∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

<   2008年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

何か他にいっぱい録画するものがあって、なかなか腰を落ち着けて鑑賞できませんでしたが、ようやっと昨日観ました>鹿男2回目

いやもう2回目にして、サントラ盤、早く欲しいんですけど(笑)。
あのED曲ももちろんですが、他にも良い曲目白押しで予約しなきゃ!と思って行きつけネット店(笑)に行ったらもう売り切れ(^_^;いや予約が売り切れって意味なので、他でいくらでも買えますが、やっぱり同じこと思ってる人が多いんでしょうね。
ちなみに今回のお気に入りはED曲をゆったりとして柔らかな感じにアレンジしたもの。えっと……酔いつぶれた藤原くんをおんぶして、部屋で寝させるまでのあたりで流れてたかな?

ラストからED曲への流れ、1回目もですが2回目なんてホント絶妙でしたね。小川先生@玉木くん、魚眼レンズ気味のアップで2回短くまばたき後に驚愕の表情。驚愕も、初めて鹿と接触したときとはまた異なる引きつり混じりのソレ(上手い!)に変わるあたりから流れ始めるED曲のドドッドドッドの音。小気味よくてたまりません。

音と言えば、1回目でもちょろっと出てきた、シャン!という鈴の音。第2回では結構出てきました−−おもに鹿が現れるときに鳴りますよね。あれ、とっても効果的なんですが、あの音が鳴ったら自動的に私の頭の中で「遠神恵賜」(とおかみえみため)が流れますよ。ああ鹿男のサントラがないから『攻殻機動隊』(映画版ね)と『イノセンス』のサントラ聴こう、傀儡謡〜遠神恵賜だ!(おいおい(^_^;))。

まあそれはさておき(笑)。

小川先生はいわゆる、もっちゃり(笑)した外見ですが、ときどき小川先生もどきの玉木くん(笑)に。奈良から京都へ向かう近鉄の車窓から鹿を見つけたときのたたずまいと視線は素敵ですよ。それとゴルフの打ちっ放しシーン。ゴルフは私もやったことがないけど、素人目にもきれいなスイングだ……あれで空振りする方がむしろ難しい気もしますよ(笑)

藤原くん役の綾瀬はるかさん、何故か私、可愛くにこっとしてるより……実はブータレてる方が萌え(笑)。1回目のウェディングドレス姿でぶーっとしてる写真がテレビ番組情報誌に出ていて、鹿男の記事扱いが小さかったからどうしようかと迷っていたけどダメ押しになって買っちゃいました(^_^;
そして小川先生におんぶされてニコーっとしてたのに、脳天気にもマドンナ話をデレーっとしながら話されて(またこの小川先生のデレ顔が笑える)むぅっとするのもたまりません(おい)。でも最たるものは、料亭「狐のは」から帰った翌日の二日酔い顔(爆)。めちゃくちゃ美味しそうに、たぶんマドンナwith LOVEな生八つ橋食べてる重さんこと佐々木蔵之介さん(マジで美味そうです。「きょうめいどう」の金粉?混じりの生八つ橋、食べたい!)の様子を見て、「うぇっぷ」と吹いてる顔。面白い(おいおい)。ホタルノヒカリ、ラストあたり怒濤で観て最終回もきっちり録画したぐらいお気に入りでしたが、エエ感じです。

重さんとばあさん(原作既読なのでこの言い方)……祖母と孫。髪型から喋り方から噂好きのくせに噂は好きじゃないとのたまうトコまで(!!!)そっくり(^_^;
ばあさんはもっともっと高齢の、顔が丸くて、背の低いイメージがあったので、最初はちょっと、演じている鷲尾真知子さんに違和感があったんですが、孫との絡みを観ると、これはこれでピッタリかな、と思いました。

それにしてもあのサンカクが「生八つ橋」だったのは(もちろん本当は違うけど)、原作既読者からすればビックリな改変ですが、良かったと思います。あれでマドンナが重さんスキーだというのを暗に示しているわけですし。ていうか……八つ橋だって知ってたのか?(笑)>鹿

反対に残念だったのが、奈良健康ランドのシーンがなかったこと。小川先生とリチャードのサウナシーン観たか(ぼかっ☆)
でも風呂で泳いでほしかったですね。それでこそ『坊ちゃん』を彷彿とさせるシーンですし、玉木くんの特技は水泳だし(爆)。

