∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

真夏のオリオン Special Photo Gallery(追加あり)

d0063216_1475167.jpg

ディアモール大阪に行ってきました。
詳細は後ほど。




***ここから追加***

てなわけで、改めまして。
ディアモール大阪で催されている「真夏のオリオン Special Photo Gallery」に行ってきました。
映画やメイキングのシーンなどの写真を展示しているというものです。
で、ちょろちょろっとしかないのかなーと思ってたら、意外にもたくさんの写真はもちろん予告やCFにもない本編の動画まで流されちゃってて、実に美味しすぎる。
しかも玉木くんはどこか和風な建物で妙に落ち着いた格好をして「ディアモール大阪のみなさん」だかあの渋い声で語るメッセージ映像まであって……いやもう何故これを公式サイトで告知しないのか、ホントよくわかんない(^^;)。

それにしても、東京在住10年の間にできていたディアモール大阪って、おいら浦島で全然疎くて、ヒルトンプラザの向こう(阪急沿線住民だからこういう言い方になる)にある、何だか妙に小綺麗な地下街、としかイメージがなく、もちろん隅々まで行ってみたこともない。だからディアモールと書かれたところに足を踏み入れてみたものの、いったいどこにそのフォトギャラリーの会場があるのかわかんないままとりあえず進んでみる(^^;)と、見慣れた青い色の看板(↑)が目に入り、ようやく到着。

現場は、ガードマンの人はいましたが、とくに撮影禁止とは書かれていなかったので、ケータイで撮ってきました。
まずはネタバレに関係ない(笑)インタビュー映像のシーン。

d0063216_16343041.jpg

d0063216_16355232.jpg


写真のとおり、かなり広めの通路の真ん中に展示されていて、面積としてはコンパクトだけど、結構な枚数が展示されていて見応えがありました。解説があると、この作品について全く知らない人たちにもわかりやすくて良かったのでは?とも思うけど、まあまだ封切前でもあるところへ、映画化原作(飯田健三郎/小学館文庫)読了済みだからこそ「もしかしてこれがあのシーン?」というのはわかったものの、それなりにネタバレなシーンも多く含まれていたので、淡々とした写真掲載というかたちは、致し方ないかな。

映像は、前述どおり玉木くんによる「ディアモール大阪のみなさま…」というメッセージ、予告の他、本編シーンがいくつか。ケミストリーの堂珍さんとの白軍服シーンもあって楽しませてもらいました。
でも光がディスプレイの画面に映り込んでしまって、たいそう見づらい。あれは何とかしてほしいと思います。せっかくの貴重映像なのに~。

d0063216_16385329.jpg


でも、通る人通る人、結構足を止めて映像を観たり、ちらし(見開きになっている新版)を手にとって持って帰ったりしていたので、良かったなぁと思います。

さてこの記事の下に映画のシーン写真掲載の記事を置いています(だって1記事5枚しか掲載できないんだ、このブログ)。ネタバレシーンも大いに含まれているので、極力避けてる方は要注意。
まあケータイによる撮影で画面も小さめだから、雰囲気味わい程度にどうぞ。
……でも大阪だけってことはないよね?
6月13日の公開までにはまだ日にちがあるから、巡回はするかなと思いますけど。たくさんの人に見て欲しいなぁ。

d0063216_1641932.jpg

これは原作『雷撃深度一九・五』(池上司/文春文庫)の帯にも使われていた、倉本艦長トマトを食す、の写真(笑)。
[PR]
by gyohm | 2009-05-04 14:07 | 映画