∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

休もう~♪

なんか、クセになるなーこのフレーズ(SLOW TIMEより)。

今日がきっぱり晴れだったら、結構どたばたして、それこそ洗濯機回したり(笑)買い物行ったりしたりしたと思うけど(ていうか、『バーン・アフター・リーディング』観に行こうかと思ってた)、なんせとにかく超・どしゃ降り(^^;)。それならそれでインドアで楽しめることを、とたまっていたDVDレコーダーの整理をしたり、買うだけ買ってまだiTuneに仕込んでなかったCDを取り込んでiPodに移したり、買っておいてそのまんま(^^;)な雑誌を見たり……まあほとんど玉木くんネタですが(もちろん、そればっかりじゃないっすが(笑))。

そうやってぽやんとしてると、タマクラからファンクラブ更新特典が届きました。
……うわ、これかーっ!これが来たのかーっ!
……(いそいそと本棚に飾る)……
お楽しみなブツなので、これ以上はネタバレしませんが、これはいい。今までの更新特典は正直思い出せないんだけど(おーーーい!(笑))。

さて、ここしばらくの露出でとくに興味深いものというと、
・ラジオ/オールナイトニッポン(小栗旬)
・雑誌/GINGER 6月号
ですかね。

ちなみにテレビ分はもう論外に楽しみました(^_^)。
『いいとも』ではタラチャンズ(DAIGO)と信長&家康(椎名桔平)が拝めちゃうという実にオイシイ展開だったし、『Mステ』はドラえもんのしずかちゃん(爆)。あれ懐かしかったなー。放送当時、声の出演あるかも!とすごく楽しみにしてたのに実際の出演(!)はサインだけだったっけ……千秋な姿のアニメ絵と(笑)。
東京オンリーの番組については、またいろいろ見せてもらえるとして(笑)、後のもっぱらの楽しみは、NHKの『トップランナー』ですかね。5月後半もしくは6月あたりに放映されるかな?
あ、そう言えば、いいとも増刊号は予約したっけ(調べ中)してるしてる(笑)。

で、話を戻すと。

小栗くんとは以前、共通の友人通じてよく遊んでたとかで、当時のいろんなエピソードや、同年代の他の俳優さんたちとのやりとり(名前の呼び方がとくに)も聴けて良かった。やっぱり舞台やりたいんだ、とか、小栗くんは上手く言い換えていたけれど、ドラマの主役張ることについてのプレッシャーとか……などなど、結構シリアスねたも多くて(いや最後はお約束なお笑いエロねただったけど(爆))、聴きごたえがありました。

GINGERは幻冬舎が出してるせいか、ちょっとだけ(ちょっとだけね(笑))クセのある女性誌で、おいらも比較的好みだ……レギュラー?のモデルやってるアイアイ違う(笑)香里奈の道頓堀にすっくと立ってる姿が綺麗だー(^_^)。
そこでモノクロ写真のページでロングインタビューの応えてるんですが、今までのインタビューとは少々テイストが異なってて、素っぽい表情の写真ともども面白い。

前々から思ってることだけど、正直、もしも彼のような気質の人が近くにいても、おいら、絶対お友だちにはなれないなーって思う。どっちかというと……間違いなく敬遠するタイプだ(爆)。たとえばKIDSのときだと、私ももれなく小池徹平&栗山千明のアニヲタコンビと話が合うだろうし、麻雀はやったことないけど、たぶん私はハマるだろう(インタビューできっぱり嫌いとのたもうてました)。ラブシャでの好みが芽衣ってのも「違う」と思ったし(笑。あくまでもキャラとしてね)。
で、今回のインタビューにあったみたく、3週間何の連絡もなしで放置されたら……理由聞くより先に、間違いなくこっちが三下り半渡す!(大笑)

てなわけで、前々からの持論「アーティスト、遠く眺めて愛でるもの」(笑)のとおり、別段プライベートなんて、犯罪者にさえならなきゃ(!)どーでもいいんですが、こういう素地がある中で、作品上であんな風に演じたり振る舞ったりしてるんだなぁと知ったうえで観ること自体は楽しい。まーいろんな芸術家の人たちの素晴らしい作品とは裏腹な、人間くさいというか生々しいエピを知ることが面白いのと似てるかな……生々しいと書く域まで件のインタビューが達してるってワケじゃないっすが(笑)。

あ、共通点かどうかはわかんないけど、1日で赤ワイン1本空けるのはおいらもアリなので……ていうか、750mlでしょ?グラスにして4杯ぐらい、なんてことはないって思うんだけど……違うかー(笑)
まあ1週間に1度ぐらいは休肝日をもうけましょね、てことぐらいで(自分にも言い聞かせています、ハイ)。
[PR]
by gyohm | 2009-04-26 01:38 | よもやま