∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

カテゴリ:マンガ( 34 )

いいな〜

東京あたりでは、明日の14時過ぎから、『のだめ』ドラマ版の特番、やるんですよねぇ。
(『のだめカンタービレ』今夜いよいよ定期演奏会!直前SP」)
大阪ではやらないんですよねぇ、、、とほほ。観たいのになぁ、、、まあ予告で見る限り、ドラマ版千秋ってば、SオケTシャツ、着てましたよねぇ(^_^;。

ちなみに、昨日ネタにしていたツィメルマンていうかツィマーマン版ラフマニノフ2番、iTMSにあったのでポチっとな、してきました。まだチラリとしか聴いてませんが、何だか音がキラキラしてる気がします(すごくアバウトな言い方)。オケの音があんまり聞こえないとコメントにありましたが、ああ、なるほど、と思いました。明日の通勤時に改めて聴こう……そういえばiPodのイヤホン、替えたいんですが、耳掛け型はイヤなのですが(せめてイヤホンぐらいB&Oクラスを…と思ってみました(爆)でも耳掛けでした(ある意味、助かったかもしれない…懐具合が(大笑))。
他に何か良いのはないかなぁ。

#以前買った、BOSEのヘッドホン、悪くないんですが、やっぱり圧迫感がすごくて(^_^;
 それに家ならいいけど、持ち歩くにはちょっとデカ過ぎなので、あくまでもイヤホンでエエのんが欲しいんです。
[PR]
by gyohm | 2006-11-06 00:23 | マンガ

マンガネタいろいろ

今日(11/1)。
新装版『アンジェリーク』(由羅カイリ/角川書店)の最終巻の5巻を買いに書店へ行きました。
由羅さん絵の『彩雲国物語』はやたら見かけるけど、こちらは今日発売の神官もとい新刊とはいえ、何だかめっきり影が薄い。早めゲットを心がけていないと入荷数が少ないのか見失う恐れがありまする。
で、ご多分に漏れず、ウチの職場近くでも大きな書店のくせになかなか見つからない。見つからないおかげで……あっちこっちに、引っかかる。

▼本日の引っかかりゲット品
最初に、チキタ★GUGU 6巻(TONO/朝日ソノラマ)
あいや、これはもともと買う予定だったから「引っかかり」ってワケじゃないっす(^_^;
まだぱらぱらとしか見ていませんが、相も変わらず可愛い絵で残酷物語です(でも大好き)。
次、not simple(オノ・ナツメ/小学館)
あいや、これもまたもともと買う予定だったから(おい)。装丁や色合いがすごく好み。
こちらもまだぱらぱら…ですが、淡々と乾いた感じ。お楽しみでじっくり読みます。
ちなみに、11/7(火)に放映の『マンガノゲンバ』(BS2)はリスパラ特集ですぜ。観る!

…この時点でようやく『アンジェリーク』ゲット。
ゼフェルとマルセル。あああ、ランディ、、、いくら本ページで美味しいとはいえ、、、んー、何かゼフェルが別人顔ですが、メカチュピが肩に乗ってるし、マルセルは本チュピ(本チュピってね)と一緒。芸が細かくて嬉しいから良しということで(偉そう)。ちなみに今回のあとがきページは…ネタバレだからやめよっと、そうしよっと(笑)。

そして今回のクリティカルヒット。
久しぶりのジャケ絵というか表紙レイアウト買い2冊。いずれも、入江亜季さん作(エンターブレイン)。
・コダマの谷
サブタイトルに「王立大学争乱劇」とあります。なんとなく懐かしい萩尾望都さん絵とストーリーですが、キャラが各々立ってて、帰りの電車でむさぼるように読みました。面白かった…!一部オチがオチてませんが、それが気にならないぐらい良かった。
私の好みはもちろん、ただでは転ばない(^_^;アーサー王子と…クールな男装の麗人ウーナですな。読めばわかります、ええ、わっかりやすーい趣味でスミマセン(笑)。
・群青学舎 1巻
タイトルは「学舎」なのですが、一話完結の掌編集です。それにしても、この人の描く女性のなんてなまめかしいこと。また、強気ちゃんも多くてワタシ的にはものすごく好み(^_^;。かと思えばいかにもなドジでノロマなメガネっ娘の先生が○ーブラという噂にドギマギする悪童たちも可愛いし、大自然の森の中、大きなかごを背負って働くおばあちゃんも素敵。