第3回では鼠絡みのネタで米朝さんの落語が聞けたらいいんだけどなぁ……。
もちろん玉木くんファンだからこのドラマが好きなんですが、原作好きでもあるのはこうして何気なく上方落語絡みのことも出てくるからなんですけどね(笑)。
でもどうやらまたオリジナルな展開になるようで……ラスト、落ち着くところへ落ち着くでしょうけど、そこにどうやってたどりつくのか、楽しみです。

そうそう。公式サイトに鹿関連の動画が出てます。
むちゃくちゃ可愛いです(^_^;<鹿
そして玉木くんに続きお誕生日おめでとーの堀田イトちゃんこと多部未華子さんのケーキがべらぼうに美味そうだ(笑)。(イトちゃんはホントにイメージぴったりだ)
このドラマ……何かまあとにかく食べ物が美味しそうだ(オチがそれか(笑))。
[PR]
by gyohm | 2008-01-31 02:44 | ドラマ

1月28日までのよもやま

▼芸術新潮2月号
目的は、特集の源氏物語じゃなくて、小特集のアルベール・アンカー。
ナニこの素晴らしい絵はっ!
でもこのガラスの瓶の質感、見たことある気がするから、きっとどこかでお目にかかっているのかも……なんて(^_^;←イマイチ自信なし
結構ページを割いて紹介されているので、メインじゃないけど買っちゃいました。見れば、近くで展覧会がある!絶対行く。
芸術新潮サイトで立ち読み(!)できます。TOPページ目次からどうぞ。

▼題名のない音楽会
ハネケン(羽田健太郎)さん亡き後、入れ替わり立ち替わりのゲスト司会者でつないでいっていましたが、ようやっと新司会者が決まったようで……佐渡裕さんかー!西宮のオケの公演は大丈夫ですか〜? 『題名の…』は収録だから、金土日の定期公演には問題ないでしょうけど。

▼新しい「シカクモチ」
千秋&チュロ(ミスドCM)の混ざったよーなノリのものに変わってましたね<ユーキャンCM
重低音がいや増しで、玉木くん、エエ声です。これは千秋仕様かな。『鹿男』の小川先生はちょい高めに設定してるから、聞き比べると面白いですね。
(期間限定だからもう終わっちゃってるでしょうけど)

▼ムーブ見た
関西ローカルWSでの映画『KIDS』についての玉木くんと小池徹平くんのインタビュー出演、先日のぷいぷいは見事に見逃しちゃったのでこちらは押さえました。ふだん平日午後のWSってまず見ることがないから、番組のコメンテーター側に濃いぃヒトがいるのにビックリ。んー玉木くんの投げキッス(投げキッスって何だかものすごく古典なノリでこれはこれでビックリだ!)より小池くんの分だけでいいっていうオジサンがいるんだ……いや、いてもいいけど、番組上で堂々と言っちゃうところがスゴいなぁ(^_^;フォローなのか他のオジサマが「僕は玉木くんがいい」みたいなことを言ってるのも笑えましたが(爆)。

以下、長めのアニメイト話(笑)。
[PR]
by gyohm | 2008-01-29 08:00 | よもやま
今、列に並んでいます。
15時から始まることになっているんですが…50センチほど動いた???(^-^;
場所がちょっと繁華街から離れているから人が集まるのかななんて、よけいなお世話でした(笑)。結構呑気に来た私の後にもぞろぞろと、人がやってきますよ(^-^;
あ、ちょこっと動いた(笑)。

*** 以下、追加 ***

てなわけで行ってきました。
d0063216_2345253.jpg


ゼスト御池っていうのは、京都市役所前というか前下(笑)にある地下街で、河原町からも烏丸からも三条からもちょっぴり離れてるところにあります。京都ホテル(オークラ)と京都ロイヤルホテルもすぐ近所だし、ついでに言えば本能寺からもすぐなので、決してマイナーではないけど…平日は(略)いや土日も(略)。まったりしていて、私は好きですよ。

