∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

<   2005年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

30日へと日付が変わろうとする頃、ふとTVブロスを見て愕然とする。

『桂米朝・80歳〜上方落語に魅せられて〜』(29日13:55〜ABCテレビ(朝日系))

どぁぁぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜っ!
何じゃそりゃーーーーっ!!!

…………がっくし。

***

でも、ちょっと浮上ネタも。
最初の方は少し欠けたものの、『名探偵赤富士鷹』(NHK総合)は観始めたら面白い!「ABC殺人事件」なんてサブタイトルがついていますが、これってもしかして……と思ったら、そうよね、やっぱりアガサ・クリスティよね、ということで、時代と場所を昭和11年の日本に置き換えてのドラマ。セットも凝った造りで、セリフの日本語がとても美しい(いやホンマに)。主役の伊東四朗さんてば、お洒落でステキです。“一風変わったレトロモダンなミステリードラマ”とのことですが、なるほど、そのとおり。とっても楽しく鑑賞しました。明日も観よう〜(^^)。
[PR]
by gyohm | 2005-12-30 00:17 | よもやま

年末よもやまいろいろと

▼同じくあきまへん
同人相棒のお家もなかなか大変そうですが、ウチもそれなりに唸ることが多い今日この頃。お気楽なひとり暮らしから、実の親とはいえ、やはり10年離れていた人たちと住むのは、諸事情絡まっていることもあり(詳しくは言いますまい)、精神的にかなりダメージを受けております。もともと休日大好き!なのですが、仕事に行く方がラクかもと思うのは久しぶりです。
……てなことを書くことでまたよけいにめり込むので、なるたけ避けていたのですが(現実が厳しいのでweb上ではなるたけ楽しく暮らしていたい)、どーにもこーにも(T_^;)。
今度の冬休みは年末は30日まで営業ながら、1月は成人の日までの、ウチの仕事場にしては画期的に長い休暇。平穏無事に暮らしたく思います……なるべく。

▼そしてその仕事場
大阪から京都へ移りました。やっぱり寒いよ!遠いよ!
でも今日は帰り道に高島屋のPECKへ立ち寄り、エキストラバージンのオリーブオイルを買ってきて、早速夕食にちょっち日にちの経ったバケットを軽く焼いて、そこにつけて食べましたらば、うまーい!
仕事場近所のお店情報については、それこそ某思惟さん(笑)から聞けるので(おすすめのお蕎麦屋さん、そのうち行ってみるわ〜昼は仕事場を抜けられないから行けないけどね)、ぼちぼちと楽しみを開拓していきたいと思います。もっとも、遠いからそうそう遅くなれませんけどねぇ(^^;)帰りのバスがなくなるから(とほほ)。

▼朝ドラ鑑賞時間も早まる
『風のハルカ』は、『てるてる家族』以来のお楽しみです。
『ファイト!』も馬絡み(笑)でそれなりに楽しく観ていましたが、オチがちょっとねぇ(^^;)。
その朝ドラ。8:15〜の総合テレビ放映の時間帯で観ていてはまったく間に合わなくなり、7:30〜のハイビジョンで観た後そそくさと準備をして出かけます。そりゃもっと早くお出かけの方も多いでしょうけれど、今までよりも1時間早く出なきゃならなくなったのは、かなりキツイです(;_;)。
でも『ハルカ』は観る。絶対観る(笑)。
主人公のハルカと猿丸啓太郎さん(格好や行動がとってもスナフキンだと思う、マジで(笑)ま、それにしてはお節介焼きだけど?)のなりゆきが気になる。なぁんか良い感じなんですよねぇ。先日なんて、お姫様抱っこしてたしねぇ(やっぱりお姫様抱っこは萌えるねぇ(爆))。

▼その啓太郎曰く
今日はなかなか耳の痛くなるよーなコトを言ってくれました。
「忙しい人間が偉いと思うな」です。
ハルカが、東京への転勤が決まり、その準備で忙しいのに何故こんな連れ回して…と言うような言い方をしたときに猿丸から出た言葉ですが、続きがあって、「君なんか偉ない、特別でもない」と言ったあと、手帳を予定で埋めて……間が思い出せない(^^;)要するに、忙しいふりして充実してるつもりでいる、てな意味だったと思う。そしてとどめが、「ただのアホ女や」ですから!(^^;)
ぽんぽんと流暢な大阪弁で言うてくれるなぁ(苦笑)>SOPHIAの松岡充クン(猿丸啓太郎役)
いや、それというのも、昨日仕事場の引越日だったのですが、何かバタバタと忙しそうにしていたら許されるよーなフリしてた感があるので、前出の言葉、あイタタタタ、です(^^;)。
その猿丸クン、好きな言葉が「ヒマとムダ」だそうで、ジタバタしかけたら、私もなるたけちょっと息を吸って吐いてみるのも良いかと思っています……そうそう上手く、切り換えなんて、できませんけどねぇ(^^;)。
[PR]
by gyohm | 2005-12-27 23:42 | よもやま
d0063216_21415374.jpg

