなかっ)た)
・映画のラッシュでショッキングなシーンを観て、ミッキーさんはスタジオに行くと、じんましんが出た(たぶん罠にかかるあたりじゃないかと)
その後、スティーヴが「狐=FOX」だね、とか流れ……(^_^;「ビッグ・アドベンチャー」か「グッドモーニング・ワールド」に行くかと思ったら(タケはキタキツネ物語においては子ぎつね映像時のヴォーカル担当だった)、いきなりタケがハードボイルドな「雨はナイフのようさ」(町田義人さんが歌った)を、まずは英語で、そして日本語で歌ったのにはやられました。良かったーすごく良かったー(いかにもボキャブラリのない感想で泣ける……でもそう言うしか(^_^;))。
まあそのメリハリをつけるためか、チニタソングこと「白い翼」はタケでなくトミーが担当。これこそタケで聴きたい歌ではありますが、もちろん文句のつけようもございません(笑)。
ビッグアドベンチャーは案の定タケで、ここはやはり盛り上がるしかない!というノリノリの明るい歌の後、やってきました「赤い狩人」。
タケの声の調子というのは、何故かこういう難しい系になると朗々としてくるから面白い(^_^;英語版→日本語版とまあ、コアなファンでもレアなものをライブで聴けて嬉しゅうございました。町田義人さんの歌声がいいのはわかってるけど、こうしてご本家(タケ)版も聴くと良いなぁと思います。
「白い彷徨」とかどうだっけ、あれも好きだったよなーと思って調べようとしたら……あれ、『キタキツネ』のサントラ盤、持ってない?あれれ?アナログ盤は持ってたよね、たぶん……。
……(^_^;。
ゴダイゴのものは、持ちすぎてもう管理しきれてません(おい)。
ある上からCD-BOX出ると買っちゃうから、なおさらナニがナンやらわかってません(おいおい)。

ゴダイゴのは語り始めると途中で横道に逸れる(聴き直す)からマズい(^_^;

CMソングは私のベスト、「What Did You Do For Tomorrow」をやってくれたから嬉しいっす。それもロング版でやってくれたからなお嬉しい。
「Somewhere Along The Way」はタケの「ラストの浅野さんのギターが素晴らしい」だったかな、のコメントどおり。浅野さんのギター、良かった〜。一時、正直どうなるかと思ったけど(マジで)何か一番安心パイ(「安全パイ」の間違いじゃなくて(笑))だった気がする(笑)。そして、そのギターの心地よい流れでアコギを持った彼の姿に横で、ゴダ友Mさんが「も、もしかして」と言ったとおり(笑)、超・大好物「Thank You ,Baby」がキターーーー!でした。浅野さんのアコギとタケの声だけのこの曲は、賑々しい『西遊記』においてもしみじみと聴かせる、小曲ながら名曲です。

次のイントロ、ただの The Birth of The Odysseyじゃないよね、と言い合っていたんですが、ちょっとわからずじまい。西遊記のドラマ中に流れていたものというのは、なんとなく認識しあったんですが、どうだろう?なんせまあバンドにはアレンジの神様(もちろんミッキーさんのこと)がいるから、わかんないや(^_^;
モンキーマジック〜ガンダーラと、ここはいたってメジャーな流れで、いったんコンサート終了。

……早過ぎますがな(^_^;
ンなはず、なかろう?てなもんで、アンコール1回目。
ホリブラと999という、これまた実に実に有名どころな流れで終わりましたが、もちろんこれでおとなしく帰るファンども(^_^;ではありません……ていうか、足りないっしょ(笑)。
で、出てきたアンコール2回目で「や……るの?」のビューティフルネーム歌合戦。スティーヴチームで勝ちましたけど、本音を言えばこれよりもう1曲プラスで演奏してくれる方が、ずっとずっとずっと嬉しかったけどね(まあ久しぶりでそれなりに楽しかったけど)。

さて。
これでもう引っ込んじゃうの???と思ったところで、最後の最後に「チェリー」が来ました。思えばモンキーマジックやガンダーラとかより古い曲だけど、ポップで盛り上がるよね、この曲は。

本当の事情はわからないけれど、どうもCCレモンホールって門限(違)が厳しそうだ。20:30の完全に終わった時点でかなり追い出しにかかっていたから、21時には完全に片付けに入るって感じだったのかな。おいらからすれば21時前なんてまだまだ序の口なんだけど、まあ仕方ない。ぞろぞろと親しいゴダ友さん方と飲みにいき、わいわい盛り上がりました。
タケやミッキーさんは、自分たちの作品の掘り起こしが楽しくて仕方ない気がする。それらの作業をスムーズにしているのが、ゴダイゴのサポートメンバーで、演奏とボーカルにも大いに活躍している竹越くん(竹越かずゆき)なんだろうけれど(タケがベタぼめしてるのは珍しいとつくづく思う(笑))、飲んでるときの私たちは「次にはエコのご時世だからこそ「地球を我が手に」」とか、「ジャバジャバ(JAVA WA JAVAね)もOK」とか……再結成してからのものもちょっと聴きたいなんて言い合いつつ(笑)楽しい夜は更け、方向超音痴の私はちゃんとホテルへ帰る道も教えてもらってる途中で玉木くん@東京カレンダーのポスターも発見して(笑)実にハッピーに帰路につきました。
楽しかったぁ。
[PR]
by gyohm | 2008-11-24 17:10 | 音楽