∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

<   2007年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

7月30日までのよもやま

▼どうでもいい水事情
玉木ファン的には、水はヴィッテル……なんですけど、味がなーやっぱりなーイマイチ好きになれない(コントレックスよりははるかにマシだけど。アレは体質に合いませんでした)。でもヴィッテル、500mlのボトルはとってもお気に入り。頑丈で、滑りにくくて、飲み口が少し大きくて、綺麗な赤のキャップは他のペットボトルとゴッチャになることなくてわかりやすい。なので、エコ路線で、飲み終わった後ラベルははがし、中に他の水を詰めて持ち歩いています。
で、もっぱら家での愛飲は六甲のおいしい水。味はフツーに美味しいし、やはりボトルの点数が高いのです。母のような力のないヒトにも持ちやすく、キャップも開けやすい。それにふだん使うときには潰れにくいけど、ちゃんと踏み潰せばペッタンコになってくれる。潰しやすいのをウリにしてるボトルは、ともすればヤワくて水を注ぐ時点でボコンとへっこんでグラスに入れにくいから。
炭酸ガス入りではサンペレグリノ。ビールをもう1缶飲みたいなーっていう呑んべ波をせきとめる役目を果たしてくれる(^_^;貴重なガス入り水。イタリアに行ったときはこれかパンナ(ジャケ買いというウワサも(笑))でした。
てなわけで、家の冷蔵庫には六甲のおいしい水とサンペレグリノが常備、手元には、ヴィッテルのボトルに詰めた六甲のおいしい水ががが(^_^;

▼初めての……
体験(爆)。27日(金)に「ジュリ誕祭」主催の絵チャとやらに初めて参加しました。
チャットというか、ニフティなパソ通出身者的には「RT」(リアルタイム会議。要するにチャットのこと)はバリバリやっていましたが、字書きですから絵チャなんて用ナシですわ、ステキ絵を拝むだけですわと思っていたのですが、いろいろ教えていただいたら何かオモロイ工夫がいっぱいあって、字書きなりに楽しませてもらいました。スルスルと、絵描きさん方によってできあがっていくジュリ絵を拝むのもオツでしたし(^^)。
てなわけで、文字入れ(笑)だけで参加させていただいた絵の方は、「ジュリ誕祭」内絵チャのギャラリーに飾られています。こちらでもいろんなジュリアスが拝めるのでジュリ好きさんはぜひ。

▼そう言えば
絵チャねたでも書いたチャットのこと。「RT」って、ずーっとRTって言ってたから、何の略だったかど忘れしたわ(おい)と思い、たぶんリアルタイム会議でいいんだよねと検索してみたらやっぱりそれでOKでした。
私はもっぱら仕事柄でRTをやっていたのですが、仕事の合間に趣味系で行きつけのフォーラムで知ったIDを見かけるとsendを送り(sendを送り、って頭痛が痛いって言ってるよーなモンですが(笑)。今で言うとメッセンジャー?)、RT場所へ引きずり込んでワイワイ喋ってましたっけ(パソコン上で)。大晦日ともなると、100人とか平気で参加していて、年越しのとたん一斉に「おめでとー」と書き込むもんだから、画面スクロールも重くて時間がかかったものでした。自分の書き込みもなかなか出てこなかったりして(^_^;。
今はすっかりご無沙汰、でしたが、絵チャのおかげで久しぶりに楽しゅうございましたよ(^_^)。
[PR]
by gyohm | 2007-07-31 01:30 | よもやま

7月25日までのよもやま

ただいま26日の0時過ぎ。
わらび餅、食べてます(笑)。美味いです。

▼iTSのメルマガで
件のMonkey Majikの西遊記CDがアルバムで1位なのを見て、お試し聴きをする。
んー。
んー。
んー。
(もうエエって)
とりあえず、ゴダイゴの「Monkey Magic 2006」を聴いて一息入れました。

