∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

カエル

d0063216_213447100.jpg

仕事場近くにおりました。
和めたので、パチリ。
[PR]
by gyohm | 2009-09-28 21:34 | よもやま
9月23日でネオロマ誕生15周年だったそうです。いやーそんなんなりますか(^^;)久しぶりに御大サイトを覗いてみたら、なんか新ゲーム新キャラ満載で、ホントにウラシマ状態ですが、相変わらず全開でグッズやらイベント攻勢やってますよ。エイベが可愛く見えるあの商売っぷり(爆)。でもいろいろ楽しく買っていた時期もあるので(おいらの通称は○栄に貢ぐオンナだった(^^;))、今となってはいい思い出(笑)。
『アンジェリーク』は、やっぱり今も大好きな世界観のゲームです。だからこそまあこんなに同人活動が長く続いているわけですが(笑)。

さて、過日9月20日のオンリーイベント。都産貿を3フロア使い、しかも年2回なんてことになりつつある、今もそれなりに大きなジャンルとなっているようです。3階の一部に陣取りしていたアンジェリークのサークルの場所は小さくなりつつありますが、それでも妙に長生きなジュリアス系サークル(爆)。DHは守護聖メインとしての位置にありますが、ジュリ受けさん方もしっかり参加されていて何より(^_^)。

ふと思い立ってウチのデラデラ(爆。『ディラックハウスDX』。略してデラデラ)をぺらぺらめくって見てみると、DHは1997年の第2回アンジェラスから参加しているので(落選したのでお友達のサークルさんに寄生(!)しての参加)、ここでのオンリーイベントはその前の年の1996年から行われていたんですね。今更ながらしみじみ……。デラデラ最初のページあたり、アンジェリークとDHとのなれそめあたりが出てるんで、アンジェ同人の歴史(ただし大昔限定)をひもとくにはぴったりですぜ(^.^;)。

で、DHも今回をもってイベント直参をお休みさせていただくことになったので、新刊ないけど(^^;)声かけてやってくださーいと、ココで書いたらば、いろいろお声かけいただきました、ありがとうございます。メールで……とも思ったけれど、こうして直接お話する方が、と言ってくださった方もいらっしゃいましたし、相棒・思惟さんの超大長編について本のかたちで出して欲しいと熱心に言ってくださる方もいて(思惟さんに伝えました。やっぱ、ページ数はべらぼうだったみたいです(^^;))ありがたいことです。
同じく、ココでも書いたことですが、アンジェリーク同人(^^;)から足抜け(笑)してしまうわけではありませんし、おいらは某作後編を書かないまま2年経っちまってますが、必ず終わらせたいと思っていますので、毎度おなじみの、しかも間の空いた決まり文句を申し上げますが「どうぞ気長にお待ちください」です。よろしくお願い申し上げます<(_ _)>

さてさて、オンリーイベント自体に話を戻すと、今回最初のトピックスは……サークル参加の方ならおわかりでしょうが、イケメン執事(マジで♂)がサークル中を自分の店のチラシを配布してまわっていたことでしょうか(爆)。最初、コスプレさんだーと思ってたんですが、チラシを見るとマジで執事喫茶。しかも源氏名付きのおにーさんたち各種の写真がいっぱい!(バラエティに富んだというか、恋愛ゲーの相手キャラ設定丸出しで笑えました。鬼畜眼鏡とショタ系はお約束ですねそうですね(笑))いや、今ではもうこういうの当たり前なんでしょうけど、おいら久しぶりのイベント参加だったせいもあってすごく驚いた(^^;)ネオロマオンリー、一応オンナ王国なもので(除・イベントスタッフ)、おにーさんたちがチラシ配布してるってだけでも驚きなのに、配ってるのが(^^;)執事ならもっとおじさまがいいよねぇと至極ごもっともなコメントをお隣サークルのゆみこさんとささやきつつ、これは思惟さんのみやげにすることに(笑)。ちなみにその後、チラシ置き場にイケメン執事によるネイルサロンなんてのも見つけまして、もれなく同梱しました(大笑)。

コスプレさんの中に、季節柄なのか着流しジュリアスさんがいらしてて、ゆみこさんはアタックして写真撮影に成功していたようでした。良かった良かった(^_^)。ジュリアス正装さんも一度だけお見かけしましたが、もう根が生えたようにほとんどスペースから動かなかったもので、もしかしたらまだ他にもいらしたかも。
そう言えばDHのスペース近くにコスプレ撮影場所があったんですが、私が見る限り、今回はあんまり活況とは言えませんでしたね。3階まで降りてくるのがメンドーだったんですかね、4階と5階の遙か組さん方は。
­
てなわけで、ホントにまったりとおしゃべりしつつイベントを終え、オンリーイベントのせいもあり、いつもイベント後に飲み会するメンツが集まらなかったので、今日はひとりで羽田空港で搭乗時間までまったりするかなーと思っていたら、ゆみこさんや、ジュリファン仲間のさしみのつまさんたちとご一緒できることになり、初めてアフターを楽しませてもらいました(ありがとうございます(^_^))。多岐にわたり(笑)おしゃべりできてなによりでした。

