∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

よもやまいっぱいありすぎて

とにかく書いてみよう!(笑)

▼銀河鉄道999:西武線・大泉学園駅の発車メロディーに
……だそうで(^^;)→ニュース記事
タケ(タケカワユキヒデさん)が一日駅長になったそうで。
ちなみにおいら、東京在住の10年の半分以上を隣駅の石神井公園あたりにおりましたよ。なんで今頃そうなのさ?(爆)。

次もゴダイゴつながりで。

▼CM SONGS/ゴダイゴ
友人から、ソニーの『The CD Club』4月号の冊子をもらいました。標記、ゴダイゴによるCMソンググラフィティ1と2から19曲をセレクトしたものがオリジナル企画によって出されるという記事があったからですが、さて、じゃあいったいどの曲が選ばれなかったのかとツッコミ(爆)。間違いなく「キャセイ」はないだろうなと思ったら、案の定なかった(^^;)まああれ、もともとゴダイゴの曲じゃないしね(^^;)
CD紹介の後、ゴダイゴについての記事と写真が掲載されていたんですが、どういうミスかましたか……写真、吉沢(洋治)くん入りなのに何故か「浅野良治」(浅野さんの弟。確かにトミーの前のドラム担当だけど)とキャプションがついていて、酷いっつーか気の毒っつーかなんつーか……校正してないのかな。ていうか、それ以前に何故、無難にスティーブ入りの写真をセレクトしないのか……(^^;)ああ恐い。こういうミスは仕事柄、他山の石としておこう。

▼なにげにグッズコレクション
d0063216_134196.jpg

ライオンはアレックス。映画『マダガスカル2』上映記念ブツです。振ると主人公のアレックス役の玉木くんの声で「アレックス、あのアレックス」とか「ホッホー!」とか聞こえます。マクドのハッピーセットって買ったの2度目ですが(あれ、初回なんだっけ……ものすごく買った覚えだけがあるんだけど)、出来、いいっすよね。きっちり立つし。
赤いのはもちろん、未練たらたらタラチャンズキーホルダー(ドラマ『ラブシャッフル』より)。GPSも盗聴器も仕込まれてないと思います、たぶん(笑)。7話で生ゴミと共に捨てられた哀れなタラチャンズストラップと、本家本元(笑)の啓(玉木くん)と諭吉(DAIGOさん)との何とも情けな〜い表情とのシンクロっぷりに吹き出して購入決定。『マルグリット』を観に梅芸へ行った折、向かいのMBSのショップで買いました。何人か手に取って見てましたぜ(笑)。
あと、ケータイにつけてるストラップは同じくラブシャの啓バージョン(付いてるクラウンのチャームがかなりお気に入り)。で、それをつけてるケータイを何気なく開いたら、中でFlashの鹿さん(ドラマ『鹿男あをによし』より)が「いい夢みろよ」と言ってました……もちろん『マダガスカル』でアレックスの親友として登場するシマウマのマーティ(声:柳沢慎吾さん)の声が聞こえてきたのは言うまでもありません(大笑)。

▼日本よ、浮上せよ!
玉木くん主演の映画『真夏のオリオン』のサイトに予告、特報、CM3本が掲載されました。標記はまあこの映像群の締めの言葉というかなんつーか(笑)。私としては前から公式サイトに出てる「きっと帰ると、オリオンの星に誓った。」の方がベタながら好きなんですけどさ。
また、映画情報サイトでも紹介され、いくつか写真が出てますが、第二次世界大戦時の潜水艦の隊員の服装ってば、短パン白靴下なんですね、初めて知りました。
それはさておき、この作品は、日本軍からだけでなく米軍側からも描写しての攻防戦を描いていて(原作でもそう)、なかなか面白い切り口のものじゃないかと。予告での「海上の知将vs海中の天才」ってアオリもかなり萌えます(笑)。早く大きな画面で観たいなぁ。

commons&sense man(CUBE/河出書房新社)
次号 ISSUE06 に玉木くんが出るらしいんですが、この雑誌、創刊号の表紙が何だかツボで覚えてた(笑)。しっかしB4判だなんて、どんだけデカい雑誌なんだ…(^_^;しかも前号調べると200ページ近くあるよ……デカくて分厚いよ(^_^;;;;;
B4と言えば、映画『マトリックス』のパンフがそうだったよね。あれもデカくて本棚からはみ出したから、保管に苦労してましたぃ。
それはともかく、徹底した男性ファッション誌はなかなか見応えがあるので楽しみです。

▼ラブシャッフル 1(野島伸司/小学館文庫)

ラブシャッフル 1 (小学館文庫 の 2-2)

野島 伸司 / 小学館


表紙がマンガ絵でビックリしますが、シナリオ本です。どうやら野島さん初のシナリオ本とのこと。でもぶっちゃけこの絵じゃ愛瑠しかわかんない(それも4人絵の3人♂1人♀ってことだけで)。左端のスーツ着てるのがたぶんうさタンだろうし、奥の若そうなのはおーちゃんだとすると、この右端のサドっぽい兄ちゃんが菊リンだとでもいうのかいうのかそうなのか?
ドラマの公式サイトトップやポスターなどで使われている8人の写真が帯になっているから、辛うじて関連本だとわかるけど、正直表紙はドラマファンとしてはかなり萎える。表紙に玉木くんたちの写真を使うのが無理ならば、せめて無地にタイトル、そしてこの帯だけでも良かったんじゃない?
……とはいえ、中身はドラマファンにはとってもありがたい。見事に脳内で再生できまくりますよ(大笑)。カットされたり変更されたセリフとかシーンもすごくよくわかる。何故これをカットした!(怒)とか、野島さん、これはマズかろう、変更したスタッフGJ!とかいろいろツッコミ入れつつ楽しめました。
たとえば、5話のうさタンと愛瑠、そしておーちゃんのシーンで大好きなやりとり、
  愛瑠 「お月様でお餅をつくの。ウサタン出来るでしょ」
  啓  「ウサタン、きっと出来る」
  旺次郎「(お前ら二人、お似合いだなと微笑して)…」
というのを改めて文字で見るといい感じ。やっぱりうさタンとアイアイはお似合いだと思ってるよね、おーちゃん、と頷く私なのでした。
……それにしても、「うさタン」じゃなくて「ウサタン」表記なんだなぁ……シナリオは。
1は1話から5話まで。後半の2は4月7日発売とか。がっつり買いますぜ……あ、『真夏のオリオン』(飯田健三郎/福井晴敏)も同じ日だ(^_^;メモメモ
[PR]
by gyohm | 2009-03-09 06:47 | よもやま