ドラマのポスターがあちこちに貼ってあるんですけど、玉木&綾瀬モノは例の表紙帯(しかもまだ10万部って書いてある分。1/21現在18万部になってるそうですが(^_^;))以外全くありません……って元からないんだっけ(^_^;でも万城目さんの座っている場所横に、すんごくハメコミですー!っていう二人の並び姿(しかも静止画像)がありました……しばらくするとスクリーンセイバーが働いて全然見えなくなりましたが(^_^;CM流してくれたらいいのに。映像はさすがに借りられなかったかな。
鹿アップは当然一番目立つ場所に。んー可愛い。

でもホント次から次へと人が並び、道行く人も何だろうと見ては本を手に取ったり、ドラマのポスターを見たりして私が見たことのない(おい)賑やかな光景でした。そうそう、表紙帯の玉木くんを指さして賑わうおばあちゃま団体が微笑ましゅうございました(笑)。

万城目さんは、こざっぱりとしたボクちゃん(おいおい)という感じ。
ひとりひとりに声をかけ、丁寧に自分のサインと、読者の名前を書き込んでました。ちなみに私の場合は、私の名前に反応された(笑)まあ確かに変わってますから。
私からも感想をちょこっと伝えましたし(人なつこい笑顔で御礼を言われました)、整理券がアンケート代わりになっていて、筆者へのコメントだったかな、も書ける紙が渡されているので、そこにもたいした量ではないけれど書いておきました。
こうして著者さんに直接感想を伝えられるのっていいな(^^)。伝えられて良かったと思いつつ帰りました。

写真では見えにくいけど「学」の下に落款が捺されています。
d0063216_2352915.jpg


帰り、河原町駅上にあるbk1で売上ベスト1になっているのを見ました。
佳きこと哉(^^)。
[PR]
by gyohm | 2008-01-26 15:24 | よもやま
★タイトルは、「鹿せんべい、そんなにうまいか」なノリでどうぞ(笑)。

d0063216_1495534.jpg


ずっと前に食べて「うへー歯にひっつく!」と思って敬遠するようになって幾星霜。でも『鹿男あをによし』の藤原くん描写であまりにもかりんとうが出てきて美味しそうだから、先日、仕事場近所で前々から気になりつつも入れなかった甘味処へ行った折、おみやげ用に売ってた「花林糖」を試しに買ってみました。そうしたら……爆ハマリ(^_^;後日、買いに走りました。

もっとも、ドラマの藤原くん@綾瀬はるか版というか、世間一般の思うかりんとうは、たぶんこの写真のとおり黒いもの。その「花林糖」の方は黒蜜がかかっていない、白っぽいものでした。いやぁ小さめの袋とはいえ、ぺろり、ですよ、このスナック菓子苦手の私が!(笑)
ちなみに「花林糖」は、京都の梅園河原町店のものです。粟ぜんざい食べたい…(おい)。

一方写真の黒いかりんとうは日本橋文明堂のもの。正式名称は「黒五をつかった黒かりんとう」。黒豆、黒米、黒ごま、黒松の実、黒かりんという5種類の食材を組み合わせたものだそうです。こっちもイケます……でもやっぱ、多少ねちゃつきますけどね(^_^;

あ、右側のひょうたん型ペットボトル鹿柄(笑)は、先日某Sさんからいただいた水です。その名も「ひょうたんから水」。ふざけたネーミングですが、奈良の水です。肝心の水の味、Sさんはフツーとのたもうておられましたが……うん、そだね、フツーだった(^_^;
でもこのペットボトル、とってもラブリ〜なので処分せず愛用しています(^_^)b。

さてと、以下よもやま。
[PR]
by gyohm | 2008-01-24 08:00 | よもやま

1月21日までのよもやま

★ほぼ全部、鹿つぅか玉木くんネタですが、毎度おなじみ、「狭くて浅い」ですよ(笑)。

▼プラズマと液晶
『鹿男あをによし』、関連情報番組のリピまでが精一杯で、肝心のドラマ本編の方はまだ2回目をちゃんと見てない。若草山のてっぺんまで小川(玉木くん)と藤原くん(綾瀬はるかさん)が行って夕焼けを観るシーンと、ラストの山鹿(笑)が喋り、EDへつながるあたりだけは何だか妙にリピしとります……で、標題。
若草山シーン、放送時に居間にあるプラズマディスプレイ(結構古参)で観たときは綺麗だーと思う方で全然気にならなかったのですが、自室の液晶ディスプレイ(昨年夏に買ったばかり)で観ると妙に赤が濃くて、あれれ?と。第2回でもこの調子だとしたら、ちょっと液晶ディスプレイの色調整をしてみよっと。