▼のだめドラマ版Lesson 3
ていうか、録画したのを観るの2度目なんですけど……飽きないんですけど(^_^;
つい観てしまって感想書けない(おいおい)。
公式サイトで桃ヶ丘大学文化祭参加のエキストラ募集してるじゃないですかー>11/6
いいなー行きたいなー千秋@生玉木、拝みたいなー(おいおいおい)
[PR]
by gyohm | 2006-11-02 01:36 | マンガ

Lesson 99

0時過ぎましたね(笑)。
そういうわけで『のだめカンタービレ』原作連載分の、後ほどネタバレ満載ですので、未読の方はお気をつけて。

ちなみに私、今日1日でいったい何度読み返したことか……おっと、読む、というより、観る、見つめる、という方が正しい気がします。セリフは少なく絵が多いけど、その情報量たるや、、、あんなにシンプルな線なのに、きちんとコマをひとつひとつ眺めると、本当にいろいろなことを感じ取れる−−直接らぶらぶシーンがなくとも、こんな風な表現の仕方があるんだなぁと感心させられました。とくに、今回はその特長が顕著に出ています。
人によって捉え様は異なるでしょうけれど……私、この Lesson 99 は本当にしみじみと感動しました。
連載おっかけてる方、どうぞお楽しみに。濃い30ページです。

ここからネタバレ(長文)。
[PR]
by gyohm | 2006-10-25 01:37 | マンガ

のだめカンタービレ16巻

ようやっと今日、Amazonから届きました>シャーペン付
ちなみに特典とかいううちわは当たらず。購入額が1000円だけなので手数料払うのイヤさに懸案の『ダフニスとクロエ』(しかも奮発してシャガール版)を買って同時発送の手続きを取ったからだろうかと、ちょっぴり後悔中(たぶんあんまり関係なし)。

で、内容(本筋自体のネタバレはなし)
[PR]
by gyohm | 2006-10-15 23:20 | マンガ
……タケ(^_^;>『熱中時間〜忙中”趣味”あり』(BS-hi)

テーマは「昭和の大ブーム」。
少女雑誌コレクターと牛乳瓶のふたコレクター。どちらも気合いが入ってます。いやしかし、その合間のタケの趣味・漫画絡みでの「赤銅鈴之助」第1話から、その元ネタとなった「弱虫?泣き虫?鈴之助」からインスピレーションを受けて、映画(映画って言っても、当然動かないので漫画画面を加工してのフィルム撮影)を作ってしまうというもの。完成後の、超・満足!!!丸出しの笑顔で、こちらまで笑っちゃいました。
そしてあの少年マンガ雑誌倉庫(某所別荘ですね(笑))で、クスクス笑いつつ屈んで読みふけってる後ろ姿が何ともはや……まるで自分を観てるようで(おい)。

こうなったら、とことんがんばってください>タケ
で、『キング』はコレクション外だったんでしたっけ?(笑)
[PR]
by gyohm | 2006-09-29 00:01 | マンガ
リストランテ・パラディーゾ
オノ ナツメ / 太田出版

ジジという名前の男といえば。
私にとっては、越路吹雪さんの歌う「ジジ・ラモローゾ」を速攻で思い出すのですが、昨日買ったマンガのおかげで、モグほっぺ(!)の愛らしい老眼鏡紳士なソムリエのことも思い浮かべるようになりました。
……って、ジジはいわば脇役なんですけど。でもたぶん結構人気あるんじゃないか?

実はこの本って、前々から大変気になっていたんですが(絵がとても個性的なので)、何故かBLだと思いこんでいたんです、しかもオジサマ(紳士というべきか!)専門の(^_^;。んが、ふと、どこだったけ……雑誌だか何だかで、主人公が女の子だと知り興味を持ったのでした……あ、いや、別にBLでもかまわんのですが(笑)基本的にたぶん私、やおいフィルター持ちではないし、小娘がおじさまとどう仲良くなってくのか(しかもあの超・個性的な絵で)興味を持ったわけです。

駅前の書店で買って、電車の中で没頭して読みました。
買って良かった。ものすごく良い読後感。それに出てくる料理も美味しそうだし(それか!)、出てくる人たちみんなのエピソードを知りたくなります。前出のソムリエのジジとレストランのオーナーとの出会いエピソードは、悲しい事件をも淡々とした口調で語られ、そうつながるか、というオチが主人公のニコレッタの最後の呟きで合点がいき、後々のニコレッタとママとのエピソードへとつながっていくのがとても自然な流れで、ピースのはまっていく心地よさに似た楽しさを感じつつ読めました。
どのオジサマも好きですが(笑)ジジは興味深いですね。とはいえ実際にジジみたいなヒトがいたら、そうそうお友だちにはなれないでしょうから、せめて「飲みたい」ワインを「飲みたい」頃合いで注いでもらうというワザを体験したいわ〜(^^)。