箱の方は食べられない2004年製(笑)。
手前のケーキは今日買いましたよぉ〜(^-^;

で、箱の方の中身は、、、まさに「よせあつめ」。
『カウボーイビバップ』5.1ch DVD-BOXです。

発売は去年のクリスマス。
で、全編欲しかったワタシ的には実に「買い!」だったのですが、お値段は4万円以上。中途半端なことにすでに何枚か買っていたせいもあり、二の足踏んじゃいました。
んが。
1年経ったらこのケーキ(もどき)、Amazonでなんと半額に!
2話入ったDVD1枚が7千円近くのこの作品、おおお、安い!とばかりにポチッとな。
(Session#0も収録されていたしね)

そして届いたBOXは、Amazonでのレビューでの賛否両論っぷりに納得して笑っちゃうぐらいキテレツなモノでした。デカさについては、もうすでに『イノセンス』のコレクターズBOXで経験済み(済みってね)なので全然驚きませんでしたが、凝り方が楽しくて(前述のリンクページから見るとよくわかります)、とくにビデオテープっぽい作りには爆笑しちゃいました。アレを見たとたん、フェイの幼い頃のビデオのことを思い出したんですけどね(しかもあれはベータテープでしたよねぇ)。

好きなエピソードはたくさんあれど、その最たるものはSession#20の「道化師の鎮魂歌」です。いやぁ、あれは本当にテレビ放映時、息を詰めて観ておりましたっけ。そしてラストの、あまりにも呆気なくて……残酷なところがたまりません(おいおい)。
[PR]
by gyohm | 2005-12-24 21:41 | マンガ
d0063216_23113880.jpg

ちょっと甘口で美味しいですよん(^-^)。
[PR]
by gyohm | 2005-12-23 23:11 | 酒録
d0063216_0301493.jpg

写真と合わないタイトル付けですみません(^-^;
こちらは一昨日、まだ嵐の前の静けさ(笑)な仕事場でスタッフからおごってもらったケーキ。

嵐の前の…と言っているのは、この年末に仕事場の引越があるからです。
また引越かよーーー!です。今の場所にいたのって4ヶ月だった(^^;)。
東京から大阪へ、そして今度は京都。とはいえ今いる大阪の事務所より思い切り都会〜な場所にあるので、お楽しみもそれなりに。でも冬は寒いよ!夏は暑いよ!加えて通勤時間がドカンと増えてトホホ。
そのうえお仕事は30日まで! いやまあ、仕事場で紅白見てたこともありますから、今さらどうってこたぁありませんが、落ち着かないってことに関してはツライものがあります。早く休みになってほしいような、片付かないような……(^^;)。
[PR]
by gyohm | 2005-12-23 00:30 | よもやま

妙にテレビ三昧(^^;)

今日の午後の『あっぱれさんま大教授』にタケ(カワユキヒデさん)って出てたのかなぁ。大阪では放送内容がズレてるってこと、ないですかね。今日のゲストは上戸彩さんってなってるけど、ホームページでは違うみたいだし……でもホームページでの内容は明らかにタケ向きだ(娘を持つ父親ネタ)。大阪と放映内容がズレてることを祈る(笑)。

それはともかく(^^;)。
この放映時間帯(13時頃)は、きっぱり、BS2の『“宝塚歌劇ベルサイユのばら”への誘い』を観てました。一番のお楽しみは、初代マリーアントワネットの初風諄さんがゲストで出るってところです。このヒトの歌声を初めて聴いたとき、なんて素敵なんだろうってうっとりしながら思いましたっけ。
東宝版『エリザベート』で皇太后?の役をされているとき、やっぱり品があって良いなぁとしみじみ思いつつ眺めていました。そして今日も今日とて、とても素晴らしい歌声で、あああ、ここはビデオ録画すべきだったと後悔。エリザベートの方は休演とかいう情報をどこかで観たような気がしましたが……今日のご様子はお元気そうでしたけどねぇ。

で、これを2時間みっちり観た後、30分休憩(!)で今度は『戦う!らくご家超特急2』。司会が例の、先日私が楽しんできた「夢の大競演 三枚看板・大看板・金看板」のメンツがそのまんま司会として出てる(桂文珍、桂南光、笑福亭鶴瓶)。
内容は上方落語界におけるイロイロな暴露大会(笑)でしたが、それも別にいやらしい類のモノじゃなくて、上方落語界での「電車男」特集とか(あのネットでの恋愛ネタじゃなくて、いわゆる鉄ちゃん(笑)こと鉄道マニアの意味。ここで私は初めて乗り専(電車に乗るのが好きなヒト)と撮り専(列車を撮影するのが大好きなヒト)という言葉があるのを知りました)、とにかく野球好きで、落語はその野球の合間にやってる、とか、枝雀・ざこばの、子どもへの接し方の違いとか(ちなみにこの話をしたのは、あの桂春蝶さんの息子・春菜さん。落語家になっているとはつゆ知らず)、はては高級なお風呂(……詳しくツッコミ入れるのはやめて……)へ行った後、お客様への接し方が真摯で見習うべきであるということから、何故か夜中を徹して落語の稽古になったとかいう、面白いエピソードばかりで大笑いしておりました。