▼本屋大賞ノミネート
その『鹿男あをによし』の原作、2008年本屋大賞にノミネートされたそうで→こちら。賞についてのページ自体はこちら
去年は『図書館戦争』をひそかにプッシュ(いやノミネート作で読んだのがこれだけだったから(笑))してましたが、今回は『鹿男』を応援するシカ←おい

▼臨時講師は“鹿化”中
さっきYahooのトップページを見たらば玉木くんの『鹿男』記者会見写真と、「“鹿化”中」の文字が。どうやら学校関連ドラマの特集らしいんですが(^_^;……爆笑。
写真をクリックすると、Yahooの鹿男特集へ。
字がちっちゃいよー写真は綺麗だからいいけど(おい)。

▼どっちが子どもやねん
ああ今日の『ちちんぷいぷい』(毎日放送。関西ローカル番組)に玉木くん、出てたんだー逃したーガッカリだ。鹿男ネタの方が精一杯で、『KIDS』の方のチェックを怠っていました。2月2日から上映だから、本来ならば宣伝時なんですよね。この映画、共演の小池徹平くんとのやりとりがおもろいのは、すでに「序章」や「撮影日記」等宣伝DVDで爆笑鑑賞済み(笑)だから、まあいいんですが(作品自体はものすごくシリアス)。
映画宣伝出演(小池くん)の方は、『もしもツアーズ』『ウチくる?』(いずれもフジテレビ)でもやるそうで、おお見なくちゃ!とメモしかけてふと気づいた。
……これっていつ放送してたっけ(^_^;?
……やってない!>カンテーレ(またか!!!)
なんせ東京在住10年なので、私の脳内では『もしもツアーズ』と『ウチくる?』はフツーに当たりまえーに放映されてるイメージががが。だから関西で放映されてないって今頃気づきましたよよよ。あーあ。まんまフジテレビが放映されてるチャンネルがあるなら、もれなく私、そのケーブルテレビ会社に申し込みしちゃうのに(^_^;
とりあえず……明日(もう今日)のカスペ『世界びっくり人間!ニッポン珍滞在記3!』は録画予約済、と(笑)。

▼奈良ネタ2題
その1。いつのまにかタケ(タケカワユキヒデさん)が、奈良で講演してた(^_^;
→こちら
思えばゴダイゴ、東大寺でライブしたんですよねぇ…。
その2。入江泰吉記念奈良市写真美術館の入場者数が減ってるらしい。
→こちら
たぶん、オープン時には行った気がするんですが(大好きな高畑町にあるし)、ちょっと覚えてない(^_^;。でも明日22日から3/20まで工事中なので無料で入場できるとのこと。奈良ツアー(笑)のついでにどうでしょ?
私も行きたいんですが……奈良って私の住んでるところからは微妙に遠い……(^_^;
[PR]
by gyohm | 2008-01-22 02:09 | よもやま

ゴンチチ@いずみホール

アルバムをそれほど持っているわけでなく、いまだに、どっちがゴンさん、チチさんなのかわかってない(おいおいおい)くせに、妙にライブ行きの回数は重ねているゴンチチ。東京在住時にも3回ほど行って、大阪に帰ってきてからも1回あって、そのときはNHK大阪ホールでした。だから、チケット系情報メールが来たときも「ふーん、土曜日だから行けなくはないけどなぁ」と思っていたところが……なんと、今度はいずみホール
おお、私が最も好きなホール!……ぽち。←チケットお買い上げの音(笑)
だって……いずみホールでやるってことは、絶対、生アコギおんりーだよね!PA通した音じゃないよね!と思ったから。で、まさにそのとおりでした。

このホール、とってもこじんまりとしていて、あちらこちら木の心地よい質感が楽しめるシューボックス型のホールなのです。パイプオルガンもあるし、シャンデリアは華やかで、なぁんかいい雰囲気なんですよねぇ(^^)。完成して間もないころに、当時習っていたツィターの、畏れ多くも(^_^;先生と呼ばせてもらっていた河野保人さんのコンサートもここで行われ、音の良さにうっとりしましたっけ。ツィターはもともとマイクなんかで集音して聴くものではないのです。だから大人数に対しては共鳴箱の如く独特な机の上で弾くんですが、そういう意味ではこのホールはまさにツィター演奏にぴったりだったと思います。

