∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

<   2008年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

3月中のよもやま生玉木

タイトル、笑っちゃいますがマジでそうなので(笑)。
結局3回、生玉木(笑)拝ませてもらいました。大阪の千里セルシーとアニメイトイベントでエイベックス本社(東京・青山)での握手会、そして昨日となりましたが、横浜みなとみらいホールの読響コンサート。
ちなみに読響コンサートの模様は明日31日の読売新聞に出るそうですが、どうも関西版には出ない悪寒(^_^;結構そういう憂き目に遭ってますからね……そのときは怒り&涙のメールを東京の友人に送って速攻で買ってもらおう(おい)。で、載っていたら……そりゃ当然でしょうが!(びし☆)

続きはこちら。
[PR]
by gyohm | 2008-03-31 00:51 | よもやま
『鹿男あをによし』最終回みっしり版(笑)の感想を書いてるんです。書いてるんですけど、どうやら私、このドラマの、とくにこの最終回が好き過ぎて、なかなか先に進めないんですよ(^_^;このリピ率の高さ、最終回の爽快感は、ある意味、のだめ時よりもすごいかも。奈良へ行きたいし(笑)。んー。みっしり版、早く書き終えたい……頭にこれが引っかかっていると、他のことに使えないっていうかなんつーか(不便な頭(^_^;))。

ところで、原作者の万城目学さんの最新情報ページをときどきチェックしてるんですが、なんと『鹿男』がコミック化。掲載は『コミックバーズ』で、3/29発売の5月号から巻頭カラーで連載開始ですってよ! 幻冬舎が出してるからたぶん藤原くんは原作どおり妻子持ちの男の先生だと思うんですが、画の人(梶原にきさん)の絵を見るだに、どんな「おれ」が出てくるのか楽しみっつーかコワいっつーか(^_^;いやこの号、表紙が星野リリィさんらしいんで(かなり好き)ついでにちょっと観てみようと思ってます。
それにしても万城目さん……「すばらしい出来のテレビドラマが終わり、いまだ興奮醒めやらず、うつろな日々を送るあなたへのプレゼントです!」なんて……本当にプレゼントとなるか憤懣モノとなってしまうか。メディア展開は難しいですからね(悲しい経験山程有)。

……って文章を書いたのは27日だったんですが(笑)。
29日、ちょっと立ち読みで済ませてやろーかなんて不遜なことを思ってみたものの、それをあざ笑うような書店での紐がけ状態(^_^;しかもやっぱり星野リリィさん表紙に萌え(おい)。えーい買っちゃえ!(やっぱり)

続きはこちら。
[PR]
by gyohm | 2008-03-30 01:27 | よもやま
まさに先週の今日(20日)、『鹿男』は最終回で、しかも玉木くんの握手会(大阪・千里セルシー)。初・生玉木を拝んだ後の小川先生は、当然ながらもう全く別のヒト。
改めて、役者さんというのはスゴイと実感させられました。

で、実感したといえば……私は本当にこのドラマが好きですよ。木曜の楽しみがなくなって、なーんかテレビを観る気が一気に失せた(^_^;まあだいたいお気に入りのドラマ終了後はこの状態に陥ることが多いけれど、今までは展開にワクワクドキドキ!だったのが、このドラマについてはワクドキ(笑)ももちろんですが、あの何とも言えぬ、まったりとしたというか……独特の穏やかなムードごと好きでした。和むんですよねぇ。そういう風に思わせてくれるドラマはなかった。良かった。本当に良かったなぁ。

ところで、原作者の万城目学さんの最新情報ページをときどきチェックしてるんですが、なんと『鹿男』がコミック化。掲載は『コミックバーズ』で、3/29発売の5月号から巻頭カラーで連載開始ですってよ! 幻冬舎が出してるからたぶん藤原くんは原作どおり妻子持ちの男の先生だと思うんですが、画の人(梶原にきさん)の絵を見るだに、どんな「おれ」が出てくるのか楽しみっつーかコワいっつーか(^_^;いやこの号、表紙が星野リリィさんらしいんで(かなり好き)ちょっと観てみようと思ってます。
それにしても万城目さん……「すばらしい出来のテレビドラマが終わり、いまだ興奮醒めやらず、うつろな日々を送るあなたへのプレゼントです!」なんて……本当にプレゼントとなるか憤懣モノとなってしまうか。メディア展開は難しいですからね(悲しい経験山程有)。

てなわけで、改めて最終回感想を。
CM区切りで書いていきますー。

・毎度カメラワークは面白いが、儀式のあたり、短い時間ながらもこまめな切り換えで楽しい。そして今回、まずは上から。皆(鹿含む)の頭のてっぺんが映っていて面白い。
・鹿と鼠がしゃべってるのはやっぱりシュール。しかも小競り合いしてるし(笑)。山寺宏一vs戸田恵子。んーチーズvsアンパンマン(違)
・おお懐かしい第1話の画面。原作既読組なので、初っぱなから卑弥呼登場で私はワクワクしたんですが、ようやっとここで伏線解決。というのも……ついに牡鹿の姿で登場!