▼宇多田版エヴァ曲
実はちょっとというか、かなり引いた。だってもうすっかり、エヴァに関しては高橋洋子さんで馴染んでいるから。初めてあのOP映像とともに流れた「残酷な天使のテーゼ」を聴いて、観たとき、心底スゴい、と思いましたもの。
で、やっぱり「Fly me to the moon」はさすがというか秀逸>宇多田版
でもなぁ、テーマ曲はなぁ……何だかなぁ……別口のモノを思い出しました。エヴァ映画は観る気マンマンなので、ちょっと残念な気がします。エヴァと音楽というのはそれほどに密接なものがあると思う(そういえばオーチャードホールでのオケコンサートも、行ったんだった…)
ところでエヴァ曲って、iTSでしこたま出てるんですよね。あのあたり、私はCDじゃなくてMDで保存していて今はそれを全く再生できない状態なので、それこそニンジンを目の前でブラブラされてる馬の気分(^_^;やばーい。

▼11月23日かぁ
どうしてるかなぁ(^_^;てなわけで、映画『ミッドナイトイーグル』の公開日だそうで、公式サイトに特報3の映像と共に玉木くんのナレーションが聴けます。ちょいと高めだがエエ声や……(しみじみ)。エエ声といえば、四国電力のラジオCMで声だけ聴くのもオツなもの。テレビCMの方は歌付きで映像とともにポエミーで良い感じです。
ちなみに私の「エエ声なヒト」認定(爆)は、城達也、家弓家正、細川俊之(ここまで全員FMラジオで大活躍のヒトだ(笑))、声優さんでは山寺宏一(敬称略)。
……まあそれこそ、どうでも「エエ」ことですが(^_^;
[PR]
by gyohm | 2007-07-26 01:16 | よもやま

7月20日までのよもやま

まずはぎょーむ連絡。
▼ジュリ誕祭
【八月】サイトのメインイベント月でもある、まんま8月(笑)に向けてこんな素敵な企画が(^^)→ジュリ誕祭
いろいろなジュリアスが拝めそうで楽しみです(^^)/

次は覚え書き。
▼濃い濃い……
NHKのBS2で8月の、なんと1週間、押井守監督特集が組まれます……恐ろしい(おいおい)→『とことん!押井守』
最終日の8月11日は、なんと午後10時から翌日午前5時まで生放送、徹夜で生トークだそうで(^_^;まーどこまで観られるかわからないけど、とりあえず『アヴァロン Avalon』と『イノセンス』は観ないと(いや、だから『イノセンス』のDVDだけで3枚持ってるから今更テレビで観てどーする!ですけど(爆))。

そしてさっき。
▼アフロはアフロでも
真澄ちゃんじゃなくて佐藤(笑)<『ウォーターボーイズ』
こーして改めて玉木ファンになってから眺めると、何だか感慨深いものがありますね……みんな、若いわー(^_^;
ちなみにこの映画、玉木前(笑)はもっぱらシンクロ演技時の選曲に注目していました。まさかこんなところで「あなたのとりこ」(シルヴィ・バルタン)が聴けるとは……フレンチポップス好きとしてはたまりません。のっけからの「ダイヤモンド・ヘッド」(ベンチャーズ)もだし、なんといってもフィンガー5の「学園天国」なんてよくもまあ選んだこと……なんて言ってたら、それこそ青江三奈の「伊勢佐木町ブルース」に至ってはもうコメントのしようもない(^_^;
それにしても、この映画でガンガン泳ぎまくっていた玉木くんが、後に水恐怖症の千秋役をやろうとは(笑)。

で、その続き。
▼モンキーマジックとガンダーラを歌っていいのは
ゴダイゴだけ!!!
……なんて大人げなく口走った(^_^;『ウォーターボーイズ』後の映画『西遊記』番宣。あまりにもあまりにも耳に馴染み聴き慣れた歌ゆえに、このカバーは違和感バリバリ。たぶん、ほとんどアレンジしてないせいだと思う。むしろ返って思い切り編曲してくれてた方が素直に聴けたかもしれない(たとえば「君は恋のチェリー」でBRAHMANがカバーしたのは好きだ)。
いやしかし、ホントにこの2曲、フジテレビ系『西遊記』の中で流れるのかな。公式サイトを見るとすでに6月にMONKEY MAJIKによるシングルが発売されてるらしい。えー、そうなのぉ〜?(ものすご、不満そう(^_^;))
……とはいえ、こうして露出して、またご本家の歌が改めて認められたら、それはそれで嬉しいな。
#お、ところでさすがに映画の主人公のせいか、このサイトではちゃんと香取慎吾さん、顔が出てますね。J系は一切画像が出ないのに。
(そんな、どーでもエエことを(^_^;))
[PR]
by gyohm | 2007-07-21 02:02 | よもやま