で、ゴンチチのおふたりも「生ギターです」とのたまい、演奏の途中のMCでは「(自分たちの演奏を)客席で聴きたい」と言うほどの音の響き具合でした。つまり客の方も気合いが必要で、咳払いや鼻すすりの音がよく聞こえる。私の席の2列前だかのおばさまが、なにやらスーパーの袋ぽい音をメリメリさせていたので、キレそうになりましたが(どうどう)本当に、そういう音までも拾ってしまうほど。

もちろん二人のいつものギター演奏も良かったのですが、ゴンさん(ゴンザレス三上さん)のソプラノギターと、チチ(チチ松村さん)さんのウクレレ(確か8弦)の音。キラキラしていて良かったなぁ。ツィターのときも良かったと感じていたので、こういう古風で素朴な音が、あのホールには合うのかもしれません。
でもチチさん、がんばって弾いていたせいで肩が凝ったって(^_^;生音だからと心配してかパワフルに弾いていたようですが、ちゃんと音はよく聞こえ、しかも柔らかで良い感じでしたよ。

あとは……おふたりの相変わらずのすっとぼけトークが楽しい。
アルバム、あんまり買わずにいて申し訳ないんですが、何か、この人たちについてはもっぱらライブ専なのが珍しい。しゃべくり(笑)はおもろいし、当然演奏は素晴らしい。私なんて弦楽器系プレイヤーの手元フェチ(爆)だから、ちゃんとオペラグラスで、顔より手元(何だか失礼か?(笑))を愛でておりましたよ。
あ……でも気持ち良すぎて、ときどきカックンしちゃう(^_^;ことも。すみません(^_^;;;;;;

ところで、こういうコンサート時にホールの喫茶?バー?コーナーに行くのが結構楽しみだったりします。ちなみにいずみホールのワインは500円でしかも量が多い。ブラボー!(違)
[PR]
by gyohm | 2008-01-21 01:25 | 音楽
観ました。
玉木くんとは相容れないネタで恐縮ですが(笑)これ、見終わった後の感覚……エヴァンゲリオンを初めて観たときに似てる。すさまじいカットの数、独特のカメラワークと光の使い方、そして異様に展開と合ってる音楽に、斬新なOPとED(このドラマのEDはすごすぎですね)。
でもエヴァはアニメだった。まさか……これだけのことを繰り出してくるドラマがあるとは。そして、それがよりによって玉木くん民放主演第1作目とは(^_^;。
濃いです。濃すぎて……ものすごく嬉しい。だから、このテンションが残り9回(このドラマは全10回)も保てるのかどうかが心配。最後まで息切れせず、がんばってほしい。

それと今日、1月17日という日に、もろ、あのネタをぶつけて来ましたね……地震ネタ。でもこれ、このドラマではとても重要なことなのでカットするわけにもいかない。初っぱなから「彼女」を出してきたことについては賛否両論あるでしょうけど、ドラマの尺であのあたりのエピソードを入れ込むには悪くない展開だったと思います。

#エヴァと玉木くんが相容れないというのは、2月2日公開の映画『KIDS』の宣伝DVD「序章」から。玉木くんはエヴァを観たことがなかったので、共演で、エヴァをたく(笑)の栗山千明さんや小池徹平くんと話ができなかったというエピソードより。

細かな感想はまた書けたら書きますが……まあ何はともあれ、第2回もワクワクしながら楽しみにして待ちたいと思います。玉木くんの剣道着シーンありますし!(笑)
[PR]
by gyohm | 2008-01-18 02:41 | ドラマ