次回のイベント直参はいつになるのか、また実現するのかは、なかなか難しくなってしまいましたし、また、アンジェリークというジャンル自体がどう続くかということもありますが……とりあえずはまだまだご隠居アンジェリーカーらしく細く長く続けたいと思います(更新しなくてスミマセン…ですが(^^;))。

先にも書きましたが、お立ち寄り、お声かけ、差し入れ等々いただき、ありがとうございました。相変わらずネットには生息してますので(笑。意外とココを読んでいただいているようですし)、引き続きよろしくお願いいたします。
[PR]
by gyohm | 2009-09-26 10:14 | 同人系

桂枝雀特番5時間終了

午前中はお彼岸時だけにお寺行きでしたが、午後3時から始まったこの特番、途中、家事をしたりうたた寝したり(^^;)しつつもダラダラと流し観しておりました&録画もガッツリ(^^;)ブルーレイ50GBも用意しますた(それでもDRモードでムーブできない(^^;)分割したことない、できるかな)。

今日は久しぶりに『風邪うどん』聴いたなぁ。タイトルと中身がちょいと一致してないというか、サゲばかり覚えてるというか(おい)、いざ始まると、テレビ中で枝雀さんが「こ~もりがさの、はりかえっ!」とか「ま~ったけ!」とか「おひさんが、かーーーーーっと!」とか言いながらの身振り手振りを、おいらも言いながら真似できちゃう(^^;)いかに観ていたかってことですが(笑)。

ところで……この番組を観終わって、ふと気づいたのが「あれ?枝雀さんって、『たちぎれ(線香)』やってたっけ」でした。師匠で再び復活!の米朝さんがよくやっててボヤいていた私の苦手な噺(ただし桂文枝さんのは別格)。名作なのですが哀しい終わりで苦手だと以前ここぎょーむでも書いていましたが、そう言えばこの噺を枝雀さんで聴いたことはないし、またイメージもできない。そうそう、5時間垂れ流し(^^;)の途中でちょっと「たちぎれ」の言葉が出てたから反応したのかなぁ。
ネットでさらっと調べてみると、やっぱり枝雀さんは「たちぎれ」をやっておらず、また因縁もあったようです。

→枝雀が泣いた「たちぎれ」

この手の特番では、枝雀さんの最期については一切触れられていないので、私は少々片手落ちな気もしているのですが(わかるけど…)、この記事(米朝さん自身の言葉によるもの)では、それなりに語られていて、桂枝雀という人と為りを知る良いエピだと思います。

さてさて、案の定ブルーレイ50GBでもBS-hi5時間は受け付けず(^^;)とりあえずHDD残り14時間しかないので、他を追い出してから初めての分割作業に挑戦するかー(笑)。
[PR]
by gyohm | 2009-09-23 22:16 | 落語・お笑い

お疲れ様でした

d0063216_1935164.jpg

ただいま、まったりと搭乗待ち中。写真はイリーのエスプレッソ缶。いい香りで美味しい(^-^)

さて、今日のネオロマオンリーに参加された方、お疲れ様でした。また、DHのスペースにいらしてくださった方、ありがとうございます。
いろいろお声かけいただいたり、差し入れを頂戴したり……お心遣いに感謝します。

楽しかったよもやまは後ほど。
ではでは。
[PR]
by gyohm | 2009-09-20 19:03 | よもやま
……とはいえ、仕事もしてますけど(^_^;

▼まずは、ぎょーむ
明日20日は、ネオロマオンリーのイベント参加です。
毎度おなじみ都産貿にて、DHのスペースは3階。新刊無しですが、こうしてイベント直参するのはこれをもってしばらくお休みすることにしましたので、よろしければ声掛けしていただけると幸いです。新刊出せないこともありますが、いわゆる「家の事情」とやらもどんどん深刻になりつつあります……とはいえ、私にしても相棒の思惟さんにしても、お話書くのは好きなので、それからも足を洗うってことじゃあありません。ネットと通販でぼちぼち続けていきたいと思いますので、また無事何か掲載できたら(おい)読んでやってください。

▼テレビの予定
今晩はとりあえず、『カンフーハッスル』ですな(笑。実はかなり好き)。
21日朝(それも6時から)は安蘭けいさんの特番(朝日放送)。
梅芸でやってる『アイーダ』の番宣ですが、折りしも翌日おいらも行くところ。喜んで観ます!
22日夜は、そりゃあもうなんと言っても御館様!『敵は本能寺にあり』(テレ朝チャンネル)です。『MW』の結城以前、この織田信長は玉木くんの演じた中で最も好きな役柄だけに、これは絶対外せません……いやもうとっくに地デジ放送時のをブルーレイに収めてるんですけど(爆)。
23日午後は、桂枝雀の落語を5時間満喫(^_^;無理(^_^;)。生誕70周年を祝うのはいいけど、BS-hiも無茶しよる……録画するけど(爆)。とはいえ……これ、どうやってムーブする?
……なんて書いてるうちに、そう言えばウチの市民文化会館でも記念落語会があったわと思って問い合わせたら、うっかり(おい)チケットが取れちゃいました(^_^;
米朝さん、無事拝めるやろか……。