ちなみに昨晩、『SmaSTATION-5』も、鶴瓶ちゃんがゲストということでチャンネルを合わせたのに、いざフタを開けてみたら、落語の歴史から二代目春團治のことやら上方四天王(米朝、文枝、春團治、松鶴)とその一門の紹介、それに桂三枝(上方落語協会会長とテロップ)、笑福亭仁鶴(吉本興業顧問…だっけと同じくテロップ付き)のコメント付きという、ビックリするほど本格的な特集番組。そのうえ、前述の三人の落語会のときの、汗だくな鶴瓶ちゃんによる「愛宕山」の様子なども撮影されていて(カメラが出てたのはこれかー)、いやぁん、ビデオ録画すれば良かったーっ!とまたぞろ後悔するワタクシなのでした。
スマステのホームページに番組内容が詳しく出ているので、ぜひ!
(すぐバックナンバーに入っちゃうでしょうからお早めに〜(笑))
[PR]
by gyohm | 2005-12-18 20:16 | よもやま

イケナイ夜のおトモ

d0063216_122949.jpg

デ〇、まっしぐら!

おトモのおトモ(笑)はiPod。現在801曲(笑える数字)をシャッフル。いやもうこうすると全然途切れないので(大笑)時間の経過がわかりません。
それにしても……シャッフルなのにずっとゴダイゴメドレーが続くのは何故っ(^^;)。

そして、オトモのおおモト(大笑)は以下5冊。
・監督不行届(安野モヨコ/祥伝社)
・きみはペット14巻(小川彌生/講談社)
・絶対可憐チルドレン1、2巻(椎名高志/小学館)
・CROWN 1巻(原作:和田慎二・作画:氷栗優/秋田書店)

ちなみに御大発行の次舞台本(笑。わかるヒトだけわかってくださればヨロシ)、今日は出てましたが、結局買いませんでした。情報収集についてはひとくぎりかと。ま、これは【八月】で語るとして。

5冊のこと。
[PR]
by gyohm | 2005-12-17 01:02 | マンガ
タケ(カワユキヒデさん)によるクリスマスパーティ……って思いつつ、東京から大阪へ引っ越したせいで行けず、今日届いたファンクラブの会報に出てる告知を見ながらためいきをつく私でありました……んが。

ゴダ友さんからご紹介されたこちらのブログに、演奏する立場からパーティの詳細が出ていて嬉しい限り(^^)。「詳細」の2からで恐縮ですが、TBさせていただきますね(^^)>和田春彦さん

「バンマスのぼやき」より、ぼやき Vol.218...タケカワユキヒデX'mas Partyの詳細(2)

演奏、お疲れさまでした。
とくに「Lyena」は私も大・大・大好きな歌なので、どんな工夫をされたのか、聴いてみたかったですよ〜。
それと、タケの歌う「ベツレヘム」には特別な思い入れがありますから、それも聴きたかったなぁ。

***

ほほほ、会報にはファンクラブ会費の振替用紙がついてるわ(笑)。
これを入金して、いつものクリスマスなボイスCDが届いたら、ああ年の瀬だなぁ
……と思うわけです(^^)。
[PR]
by gyohm | 2005-12-14 20:54 | 音楽
d0063216_16302761.jpg

日没前の様子を愛でつつ、赤ワインをかっくらい中です(笑)。
これを飲み終わったら、大阪でのミュシャ展へ行ってきま〜す。

……で、これを書いているのは翌日です。
まったりと楽しく過ごして来ました。美術館(サントリーミュージアム天保山)隣の海遊館の夜景なんかもパチリとね(^^)。

d0063216_202118.jpg


で、肝心のミュシャ展覧のこと。
[PR]
by gyohm | 2005-12-10 16:30 | アート

音楽のような風

この歌、とっても好きだったなぁ(いや、もちろん今も好きですが)と思いながら聴いています>『音楽・夢くらぶ』のEPOさん本人&葉加瀬太郎ヴァイオリン

前々からちょろちょろ繰り言のように言っていますが、歌手のヒトはやはり個性的な声じゃないと、と思っています。こうやってパソコンに向かい、キーボードでタカタカと入力している間に、ふとテレビから流れる歌声にハッとして思わず、ディスプレイじゃなくてテレビの画面を観ちゃう、みたいなことになるのは、個性的で魅力的な声。
いくら歌が上手くても、「あのヒトが歌ってる!」というのがわからなきゃ、たぶん私は、気持ちよく入力作業を続けていることでしょう……あいや、もちろん、歌が上手くて、かつ、個性的であることがイッチバーン!ですけど。

ところでEPOさんのこと。
「音楽のような風」とは別口のお気に入りとしては「12月のエイプリルフール」ですが、どうだろ、時節柄ピッタリなんだけど番組中で歌うかなぁ(失恋歌だから寂しいんですけどね)。

……あら、番組が終わっちゃったわ。
聴けなかったせいで、ごっつい聴きたくなったんですけどぉ!
[PR]
by gyohm | 2005-12-08 23:40 | 音楽