7月14日までのよもやま

台風ですね……もうすぐウチあたりにもやってくるようですが、今のところはなんとなく静かです。雨はザンザン降ってますが。この台風に加え、母が腰を痛めたことと私も体調がイマイチのため今日は初めて誰も父の病室へは行かず。なーんとなく気が重いと思いつつ、ついさっき、夜中のドーナツ食いというヤバいことをしでかしました(おい)。定番のフレンチクルーラーとココナツチョコを食べちゃった(おいおい)。情熱と誘惑のチュロは明日にしよう(おいおいおい)。

それにしてもあの、ミスドのチュロCM、何の前知識もなく店頭のレジに出てるのを観たら絶対のけぞりそーです。なに、あの、「オレはやるぜ、やってやるぜーっ!」なノリから一転、のジルベール! なに、あの、はうーん、せしぼーん!(爆)思い切り遊んでますね。あれぐらいやってくれたら、もはや何も言うことありません。エラいよ、マジで(笑)。んーまだ公式サイトには掲載されませんねー。出し惜しみしてますかねー>ミスド

はうーん、せしぼーんじゃないっすが、7月14日って私にとってはシャンソンを聴く日なので(笑)久しぶりにiPodのシャンソン群あたりを聴いています。そういえば、玉木追い(笑)のせいもあって最近CMの間に用事を済ませることなく(^_^;観てることが多いんですが、ちょこちょこ流れてますよね。で、車のCMを観てると、アレンジされての「ラ・メール」が。CM自体はさわやか〜なので別にイヤじゃないんですが、BGMに流れている歌が英語なのはちょっとムカつく……サビで♪ラ・メール♪って歌ってないもん。えーっとどの車のCMだっけ、と調べたら、曲名が "Beyond The Sea"ってなってました。ああ、なるほど。でも「ラ・メール」はやっぱり、総本家(!)シャルル・トレネでしょー!と思ってなおもネット海に潜ってみると、結構昔からこの"Beyond.."というタイトルでハリウッドでも大いに流行っていたそうです、あらら。総本家(もうエエって)がいいのに私がムカついてドウシマスカー(^_^;

「ラ・メール」を聴いたら、私の場合、自動的にポルナレフの「渚の想い出」を聴くことになっており(逆も然り)、これがポルナレフの曲群で最も好きな歌でもあります。で、ここらあたりから、それこそ思い出数珠つなぎ(笑)。この2曲を聴くとウチの【八月】サイトねたからジュリロザの『八月。』を書いていたときのことを思い出し、そうそう、そう言えばあの頃、六本木ヒルズでエルメス主催のアート系イベント(名称思い出せず。そこでまた検索。「地中海を巡る想い」でした)があって、あそこで「地中海の庭」という素敵なネーミングの香水を、それこそ、ジャケ買いならぬ<名前買い>したっけ、そう言えばそう言えば、気分転換代わりにしか使わなかったからずいぶん長持ちしてたけど、もうあんまり残ってなかったんじゃないかなとボトルを見てみれば、うわ、マジでなくなってるよーすごく気に入ってるのにーでも売ってるのかなーと検索。
ありました。買いました。ついでにジュリアスファンならではのブツまで(笑)。
あぅ、思いも寄らぬ出費(^_^;でもちょっと香水を探すのって楽しかった。思わず以前持ってて気に入っていた香水がまだ売られているのかとチェックしてみたり。中にはボトルデザインが大きく変わっていたもの(グレのカボシャールとか。)もありましたが、たいていはまんま残ってました。考えてみれば、ああいうのってそうそうなくなるもんじゃないっすよね(^_^;
[PR]
by gyohm | 2007-07-15 01:52 | よもやま

ついに…

来ましたね(ニヤリ)。
のだめがフジ系新春スペシャルで帰ってくる!2夜連続放送

朝、ドタバタと出勤準備をしていたらテレビからベト7が聞こえたので、もしかしたらと振り返った瞬間、このニュースでした<めざましテレビ

さあこれで、私もHDDとかDVDとかあるいはブルーレイとかを見据えたお買い物に、正面から向き合う覚悟ができました(笑。いや、前から思ってるから)。あ、でも番組の録画規制って、9回までOKとかになりそうなんですよね、いやはやどうしたものかな。
[PR]
by gyohm | 2007-07-11 10:27 | よもやま