・今度は下から。月が真ん中に皆が囲んでる。映像、すごく凝ってる。
・儀式。おお、水の玉。
・ナマズに届いて、ちゃんと朱雀門の鈴?が揺れてる。
・180年かあ…。
・「すべて終わったよ、先生」
・小川先生と鹿のツーショット。
・勾玉出たー。
・このときの後ろ姿の小川先生、足が長いって思います。
・アヴィロード〜。
・ぼけぼけリチャード。無意識のまま金時計を磨いていて呆気なく盗難事件解決。
・根本的にはイイヒトたちばかりの奈良女学館。
・男前!>小川先生
・ああ液晶テレビで見ると赤すぎるんよね…(^_^;
・無欲な小川先生
・奈良女学館等の創設秘話。3つの学校のこと。大津校長のおじいさん。
・この顔を戻してくれ……なのに2つはダメ。うぉぉぉい!
・儀式のときには敬語使いだったのに、おまえ呼ばわり!
・がっくり膝折れて呆ける小川先生とOPの鹿の顔が重なる。相変わらずOPの入り方が上手いなぁ
・OPは今日の内容の先取り予告。いろいろ楽しみな映像が。
今日は、ここまで(成海璃子風(笑)そういえばあれも先生呼ばわりだっけ?<受験の神様。しかもあっちも道子(ただし藤原道子じゃなくて菅原道子だけど(爆))
[PR]
by gyohm | 2008-03-28 02:06 | よもやま

本買いラッシュ

第一目標は『丘の上のバンビーナ』(鈴木有布子/新書館)。鈴木有布子さんは、新刊出せば内容確認せず買うぐらいハズレなしで気に入ってるので、23日、某所某会(笑)待ちの時間つぶし兼ねて買おうと探したけどナシ。でもその代わり、全く別口の本を買ってハマる。

・灯台守の話(ジャネット・ウィンターソン、岸本佐和子訳/白水社)
本ジャケが妙にツボだと思ったら、なるほどクラフト・エヴィング商會でしたとさ、やっぱりね(^_^;好きなものは好きなのね、と(笑)。で、読み終えてから改めてジャケに描かれたものを見ると「そうかそうだったか」と合点がいき、妙にスッキリ(^^)。
あ、ちなみにこれだけはマンガじゃないです(^_^;(つまり以降はマンガ)。
(内容の一部が白水社のサイトで「立ち読み」できます(^^)→こちら

さて。件の本は調べてみると24日発売だったので、なんだーそうなんだーと喜んで、翌日昼食買いがてら行った書店にナシ。でもそこで以下2冊を見つけたので即買い。

・サクラ大戦 漫画版8巻(広井王子・藤島康介・政一九/講談社)
実に丁寧に、そしてコツコツと連載を続けてくれていることがとてもありがたい作品。今回の表紙はあやめさん。まさかこのヒトが(以下略……略したこと、漫画版でもやるかな。やってほしいな)。

・CROWN5巻(和田慎二・氷栗優/秋田書店)
いかにも和田慎二サンな大風呂敷もお約束で楽しい展開。女王陛下とローマ法王までかりだしてくるとは(笑)。それにしてもチャカムつぅかまひろって、だんだん某大河マンガのキャロルっぽい気がしてきたわい(^_^;そこで出かけたら捕まるの、当たり前じゃーん!(笑)

さてさて。帰宅時に今度こそと思った書店にやっぱりナシ(がっかり)。ところが以下2冊を見つけたのでまたまた買い。

・絶対可憐チルドレン12巻(椎名高志/小学館)
4月6日アニメ化の帯がドドンと。
本ネタは静かにシリアスへ移行しつつあるので、脇ネタの皆本のつくったお弁当ネタで和みました。

・チキタ★GUGU8巻(TONO/朝日新聞社)
ああもう朝日ソノラマじゃないのね、なんて思いつつの最終巻。たぶんハッピーエンドなんだけど、まさかこんな終わりとは……さすがTONOさん、着地の仕方がふるってる。