1月17日のよもやま鹿男

★初回終わりしだい、感想追加します<ドラマ版『鹿男あをによし』

てなわけで、今日から始まりますね>鹿男
奈良が舞台のドラマのクセに、こちらカンテーレ圏内でもほとんど番宣らしい番宣のないままで、じらし作戦なのか、それとも1月17日対策なのか(原作読了の方はよくおわかりだと思いますが)、あるいはマジで「ただいま番組編集中!」なのか……(のだめSPもそうでしたね(^_^;))。ようやっと、前日16日の夕方ぐらいからあちらこちらでドタバタと展開されているようで、用意周到な宣伝っぷりだった某月9ドラマとはエラい違いです。
とはいえ、明日もとい今日は朝から昼にかけて玉木くんと綾瀬さんは生出演しまくりのようで、もうHDD予約もバッチリだ!バッチリだけど、前述どおりこちらはカンテーレ圏だから朝のめざましは特番で初っぱなカットされ、5:55始まりです。そして9:55からはローカル番組で見られません(涙)。だから東京の草の者(爆)に手を回…ふンがフフ(おい)
まあ鹿男特番も東京とは時間はズレるものの(カンテーレ圏は16時から)、無事放映されるようなのでなによりです。
(のだめSPのときは、はたして放送してくれるのかと気を揉みましたよ……)

ちなみに、私の仕事場近所の書店で原作者の万城目学(まきめ・まなぶ)さんのサイン会があり、どどどんと玉木くんと綾瀬さんの写真入りの帯のついた本が並んでいたので、つい(!)買ってしまいました(^_^;<2冊目
サイン会、土曜日なのでわざわざ京都まで出向くかどうかってトコなんですが(^_^;とりあえず。京都近辺にお住まいの方、いかがですかー?(本屋さんの回し者じゃないっすよ(笑))
詳細はこちらの12月26日分にあり。
[PR]
by gyohm | 2008-01-17 02:24 | ドラマ

1月12日までのよもやま

▼ぎょーむ連絡
【DH】通販についてですが、一部、通販休止のもの、残部1部(^_^;というものが出てきています。『遺言天使』前編(ジュリリモ)は、作成しておいたものの在庫がおかげで完売しました。ですがこちらはコピー本ですので、次回イベント参加予定の5月頃に後編ともども作ります……たぶん(^_^;『Shirt or Skin ?』(ジュリロザ)は残り1冊となりました。通販希望の方は、通販フォームのメッセージ欄にてお問い合わせください。
……マジで頒布するものがなくなってきました(^_^;去年はホント、本、作ってない……寂しい(とほ)。出せる本がないから、明日の大阪のイベントにも参加できないし(とほほ)。今年はもちっとがんばれると良いなぁ。

▼ミッドナイトイーグル2回目
ふと気づけば、ミッドナイトイーグルも今月18日で終了とのこと。慌てて手持ちの前売券を持って映画館へ。2回目ということで、当然流れはしっかり把握しているせいか、より登場する人々の心の機微をしっかり感じることができました。どの人もどの人もいい味出してるんですよね……そこらへん、本当にとても丁寧に描かれている。
初回もですが、今回も、某国工作員とその恋人の二人がとくに良かったと思います。工作員役やってる波岡一喜さんって、『のだめ』のホルンの片山役なんですよね……私、ライオン丸云々は知らないんで、彼というと「ホルン」(苗字も覚えてない(笑))で「刺激的だったよ」というのが口癖の兄ちゃんというイメージしかなかったので、この映画での渋い役どころには参っちゃいました。チヘ役の金子さやかさんも良かったですね。彼が彼女を助けるために自爆する前あたりからの絞るような泣きにもジーンときます。
落合(玉木くん)が工作員に撃ち殺されるところは、初回はわりと普通に観ていられたのですが、今回はわかっていただけに、来るぞ来るぞ来るぞ、来たーっ!と思ったとたん泣きが(^_^;いや、その瞬間より、その後の西崎(大沢たかおさん)の号泣がたまらんのですが、今回は何故かその前からヤバいことに(^_^;そう……山登りは夏に限るよね、雪が溶けたらまた来ましょうよ、と西崎同様頷きつつ、ううと泣きながら聞いておりました。でもどうもそれは私だけではなかったようで、あちらこちらから一斉にすすり泣きの声が聞こえていましたよ。
そして……西崎って、映画の最初の場面であるどこかの国の戦場と、ナバーム弾着弾までの間−−つまり、「最初」と「最期」の両方で、カメラをいじってレンズの掃除をしていましたね。それがとても印象的でした。
こんな具合に、人について語り出すといろいろ止まらないんですが、それだけに、やはり2回目も気になったのは、背景および戦闘シーンの描き方があまりにも平板だったこと。これは本当に残念です……ああ、そう言えば唯一背景として印象深いのは、実は、慶子と優が繰り出す表参道。つまりラストシーンです。人がいっぱいいて、とても平和な都会の光景。これを、西崎と落合、そして佐伯(吉田栄作さん)が守ったんだなぁと実感できます。あのあたり、まさに以前の仕事場近所なので個人的にも懐かしく観ました。
アンハッピーだけど、ハッピーエンド……? いろいろ示唆を含みつつ、Bank Band の「はるまついぶき」が北アルプスの背景とともに流れます。まさに落合の死に際の言葉のとおり、ようやっとこの晴れたアルプスの尾根あたり、美しくていいなぁと思うわけです。ナバームで雪がとけて雪崩れてないかとか、その他いろいろ……まあ……ツッコミません、この際(^_^;
良い作品だったな、と思います。仕事の時間と映画館の上映時間とが折り合えば、もうちょっと大きな画面でこの作品を見たかったなぁ。とりあえず劇場鑑賞はこれにて終了、DVD発売を待ちます。特典映像は満載にヨロシク(笑)。
ところでその映像と言えば……久しぶりに公式サイトに行ってみると、TVスポットの映像がありました。知らないのが多い……うへ、もろ落合が撃たれる寸前のもある(^_^;←妙にリピ(笑)