7月10日までのよもやま

まずは飲食ネタから。

▼ラベル買い(笑)
d0063216_1425144.jpg

だって、ミュシャ絵だもん(^_^)b。
カミユ・ジョセフィーヌ(コニャック)。久しぶりにチョコレートをアテ(^_^;に飲んでます。買ったまま、箱に入ったまま放置していたんですが、ふと思い立って(というか、もう手元にあったブランデー類がなくなっ(ぼか))さっき開けました。
コニャックにしては華やかで軽めのお味で、まあ気楽に飲めますが、私はもちっとドシッとしてる方がいいかなー。

で、次。

▼のだめごと2つ
原作版は8月までお預けで悲しい。

◎アニメ版最終回
ハリセン圏あるいはカンテーレ放送区域のため放映が遅いうえに、私自身もドタバタしていたのでようやく先日観ました。
いやまぁオケ等演奏会シーンの止め絵っぷりについてはもうとやかく言いますまい。以前のことを思えば千秋の指揮含めかなり動いていたような気はしますよ(気がするってね(^_^;))。ベト7長く楽しめましたし。
「記憶は」みたいなテロップは、初回にも出てきましたね。んーそういう細かな工夫はそれなりによくされていたと思います。大川ハグはやはり感慨深いものがありましたし……EDにいろいろエピも細かく詰め込まれていましたし……って、オトナの事情の23回なんでしょうけど、ツメコミ過ぎ。せめてあと1回あっても良いかと思いましたよ。もしくは1時間拡大版にするとか(笑)。
干潟のところでのだめ父と穏やかに喋る関千秋(笑)の声はなかなか良かった……ああ、そういえばオクレール先生の声……冬月<清川元夢さん>でコッソリ豪華だと思ってしまった(笑)……って、そういうこと言うなら、高橋君の声、石田彰さんってのはどうよ(笑)>Sさん(名指し)(悪いけど、全然気づかなかったよ、私(^_^;))
ドラマ版でパリ編を望むのはかなり難しいでしょうから、せめてアニメで見たい気はします。でも指揮コンクールあたりですでに手詰まりになるかもしれ(ぼか☆)
いやーんでも、コスプレkissはみたいし、ノクターンあたりや、「のだめさん」もぜひ。んージレンマ(^_^;。

◎のだめドラマ版(DVD)
ようやっと全編見終わりました。毎日1話ずつ、母と観ましたら……ふふふ、ハメましたよ(ニヤリ)。「これなら何回観ても面白いね」と言わしめたのは、上野のだめのあの独特な口調だったわけですが、オケやピアノの演奏シーンも魅力的だったようです(玉木千秋の髪型は不評でした。前髪垂れてるの、男女問わず気に入らないんですよね、ウチの母)。
ちなみにLesson10の日で、最終回のLesson11は翌日鑑賞予定だったものの、「こんなトコで切られるのはイヤ」とのたまい、そのまま11へ突入して観てしまいましたよ。
月9ドラマにしては画期的に10代ファンが多い、とは軽部アナウンサーがのだめオケコンサートで上野&玉木ゲストの折に言ってましたが、一方でウチの母の年代までも網羅してしまう……層の幅が広いや(^_^)。

さてさて。以下はダラダラと長い玉木ネタ。
[PR]
by gyohm | 2007-07-09 01:03 | よもやま

7月3日までのよもやま

▼まずはぎょーむ
ブログのスキンを模様替え。ついでにメニューもこざっぱりさせ(カテゴリなんてあったって、どうせいつも「よもやま」だし(^_^;))、今年以前の日記もお片付けしました。何かさっぱりしてて気持ちいいなー。