そうして25日昼。
やっぱりナイ。全国展開の書店に行ったのでさすがに頭に来て(どうどう)近くで本棚を整理している店のヒトに尋ねるととと「今来たところですよ」と言って側にある積まれた本を探すけれど見つからな……あ。「あ、持ってましたー」(大笑)まさに今、並べようとしていたところだったんですね、スンマセン(^_^;
こうしてようやっと本命(?)をゲット。

・丘の上のバンビーナ(鈴木有布子/新書館)
とりかえばや(って言っちゃったら乱暴か(笑))少女&犬版。まあ要するに寝てる間に主人公の女の子がペットの犬に、犬が女の子に中身が変わっちゃうっていう、ある種ありがちなネタです。でもイイひねり有り。で、やっぱり読後感ヨシヨシヨシ(^^)。
ちなみに主人公のひな子ちゃんのパパママは例のヒトたちです(笑)。全然前知識ナシで読んでいたものの途中から「あれ、もしかしたら…?」と思っていたらやっぱりそうでした。そうかー繋がってたんだ。繋がってたんだよ。繋がってたんです。(それは鹿男)
[PR]
by gyohm | 2008-03-26 02:11 | マンガ

何もかも、みな懐かしい

d0063216_163412.jpg

原宿駅を線路側からパシャ♪

駅前近所にあった食料品店はなくなっていました。ここの唐揚げ、絶品だったのになぁ。

…なんて暢気に山手線乗りながらこの記事を投稿しようと思っていたら、なんと恵比寿駅で人身事故!
ヤバい、新幹線に間に合……った(^-^;よかった。
[PR]
by gyohm | 2008-03-23 16:03 | よもやま
いい終わり方でした。
ものスゴい爽快感。

まったりとした感想は後ほど。
あちこちイイところが多すぎて収拾つかない(^_^;

▼激!笑いツボ
鹿を攻めまくる藤原くん(「責めまくる」が正しいんだがあえて「攻」で(笑))。
両手で鹿の頬を挟んで自分の方へ向かせたとき、ソファのうえでのたうつほど爆笑しました。

▼ふふふ笑いツボ
・おお、今日は5人並びの福はら食事風景
・ばあちゃんが可愛いよ。ちゃんとお弁当渡してましたね(^^)。

▼黒い笑いツボ
実はこれ、原作で最も好きなシーンなんです(^_^;←ヘンな趣味でスミマセン
ドラマでもやってくれてすごく嬉しい……小川先生がリチャードをハメるとこ。
笑顔がワルくてステキだ<小川先生

▼妙なピンク(!)笑いツボ
重さん……最後までエエ仕事してくれるやないの……グフフ
「めざましテレビ」でNGでネタバレしてたものの、そのNGすらツボツボで楽しゅうございました。重さん役の佐々木蔵之介さんって180cmの玉木くんより背が高いから、抱擁シーンがサマになるのなんの(爆)しかもそのすぐ前に小川先生が藤原くんのハグシーンと同じやり方で(大笑)。

▼黒&激!笑いツボ
そりゃもうラストでしょう。いつもの鹿まっしぐら!のエンディングがカラーになったかと思うと、リチャードが「鹿男」もどきに!そして鹿の高笑い。
腹抱えて笑って終わりました……

こんなドラマ、そうそうお目にかかれない。エエもん見せてもらいました。
[PR]
by gyohm | 2008-03-21 02:32 | よもやま

セルシーに来ましたが

d0063216_15401517.jpg

トークは17時からなのにドエリャー人の数です。おっ、また雨が降ってきました(^-^;

整理番号順に並び始めましたが、私はまだまだですよ(^-^;。まあのんびり待ちます。

写真は、鹿男の木ならぬセルシーの木(笑)。
[PR]
by gyohm | 2008-03-20 15:40 | よもやま
どうして、寝なきゃならんのに書き込みたくなるんだろー(笑)。

▼来ない
ゴダイゴBOX…。もう多重買いの極みだから今さら感もあるものの、そりゃやっぱりファンなので拝みたい。くすん。

▼来た1
玉木くんのアルバム&シングルCD。アルバムはオリコンのデイリーで7位、シングルは11位だそうで。まだどっちもしっかり聴けてないんですが……というのも、なんとなく、明日というか今日の『鹿男』が終わってからでないと切り換えられないていうか(^_^;
終わったら聴きますぜ、きちんと。