オノ・ナツメさんのサイトに掲載されているマンガもツボツボでした。
これは久しぶりに作家まとめ買い状態に陥りそうです。
(以前、激烈な勢いで集めたのはよしながふみさんでしたな(^_^;))

#ああそうか、絵だけが異様に印象的で、BLだと思いこんでいた原因はこっちかー。
 →basso『クマとインテリ』
  ちぇ……やっぱり大人買い決定かぁ……(楽しみができて嬉しいらしい(笑))
[PR]
by gyohm | 2006-09-03 21:40 | マンガ

ハブとマングース(笑)

d0063216_201265.jpg

これですよ(笑)。
(『のだめカンタービレ』15巻限定版/カバーを外した表4と、マングースぬいぐるみ)

#おおお、今、14巻の限定版(しおり&ファイルセット)を見たら、やっぱりハブがついてる!
(13巻他、通常はハブなし)

……今ごろ気づく(^^;)こういう芸の細かさ、好きです、ハイ。
[PR]
by gyohm | 2006-06-22 02:00 | マンガ

大奥〜極上音絵巻

予告どおり、2月下旬にやってきました。
よしながふみ版大奥・ドラマCDです。

少々ネタバレです〜
[PR]
by gyohm | 2006-02-27 23:58 | マンガ
「フラ〜イング♪」と、浮かれ頭のまま西遊記@ゴダイゴのアルバム版にて、脳内で唸っております(笑)。

その昔、『花とゆめ』『LaLa』『プリンセス』は当然、発売日前日に購入していたモンでした。そしてとうとう、久しぶりの……“ハリセン圏”本領発揮(爆)。
仕事場近所のコンビニ3軒めで見つけました……『Kiss』5号。翌日25日発売のせいか、本棚の中のものすごーく端っこの地味なところにあと2冊。スチャッと手に取りご購入。仕事場に入る前に読む読む読む(^^;)>のだめカンタービレ LESSON 87

…………………………うぉっっっ。

さすがにお外でハシャぐワケにはまいりませんので、脳内でゴロゴロと萌え転がっておりました(“萌え転がる”って、どーいう状況だ(笑))。
同志の方、前号も良かったが今号も良かったぜ、、、(*^^*)。

(注)ハリセン圏
『のだめ』に出ていた、関西弁のピアノの先生のあだなが「ハリセン」。
てなわけで、関西地域、という隠語らしいっす…どうやら(笑)。
[PR]
by gyohm | 2006-02-25 02:30 | マンガ
d0063216_21415374.jpg

箱の方は食べられない2004年製(笑)。
手前のケーキは今日買いましたよぉ〜(^-^;

で、箱の方の中身は、、、まさに「よせあつめ」。
『カウボーイビバップ』5.1ch DVD-BOXです。

発売は去年のクリスマス。
で、全編欲しかったワタシ的には実に「買い!」だったのですが、お値段は4万円以上。中途半端なことにすでに何枚か買っていたせいもあり、二の足踏んじゃいました。
んが。
1年経ったらこのケーキ(もどき)、Amazonでなんと半額に!
2話入ったDVD1枚が7千円近くのこの作品、おおお、安い!とばかりにポチッとな。
(Session#0も収録されていたしね)

そして届いたBOXは、Amazonでのレビューでの賛否両論っぷりに納得して笑っちゃうぐらいキテレツなモノでした。デカさについては、もうすでに『イノセンス』のコレクターズBOXで経験済み(済みってね)なので全然驚きませんでしたが、凝り方が楽しくて(前述のリンクページから見るとよくわかります)、とくにビデオテープっぽい作りには爆笑しちゃいました。アレを見たとたん、フェイの幼い頃のビデオのことを思い出したんですけどね(しかもあれはベータテープでしたよねぇ)。

好きなエピソードはたくさんあれど、その最たるものはSession#20の「道化師の鎮魂歌」です。いやぁ、あれは本当にテレビ放映時、息を詰めて観ておりましたっけ。そしてラストの、あまりにも呆気なくて……残酷なところがたまりません(おいおい)。
[PR]
by gyohm | 2005-12-24 21:41 | マンガ