∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

箱根駅伝

いやもう正月ってこれっきゃないんです。
……って言うほどものすごいファンってワケじゃないんですが(笑)なーんか見てるのが好きなんですよね(^^;)テニスとマラソンと駅伝は妙に観戦してしまう。テニスはまあ結構やっていたせいもあると思われます。一方駅伝は経験なし。でも中学校がマラソンに熱心な学校で、しかも山のふもとにあったせいもあり、やたら坂道の多い地域でもあったので、どうも、同じ駅伝とかマラソンとか言ってもあの箱根駅伝の山道には萌える(笑)ものがあるのではないかと。



それともうひとつのお楽しみは、昨年、読売新聞のイメージキャラでもある玉木くんの新作CMゲットという目的でベタ録していたらば、思いもかけず2日目のスタート前、玉木くんによる、駅伝への応援メッセージがゲットできたことです。あれは完全に意表をつかれた感じ。で、今年もまたそれがゲットできれば、という目論見があるのです。あとは他の新作CM(ユーキャンとマクドの米粉ドーナツ)もあわよくば観たいという、柳の下のドジョウわんさか(爆)を狙っての、今年のベタ録です。なんせ1月は玉木くん新作CM目白押しですからね。しかも期間限定ときてる。ファン的にはお宝映像というわけです。
まあ私の楽勝なところは、駅伝ベタ録した後、目的のCMチェックをするのにこの箱根駅伝てば1日7時間放送していてそれを全部早送りだかで映像を舐めなきゃいけないんですが、その7時間をほぼドカンとテレビ前で座り込んで観てるんで(大笑)まんまチェックも兼ねてるってことですかね(^^;)。駅伝スキーで良かった(笑)。
あー今回はユーキャンの新作だけでしたね。読売新聞のも流れたけど既出だったし。何かソフトバンクと読売新聞のコラボCMもあったようですが、どうやら関東限定らしく、関西なんて関係ねーって感じぃ?(=_=)ま、確かに箱根駅伝自体、関東の大学対抗なんだから、関西で流しても仕方ないってことでしょうかね。
そして応援メッセージはなくて残念。でも今大会の久石譲さんによるテーマ曲について解説があった時点で、昨年の玉木くんメッセージが放映されたのと同じぐらいの時刻だったように記憶してるので、あれが流れた瞬間、ああ、ないな、と(^^;)。
……とまぁ玉木くん映像狙いとしては不発に終わった箱根駅伝ですが(おいおい)、もちろん駅伝自体はとても見応えのあるものでした。

で、その肝心の駅伝ですが、別段ご贔屓チームというのはありません。いたってお気楽に駅伝自体を楽しんでいます。ああでもあえて言えば、5区好き?(笑)もともと往路ラストでもあるし、箱根の急でしかもグリグリ曲がった道程を駆けてゆく様子は、箱根駅伝ならではの醍醐味じゃないでしょうか。それに山の神様・今井選手の活躍を見て以来、5区はなんとなく注目してしまいます。だからこそ、今回の東洋大学・柏原選手の、9位だったチームを見事1位へと押し上げた走りは痛快でしたね。そのうえ、件の今井選手の記録を47秒も縮めるタイムだなんてスゴすぎる。「スーパールーキー」という言葉がやたら飛び交っていて、最初はナンボのもんか見てやろーじゃないかと斜に構えておりましたが……すんまへん(^^;)本当に凄い走りっぷりでした。そして東洋の復路組も各々個性的な走りで面白かった。早稲田との攻防も見応えがあって、実に楽しませてもらいました。楽しませてもらいました……が、思えば東洋って、部員が不祥事(事件)を起こして、監督とか部長が引責でやめたんでしたよね。駅伝の参加すら危ぶまれていたこともあり、優勝した後も胴上げ自粛したそうです。そういう中での優勝だから、よけい嬉しかったでしょうね。

あとは、ある種1位争いより楽しみな(^^;)シード権争いとか、前回3チームも出てしまった棄権するような事態が起こることなく無事終了することとか……ですが、残念ながら城西大学の選手が低血糖状態になって倒れてしまいました。「目の前が真っ白になって……」と泣きながら呟いていましたが、それはまた、10区ゴール150m前で気絶した青山学院大学の選手だった人も同じことを言っていました。んー恐いなぁ。
で、その途切れてしまった襷が、33年後の今大会にようやく出場できた青学選手へとつながります。襷渡しやゴールするとき、青学の選手たちが皆、満面の笑顔でいたのがとても印象的でした。

箱根駅伝の楽しみのひとつとして他に挙げられることは、刻々と変わっていく風景でしょうか。大都会から湘南の海岸線、そして箱根の山の中といろいろ見られて楽しいです。今回はまたすっきり晴れ上がって、どこも綺麗でしたね。とくに富士山の見事なこと。暖房の効いた部屋の中、おせち料理をつつき、一杯やりつつ観戦するにはサイコーだだだ、だけど私の体重増加もサイコーだだだアイタタタ(>_<)。

さあ来年の(鬼笑う)箱根駅伝、今回優勝の東洋大は2年生が多く出ていたので、次も出てくるであろう選手が多くて楽しみですが、まあ今回良かったからと言って次も良いとは限らない(いぢわる)。でもまあ、どう転がってどこが出場できたとしても、ワタシ的望みは、棄権(体調不良や事故)のないことに尽きます。せっかく出られるんだから、たとえ繰り上げスタートになってしまっても、記録に残り、悔いの残らないものであるように願うばかりです。
楽しみにしてますよ~(^_^)///
[PR]
by gyohm | 2009-01-04 23:48 | よもやま