▼御縁ある傘
時節柄というべきか、傘をバスにうっかり置き忘れ。一瞬、「もう年季も入ってるし、そろそろ買い換えてもいっかー」なんて思ったけど、あの傘、結構色が私の服の色にマッチするし、かと言ってのっぺりしてるワケじゃないし、便利良かったんだよねーと思ったらやっぱり惜しいと思い直して問い合わせ。預かってますよ、と即答をいただき翌日引き取りに。んー、やっぱり馴染む(^^)取りに行って良かった。
この傘、実は以前、職場の上司に外出の際、勝手に持ってかれて、しかも行った先の店でなんと他の傘を持ち帰られて放置プレイの憂き目に遭ったこともある。そのうえ「この傘(間違った傘ね)でいいじゃん」と言われ、キレました。「いいですよ、私が行きますから」冷たく言い放つ私の不機嫌顔は、そりゃもう思い切り不機嫌モードなので(つくろうことができない未熟者)上司もキレて「取り替えに行けばいいんでしょ!」ときた。逆ギレじゃん。まあでもちゃんと戻ってきましたよ。
かと思えば、短い命(^_^;のものもある。買って1週間も経たないうちにどっかに置き忘れた黒の日傘。母との旅行でバスの棚に載せてそれっきりの日傘(日傘ばかり(^_^;))。あーあ。

▼イケメン♂パラダイ……?
……テレビドラマの方じゃなくて(予告でチラッと見たベンチシーン、あれって(以下略))舞台。うっかり「7月1日のよもやま」で書き忘れてました。
→ラプソディー・イン・ブルー(6/30 大阪梅田芸術劇場)
実は『R-HATTER』から気になってたんですよね>服部有吉さん
でも行けないうちに日々は過ぎ、ふと手にしたチラシがこの『シンフォニック・バレエ ラプソディー・イン・ブルー』。それに他の曲目にバーバーの「アダージョ」、メンデルスゾーンの「イタリア」まで出てる。のだめ軍団(^_^;的に、行けってか?(笑)
プログラムとしては以下。
・ドビュッシー「月の光」
・メンデルスゾーン「イタリア」
・バーバー「アダージョ」
<ここで休憩>
・シェーンベルク「浄夜」
・ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」
指揮は金聖響さん。ダンスとオケとが一緒になって舞台をつくる、というのは、それこそH.アール・カオスの『春の祭典』と『ボレロ』に行ったことがありました(こちらは指揮が大友直人さん、オケは都響。そうそう、大友さんのもろ足元だったんだ、席(笑))。で、あのときはオケはピットの中に入ってましたが、今回は舞台の上。ダンサーにとっても、オケメンバーにとっても、狭くないかなーとちょっと心配に。ピアノも置いてあるし。ていうか、梅田芸術劇場の舞台って狭い(ここでベルばら観たときにも「狭い」連発してましたが(^_^;))。だがしかし、ふと観ると……舞台のオケの上に屋根が。ああ、二階建てかー、なるほど(笑)。
一緒になって舞台をつくるだけに、初っぱなから、なんと舞台の上には金聖響さんただひとり。オケのメンバーは幕が上がった後に指揮者の待つ場へ入場です。そうしているうちに、ダンサーたちが入ってきて(一人は客席を通って)舞台へ。
いやしかし、H.アール・カオスとか宝塚(笑)と女性ばっかりのダンスを見慣れていたせいか、こんなにボコボコ(ボコボコってね……)若い男の子ばっかり出てきちゃって、ぶっちゃけビビる(^_^;だから観ながら脳内で呟いていたのが小タイトルの「イケメン♂パラダイ(略)」。
それにしても私の席ってば、舞台に向かって右寄り(前から5列目でしたが(^_^;))。せっかくの「ラプソディー…」でピアノ側が取れないのは残念です。ラ・フォル・ジュルネでの小曽根さん時にはバッチリ取れていただけに……とはいえ、今回は前にダンサーがいるから、どっちにしても手が見えないか。でもダンサーさんたちはとってもよく見えました。踊ってる途中の汗が吹き飛んでるところまでバッチリと。
でもね(^_^;実は指揮も観たかった(おい)。聖響さんの指揮は初めて生で観たんですが、素人目にもわかりやすいし、身振りが綺麗。前で踊るイケメン(もうエエって)もだけど、そっちにも目がいって正直忙しい(^_^;オケ側に注目するとせっかくのダンスを見逃すし、オケもやっぱり気になるし(笑)。
「アダージョ」のラストと「浄夜」のスタートで、ダンサーの位置が同じだったのですが、つまりこれ、本当は休憩を間に入れるもんじゃなかったんじゃないかなと思うんですがどうでしょう。というのも、「浄夜」までと、「ラプソ…」とじゃあ全然流れが違ったので。「ラプソ」はかなり娯楽性に富んだ内容で観ていてワクワクしました。ピアノ(ジャズ・ピアニストの松永高志さん)もアドリブがきいてましたし、ピアノがガンガン鳴ってる間、聖響さんと服部有吉さんとがくつろいでダベってる風なのもツボでしたし。
ぶっちゃけ、「浄夜」と「アダージョ」あたり前述どおりしっとりしていたのでかえって私は観やすかったのですが、「イタリア」はちょっと中途半端に目が散ってしまってオケばかり観てしまった(コミカルにしたいのか、抽象的にしたいのかよくわからなかった)。
ところで、のだめファン的には「アダージョ」「ラプソ」はやはり聴き慣れていただけに良かったですね。とくに「アダージョ」は家に帰ったら件の「神さまが呼んでるから」シーンのところ、DVD観たいって思ったぐらい(※ここで言う「DVD」ってもちろんのだめドラマ版DVDのことです(^_^;))。今、Lesson6までリピしましたから、アダージョ(Lesson8)まではもうちょっと、ですね。