▼ユーキャンCM
CMギャラリーが充実していて、とっても楽しいんですが……数は多いしメイキングムービーも結構あってエエ感じです。そういえば、「この手が好きだ」編はなくなっちゃったんですが期間限定のCMギャラリーの現在はシカクモチ………………見たとたん吹きました。ナニコレ、おもろすぎる(^_^;ミスドの抹茶若旦那をもろ意識してるつくりだとは思いますが、何でこう……(^_^;

▼鹿男番宣
今日、「ミッドナイトイーグル」を見に行くにあたり、久しぶりに梅田へ行ったんですが……阪急梅田駅から降りて紀伊國屋書店前あたり(ビッグマン前広場)、一大フジテレビ番宣王国状態(^_^;なのに鹿男だけない!と思っていたら、地下鉄御堂筋線へ向かう階段の途中にデデデンと鹿が!!!鹿と奈良風景のみ。これかー!(爆)本当に潔いっていうか、間に合ってないっていうか(^_^;なんつーか……(^_^;;;;;;;;
[PR]
by gyohm | 2008-01-13 01:05 | よもやま

1月10日までのよもやま

▼あっちこっちアニメ化
ネオアンがアニメ化というのは前に書きましたが、『メロディ』(白泉社)を読んでたら、なんと「秘密」(清水玲子)もキター!! でもあんなに美しくて、でもすさまじくグロい作品(大好きなんですけど)、アニメ化しちゃっていいのかというか放映していいのか、と(^_^;。来号で詳細がわかるようですが。
あと「図書館戦争」(有川浩)もでしたよね、プロダクションI.Gが制作で春にノイタミナで。まあこれは安心して観ますよ(笑)。
んで、たった今知ったんですが……なんと「絶対可憐チルドレン」(椎名高志)もアニメ化ですって。作者さんのブログ、ブクマしてるんで慌てて見に行ったら夕方に書き込みがありました。何か、いいスタッフさんが集まってるとのこと。兵部少佐の声は絶対石田彰さんがいいんですけど(登場するたびそう思って見てる(笑))。

▼よもやま玉木
◎その1:鹿男
『鹿男あをによし』の30秒予告映像、10日夜のタモリ特番の後流れると思って録画してたんですが……出ませんね(-_-;フジテレビのドラマページにあるちっちゃい映像を何度もリピするぐらいハマってるんですけど(^_^;やっぱり大きい画面で見たい。いい音で鹿の声も聴きたい(渋いよ……○ちゃん(笑))。カンテーレ圏だからカットされちゃってるですかねぇ……あの予告、むちゃくちゃ面白いんですけど。ちなみに玉木くん、相変わらず入浴シーン付きで、のだめ時と同じくお色気担当(^_^;やせたと言われつつもあの腕の筋肉はすごい。さすがウォーターボーイだとは思いますが(笑)。

