∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

ゴダイゴ号の冒険(追加あり)

d0063216_0202983.jpg

日ごろの行いの良さが幸運を招いてくれた……?(笑)

まさかタケの「ベサメ・ムーチョ」を聞ける日が来るとは!
楽しかった(^-^)



*** 以下、追加しました ***

貼られているチラシをアップで。
d0063216_1612770.jpg


3月恒例となるのかなぁと楽しみにしていた「新創世紀」イベントも今回で終わり。しかも今まではどうにか土曜日開催で……日曜とか祝日もあったっけ?何はともあれ、大阪在住の勤め人な私でもどうにか行ける日にち設定だったのに、とうとう最後の今回は見事にアテが外れて平日、しかも火曜日とキタもんだコレ(^_^;いや最も、金曜はもっと行けなかっただろうけど(いろんな意味で(笑))。

ところが。
なんとこの日に東京出張が!しかしアホなことに私ときたら、ケッ、平日や、火曜日や、ンなもん行けるか、チェーッ、大阪にはちっとも来てくれへんし〜と拗ねた時点で今回のコンサートのことを頭から抹殺してました(おい)。だから、出張とコンサートが同日だと気づくまでに2週間かかりました(アホや)。でもまあおかげさまで何とか(笑)。

で、行くことができて、とってもラッキーでした。
開演2分前すべり込み!でしたが、池袋の東京芸術劇場発&着(!)2時間の船旅(ゴダイゴ号は空というか時空も越えることのできる船なんですよ(笑))を満喫しました。
久々にお揃というか、コンセプトのある衣装を身につけたメンバーに、懐かしいモンキーマジックやガンダーラ、999盛況時の衣装を思い出していましたが、コンサート後に遊んでくれたゴダ友さんたちも同意見だったようで(^_^)。

正直申せば、練習不足のところも多々あったけど(とくにReturn to Africa最初のバラバラ感はめっちゃ心臓に悪かった(^_^;))……ていうか、全編通したのが本番だった、と後で脚本担当のタケ(タケカワユキヒデさん)がのたもうたのもごもっとも、な感じ。とはいえ、なんせメンバーがみなすごく楽しそうで、その楽しそうな気分が観ているこちらにも伝わるようないい雰囲気だったと思います。タケの声もかなり好調だったし(途中、張り上げた声のすごさにはビックリ。むしろ得意の囁き系 Thank you,baby の方がちょっとブレちゃったかな)。
まあそれに、芸術劇場のホール自体、やっぱりゴダイゴの音とは合わない感がひしひしと。今回私の座席は2階だったので、たぶん1階の人たちよりは全体が眺められて、観る方はいいんだけど聴く方についてはホント音が拡散しちゃってる感じが多々あって辛かった。あのホールでの音を満喫できたのは、トランペットのソロの時ぐらいかなぁ。あれは素晴らしかった。ゴダイゴの演奏自体は問題ないのでもったいない。CCレモンホールでは良かったからなぁ。

さて。
今回のワタシ的トピックスは、なんと言っても……タケの「ベサメ・ムーチョ」ていうか、タケ、浅野さん、竹越くんによるメキシカンなトリオの演奏。
まさかゴダイゴでラテンナンバーを満喫できるとは!
おいら、ラテンが大のスキスキ!(笑)ゴダイゴには悪いけどホントはロックよりスキスキ!(こら)
ものすごく幸せでした……スペイン語(最近はイスパニア語って言わないのか)で歌ってるんだもん……次から次へと流れる歌の数々……あれぇ何か聴いたことあるよこれ……って、ラテン曲調&スペイン語での「ガンダーラ」!すげー変わり様っぷりにビックリ!
とっても楽しゅうございました(^_^)。

前の第2回は出てないけど、今回こそDVDは出してほしいなぁ。
それなりにまとまっていて良かった。新しい曲もいっぱいあって、また聴きたいと思うので。ネタバレ恐れて終わった後パンフレットを見たら、「インカの曲」の訳詞がとってもブラックで(笑)ぜひ聴き直したいと思いました。

さあ次は……CCレモンホール?
なんとかぜひ土日でヨロシク。
大阪に来ないならせめてそこんとこ、ヨロシクヨロシク(>_<;
[PR]
by gyohm | 2009-03-25 00:20 | 音楽