▼……てなこと言ってたら?
前回の7月1日よもやま(笑)で、ゴダ友さんから玉木切り抜きをもらったと書いていたら、今度はポル友(ミッシェル・ポルナレフ)さんからなんと、アンジェリークの情報をいただいてしまいました(爆)。「横浜フランス月間・2007」
で、行ってすぐ壁紙2をゲット(わかりやすい!)。ジュリアスはちょっとオトナ顔で、ゼフェルの表情は柔らかめかな。ジュリアスとクラヴィスがカミトリもとい神鳥を間に置いてちゃんと両翼してるんで、ここらへんは気に入っています。エンジュよりリモ陛下であって欲しかった気はしますがね。あ、でも、由羅さんの絵の出来としては壁紙1の方がいいなぁ……エンジュ、ミュシャモードですね。聖獣組の光と闇の方が正面向きだ、いいなぁ(ぽちっとな)。ありがとうございます。すっかりご無沙汰してるのに気にかけてもらって嬉しいです。また御礼メールが後手になってますが、書きますねー(^^)。
……で、ポルナレフ、来日しないって、、、ガックシ。せめてライヴのDVDだけでも発売してほすぃ……。

▼ガックシといえば。
ヴィエラ先生もといズデネク・マカル(チェコ・フィルハーモニー管弦楽団指揮)。11月に来日、あのチェコ組曲も演奏するとのことで、スケジュールにもきっちり書いて心待ちにしていたのに、東京と横浜にしか来ない。しかも東京なんて平日だ。ダメじゃん。
……まあもう今は、大阪とか京都でも平日はとっても無理!な感じですが、来てほしかったなぁ。

▼えええ
ミスド、緑(抹茶)の次は赤(ハバネロ)と黄(マンゴー)ですか……。
ぼちぼちMAZDAも新ヴァージョンのCMになるだろうし、見るの、忙しいんですけど(^^)←嬉しそう(笑)
[PR]
by gyohm | 2007-07-04 01:33 | よもやま

7月1日までのよもやま

いろいろ書きためたままupするところまで至らずにいたので(パソの前で仰け反って眠りこける日々(x_x;))ごっつい長文……をupしようとしてまた挫折(^_^;ダメだコリャ。
てなわけで、できうる限りの短文を目指してGo!

▼ビストロに一豊(違)
6/25(月)のことでしたっけ(^_^;。上川隆也さんがスマスマのビストロスマップに出てたので、この人がバラエティに出るなんて珍しー!と思わず観る。案の定、「がんばれー」と声援を送りたくなるようなノリの悪さ——いや私は上川さん、お気に入りなんですよ、ホント。『功名が辻』だって当然この人が出てたから観ていたんであって、決して康豊(玉木宏)目当てじゃなかったし。
んー、やっぱりこの人は、ドラマとか舞台とかのみ観るようにしよう(おい)。今度のゲイの先生役、ちょっと観てみたい(^^)。