◎その2:漢前(笑)ボウリング
フジテレビ1月ドラマ出演者による番宣ボウリング大会……メイン時でなくてもちょろちょろ映っていて楽しめました。それにしても……鹿男チームは見事なビリっぷりでしたが(^_^;だって、6人中3人がガーター、玉木くんまでも倒したのはたった1本!!しかもその投げ方ときたら……レーン2〜3m向こうにまでボールを飛ばしてどーする!(^_^;
でも、その後のワンピン倒しの対決では、なかなかエエとこ見せてくれました。結構粘ったけどね……力及ばず。残念でした。

◎その3:KIDS
10日夕方、映画『KIDS』の完成試写会が行われ、映画応援イベントに500人のサポーターに囲まれてる玉木くんと、同じく主演の小池徹平くんが写ってます→こちら
いやぁそれにしても毎日JPって、どうしてこういつもすっごく写真いっぱい掲載してるんだろーーーありがたいけど。
朝は朝で、めざましテレビとズームインの両方録画(笑)同時録画できるHDDを奮発しておいて良かった。珍しくめざましで軽部さんがいじってくれてましたね、たいていはスルーなのに(^_^;小池くんとのやりとり、面白くて笑っちゃいました。
映画自体はワイルド〜な役柄。鹿男の小川先生(原作では名前なしの「オレ」)見た後にこちらのタケタケオ(違)を見たら、おんなじヒトが演じてるように思えない(^_^;ホントにカメレオンだと思いますよ……不思議。

◎その4:怒濤のCMスプラッシュ(笑)
ガムなんてものすごーく久しぶりに買って食べました<クロレッツICE
一方、ユーキャンもまあやってくれてます(^_^;ねぇ、あの、期間限定のボールペン習字のCMってば(爆)思い切り、ちゅって音、してましたよねー(^_^;あんなキザってる一方で、バス編ではキョドってるのも面白い。そうそう、CMに流れてる曲(スキマスイッチの人…ぐらいしか知らなくてすみません)、とってもキャッチーで耳になじみやすく、すぐあのCMやってる!ってわかりやすくていい感じ。
一方でグッジョブ!状態なのが永谷園。玉木声のおしゃべりめざまし時計……ほしい(笑)。実は読売新聞の方の時計は持ってるんですが(もらった(^^))、こっちもぜひほしい……文字盤の0、3、6、9時がお茶漬けの素ってのがどうかと思いますけど(笑)。
あ、読売新聞といえば。箱根駅伝版CMゲットを狙って駅伝ベタ録りしていたら、2日目最初の方に応援メッセージで玉木くんが出てきてビックリしました。顔アップ(でもときどきカメラが映す向きをなめるよーに変えるのが可笑しい)できちんと「読売新聞のイメージキャラクターの玉木宏です」とのたもうた後、選手の皆さん、がんばってください、とガッツポーズしてます。のだめドラマ版、カンテーレ圏は年末に再放送されたせいで、1月2、3日は否応なしに駅伝見るしかなかったので、読売新聞とユーキャンCM目的にベタ録りしてたのが功を奏しました。タマクラからもこちらについては告知がなかったのでホント、ラッキーでした。
あとはもうすぐNECが来ますね……春パソコン売り出しの季節。ミスドも懐かしい里帰り編を見かけましたが、ぼちぼち新作CMもアリかなーと思いつつ。
あ、久しぶりにオールドファッション抹茶のドーナツが食べたくなってきた……(^_^;。

週明け14日、28歳の誕生日ですね。
鹿男をまんま地でイケる(笑)。

▼その他ドラマ
『鹿男』以外で楽しみにしてるのは小日向さん初出演のドラマドラマ『あしたの、喜多善男』
11日後の、親友の命日の日に自ら命を絶とうだなんて、むちゃくちゃネガティブなキャラですね(^_^;何か、「11」に縁があるとのことで、もしかして……と思ったら、やっぱり、誕生日はポッキーの日っていうか……アンジェリーカー的に言えば、クラヴィス(爆)。
第1回を観たらば……玉木くんの上半身裸なんて手ぬるい、コヒさんは全裸!(@0@;一人二役でネガティブ善男も演じるなど、演技者のヒトをフル回転で使ってるって感じでエエもん見させてもらってる感があります。他の登場人物もそりゃもう胡散臭さ満点(笑)で面白そう。
『鹿男』の平和でのほほーんとした雰囲気なのと両極端で、久しぶりに仕事後にドラマを観る楽しみが。嬉しいっす(^_^)。
[PR]
by gyohm | 2008-01-11 08:00 | よもやま