∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

コミックビーム系

……いや、『プリンセスGOLD』(秋田書店)も買ってますけど(笑)。お楽しみの「タブロウ・ゲート」はちょっと鬱進行で不完全燃焼。次回、スカッとさせてください。なおその際はぜひ、サツキ版アレイスターとレディ版エリファスを爆裂に活躍させてください(いや、間違いなく活躍すると思うけど(笑))。

てなわけで、もう3号からはやめとこ、と思ってた『Fellows! 』を買っちまいました。それにしてもこの漫画誌、ぶ厚さに磨きがかかっちゃってスゲーと思っていたら、コミックビームの公式サイトにも「充実を超えて、ちょっと怖くなってきました。2ヵ月で読み終わるのかホント。」と紹介されていました……シャレにならんよ(^^;)。

で、『Fellows! 』の目的は入江亜季さんの連載なんですが、今日、別の書店でうっかり見つけちゃいましたよぅ>群青学舎4巻!!!えー、2/14発売だったなんて、GOLDとかFellowsとか買ったときには全然なかったぞ!あったらもう間違いなくコレ買って帰るのに!

群青学舎 四巻 (BEAM COMIX)

入江 亜季 / エンターブレイン



最終巻ということで、学舎だけに卒業とか旅立ちとかいうテーマがあるようで、とくに、なんと担任の先生(♂)の押し入れにヒッキーしてる女子高生二人の話は、なかなか良かったと思う。先生、確かにスーツ姿になると五割増しにカッコ良かった(笑)。あとは、同じ入江さんの作品『コダマの谷』を読んでいるとわかる登場人物ふたりのこと。あのおチビちゃんがあんなに大きくなっちゃってまぁ(^_^)。

ただ、正直なところ、ちょっとこの艶っぽい女性絵が出すぎで食傷気味な気はする。1、2巻あたりはもうちょっと多様な女性絵(子どもからおばあちゃんに至るまで)があったと思うけど、今はもうロン毛ないすばでぃーで目の大きい素敵女子が、ででんと迫力いっぱいに出てきて、んーおなかいっぱい。Fellows! の連載の方もそんな女子が青いキャンディじゃなくて靴で大きくなっていろっぺーおねーさんに変身するんだけど、彼女のお母さんも当然ながらこの娘の親だけに……画面に、だいなまいつが2人いてぎゅーぎゅーしてますよ(笑)。

とかまあブツブツ言いながらも、4巻ラストには描きおろしに、1~4巻の各話の登場人物たちのその後が、毎度おなじみラフ描きで掲載されていて楽しゅうございました。読後感さわやか!です。おすすめ。
[PR]
by gyohm | 2009-02-18 02:06 | マンガ