▼来た2
DVD『星ひとつの夜』。渡辺謙さん主演で山田太一さん脚本。
こちらもまた『鹿男』が終わってからモードなので、特典映像のみ観ましたが、いやー玉木くん、丸い!(おい)インタビューでのカンペキ千秋モードの髪型も懐かしいけど、大樹(たいじゅ)役のとき、丸いよーぽっこりしてるよー……というか(笑)今のほっそりモードに慣れてしまったというかなんつーか(^_^;

▼20日
さっきから書いているけど『鹿男あをによし』もいよいよ最終回。
モロまんま!なサブタイもついて(爆)明日の夜をワクワクして待つわけです。
公式サイトの「きよしあをによし」も良い感触があったそうで…なによりです。
玉木くん、めざましテレビはVTR出演ですが、笑っていいともにも出るようですね。あと関西では放送してくれない番組生出演とか。
……そしてその後は千里セルシー(^_^;うーん
[PR]
by gyohm | 2008-03-20 02:36 | よもやま
今、放映中を観てますよ(笑)。
大好きなアニメ作品のひとつです。原作やら脚本やらいろいろやり放題だったオタキングこと岡田斗司夫さんに音楽担当の田中公平さんが出てますよ。
最初の方は『エースをねらえ!』のパロディかよ、美少女ロボットアニメかよ(いやそれはそのとおりなんですけど(笑))と思いつつ観ていって、最終の6話でボロボロのダダ泣きでした(^_^;

何か、コメンテーターの方たちもあつーく語ってますが、いやん、私も観たくなってきたよー(笑)。この番組のあと、映画版が放映されるので録画予定準備万端ですぜ(ニヤリ)。
[PR]
by gyohm | 2008-03-19 00:21 | よもやま
どうやら風邪ぽいです。今朝から頭は痛いわ悪寒はするわ、でも仕事は休めないわ遅刻もムリだわでドツボってます。しかも花粉と黄砂のダブルパンチ。私、花粉はイネ科系なのでピークはまだなんですが、とにかく黄砂に弱い。もう目がコロコロコロコロ(^_^;困るーああ早く寝なきゃ。

てなわけで、よもやま大ダッシュ。

▼がんばった大賞(フジ系)
玉木くん生出演。何だか千秋前スタイルで、以前なら「えー黒髪じゃなきゃー」とか言ってたのがずいぶん昔の気がする(^_^;今は何だかもうほとんどOKだ(笑)。どうせJ系大プッシュ番宣(大賞もそうだし)なのはわかってたけど、思っていた以上に細かくだけど映っていたので、嬉しい誤算(笑)。ドSツッコミとマジ寝っぷりにタベちゃんに笑われて呆気にとられる顔……いろいろ拝めて楽しゅうございました。

▼今日の通勤iPod
ずっとずっとずーっと(^_^;、最近は鹿男サントラを激ヘビィローション状態でしたが、今日は思い切って違うものに。
・ゴダイゴ「CMソンググラフィティ」→「CMソンググラフィティ2」→「Flower」
・ミッシェル・ポルナレフ「くーくー・ま・れぼりゅー」→「ふぇいむ・あ・ら・もーど」(ちゃんとフレンチ書けよ>ワタシ)(美しきロマンの復活(Coucou Me Revolou)、ポルナレフUSA(Michel Polnareff / Fame A La Mode))

ゴダイゴのCMソンググラフィティはやっぱり名作だなぁとしみじみ思いつつビュンビュン飛ばして聴いておりましたが、ふと止まったのが2の方の「キャセイ」。あのキャセイ航空のCM曲です。でもこれ、もともとゴダイゴの曲じゃない。しかもタケ(タケカワユキヒデさん)がコーラスに回り(途中からメインだけど)女性の歌声から始まるというもの。今聴いたら妙に新鮮だった。タケのハモりはつくづく素敵だと思う。

▼明日からCDやらDVDやら
ワンサカワンサカやって来ます。
玉木くん関連では新しいアルバムの「Bridge」、新シングル「抱きしめたい」、そして渡辺謙さんと共演した「星ひとつの夜」。
一方ゴダイゴは……新BOX&サントラ3枚組だだだ(こちら)
……いやだから、ほぼ全部LPとCDで持ってるんですががが(^_^;うわしかしこのコロムビアのページ、いつの間にこんなゴージャスになってたの???ビックリしたわー(^_^;←これでも一応ファン

#でも、このページのバイオグラフィーを見ると、コロムビアの中ではゴダイゴは活動に終止符を打ったことになってる…さもありなん(笑)。
[PR]
by gyohm | 2008-03-18 02:05 | よもやま