▼康豊も観る(だから違う)
で、それはさておき、上川版ビストロスマップを観てるうち、何故か上野樹里&玉木宏ゲスト版を観たい気持ちがふつふつと湧き起こり、ビデオをセット。
……ああ、微笑ましいっすよ……和みますよ……(おいおい)。どっちのチームが勝者か決める相談になかなかやってこない樹里ちゃんを待つ玉木くん、それまでの様子を観てキムタクの「本当に(玉木くんって)いい人」発言までもがエエ感じです。
でで、芋づる(笑)で、玉木ゲスト版『徹子の部屋』出演時も見る。あの頃はまだ、のだめドラマ版が始まって間もない頃で「まあとりあえず録画しとくかー」だったんですが、まさかこれがお宝映像になろうとは(笑)。このときの徹子さん、連発で「キレイ」発言してた気持ちがものすごくよくわかる。本当に綺麗です(マジで)。
そうして、芋づるのつるがずるずる延びて、とうとう恐怖ののだめドラマ版DVDリピが始まりましたよ、、、だって面白いんだもん(直球過ぎ)。

▼「フッ」だから(意味不明)
マツダのデミオのCM、始まりましたね。デミオ(プレ)のサイトよりも例のNEW TARGET.NEW DEMIOのページ内のCM映像の方がちょっとでも大きいので楽しく鑑賞していますが、「フッ」と鼻で嗤う(まさに「笑う」じゃなくて「嗤う」)玉木姿に何様オレ様千秋様の幻影が(笑)。こんなドSな表情してるかと思うと、永谷園のそうらーめんのCMを観て呆気にとられます(^_^;ホンマ、永谷園の方はエエ兄ちゃんモードやなー。ヴィッテルは天然ぽいし、ミスドは若旦那だし(笑)、まあ実にいろいろな「顔」で楽しませてもらってます。
それに加え読売新聞。ラジオCMがヨリモのサイトでupされましたが、いい声です。何度聴いても飽きない。「声」編もいいけど(こんな声でニュースが読まれたら、寝るどころか必死で聴くゾ(^-^))、私、「定食屋」編が結構お気に入りです。このお店の親父さんが伊武雅刀さんだったら(笑)。やっぱ、サービスは餃子じゃなくてクラブハウスサンド(ピクルス付き)でぜひ。

▼……てなこと言ってるから?
とうとう、ゴダ(イゴ)友さんから昔の玉木くん切り抜きをもらってしまいました……(爆)。いや、アンジェリーカー組からもらってもジュリアス例があるから(笑)それほどには思いませんが、ゴダ友さんからもらうってシチュがなんとも(大爆)。お礼メールも送らなくてごめんなさい>Nさん これは絶対ぎょーむほーこくしなくちゃって思っちゃって(こら)。この後御礼メール書きます〜。
で、件の切り抜き。茶髪でポロシャツ着てる。日付は2006年6月4日。どうやら朝日新聞らしい。「元気のひみつ」という健康ネタらしいのに何故か「目覚めにナッツチョコ」なんて不健康なキャッチが(^_^;ええ、朝からチョコレートってのは知ってますよ(笑)。知ってるって言える状態になってきましたよ(^_^;私も病膏肓に入るって感じ。

▼買った本
・LIAR-GAME 1~4巻(甲斐谷忍/集英社)
無事、ドラマ版最終回見終わりましたので買いました(ドラマ版、楽しみました〜(^^)。
)。もともと甲斐谷さんの絵、好きだったから遅かれ早かれ買ってはいたと思いますが。まだ、ぺらーっとなぞっただけ。ぼちぼち読みます。
・群青学舎2巻(入江亜季/エンターブレイン)
大クリティカルヒット。相変わらず趣味のいい装丁。1巻から良かったけど、2巻はもう爆萌え(おいおいおい)の「北の十剣」(5話)。なんで爆萌え(もうエエって(笑))なのかは読んでもらったらわかります。主人公がもろ私の趣味(笑)。
他のエピソードも好きですが、「時鐘」のラスト、女の子の表情とコメントが秀逸(ぷぷぷ)。

▼6月27日の獅子座
以下、引用。
日ごろの無理がたたって、体力面に赤信号が点滅し始めそうな日です。
頑張るのはよいのですが、もう少し要領よくやるようにしないと、目標を達成する前に断念しなければならなくなりそうです。
まずは、健康管理をしっかりとしましょう。十分な睡眠時間を取れるようなスケジュールを組んでから手をつければ、効率よく進めることができるでしょう。
この日の忙しさの原因は、あなたの頭の中が整理されていないことにあるようです。

……ああ、このラスト1文の鋭さってば(^_^;;;;;
とりあえず明日はちょっと寝るようにしよっと、そうしよっと。ではお休みなさい。
[PR]
by gyohm | 2007-07-02 02:40 | よもやま