▼おでかけ予定
前述の都産貿のイベントとか(笑)。
同じく前述の『アイーダ』(梅芸)とか。
久しぶりの安蘭けいさんの歌声を満喫すべく、宝塚版アイーダのDVDを観て予習せねば(^_^;←相変わらず買うだけ買って観てない
秋分の日は父の法事。あとは仕事orz
うーん、どっかで、映画『ココ・アヴァン・シャネル』を突っ込みたいんだけど(前売り買ったし)、難しいかな……。

▼お買い物予定
MWのDVDジャケ写真がamazonに出てました。

MW‐ムウ‐ [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント


ふははははは、109の写真が出てる!いいぞ!買うぞ!(おいおい)
(いやもうmu-moと新星堂の両方で、なけなしの特典目当てに予約済だけど(^_^;)
ちなみにドラマ版0章はamazonで予約中(笑)。
あとはブルーレイのディスク買わなきゃ……枝雀落語5時間が降ってくるわ、それ以前に、『功名が辻』と『いろはのい』でウチのDVDレコーダーは、ぱんパンダー!
雑誌群ももれなくお買い上げ中です。キネ旬、FLIX、この映と順調に?購入中(^_^;
玉木くんネタではないけれど、初めて『TRANSIT』を買いました。ギリシア特集、良すぎです。
[PR]
by gyohm | 2009-09-19 16:43 | よもやま

上モノ。

久しぶりのミスドCM。
しばらく玉木くんの登場もなく(北海道限定のカフェオレCMがちょろちょろ出てくるだけ)、わりとキャピッ!としたノリのものが多かった気がするけど、ここに来ていきなり大人モードです。

→玉木宏×荒木経惟で上質感を表現(ニッカン動画)

この他、9月11日には『スッキリ!』で撮影の取材が行われていて、録画したものを見倒してます(笑)。ニッカン動画ではアラーキー御大から「エロい」発言がありましたが、『スッキリ!』では「カッコいい、全身撮ろう!」なんて言ってるところもあって、そうだろ、そうだろうてと、都度深々うなずくおいらでした。
開脚してるときの足が長すぎ(^^;)MWの結城@銀行員モードのときの足の長さもハンパないですが、こちらもまた、これでもかーっ!てぐらい見せてくれてます。

曲も面白い。まさかゲロッパ!のヒト(^^;)ちゃう(^^;)ジェームス・ブラウンだとは!
I Feel Good は、もちろんこのCMのBGMに流れているテンポも渋くて好きですが(かぶさる玉木くんの低音ナレが生きる)、youtubeに数多く出てる中では、私はこの神というか鬼速ステップのが結構好きです。



だがしかーし、このCM、まだこちら大阪では流れてません。10月1日からですってさー。ミスドってば、一号店はウチのすぐ近所のクセに、なんでこれは関東限定なんや!と文句のひとつも言いたくなるほど、美味そうだ(笑)。
で、明日は東京出張なので、これ幸いと買いに行こう、あわよくば玉木くんのポスターなんてあるかも!と思って店舗を調べてみたらば、なんと、私の通り道にミスドなんてねーよ!羽田空港にも、赤坂にも、そしてついでに浜松町にもありゃしないよ!
ウチの近所には一号店(もうエエって)だけじゃなく、駅前もれなくあるよ?
ちぇー!
20日のネオロマオンリー帰りに、品川経由で立ち寄って買えるか……。
……10月1日から全国販売するのに、何をガッツリ気合い入れてるんだか(笑)。

まあそれはともかく、アラーキーさんてば、2時間で500枚玉木くんを撮影したとのこと。
いいからフォトブック出してよ!>ミスド
ポイント貯めるからさ……いやマジで!
[PR]
by gyohm | 2009-09-15 02:24 | よもやま

よもやま同人ネタ

▼まずは【ぎょーむ】
本日、来る20日のネオロマオンリーに向けて荷出ししました。
新刊は出せません……orz……恒例の八月サイトも更新できず。だんだんと、いろんな意味で同人系での活動が難しくなってきました。久しぶりにコピー誌を増刷したらばすっかりやり方忘れてムダ紙いっぱい作るし(爆)少ない枚数用の中綴じホッチキスはちっとも上手く動かないし(これは前から)。それでも、ゴージャスなカッター(100枚までカット可能)はナイスな動きでコピー誌の余り部分をすっぱり切り揃えてくれるし、コピー誌でも分厚いの作れば同じく奮発したゴージャス中綴じホッチキス(30枚まで留められる……ふふふ、120ページコピー誌が作れるってこと(笑))でがっつり綴じられるし……なんてワケのわからんことを考えております(笑)根本的に好きなんですよね、本作りが。だから仕事もそういうことができる職場を選んだつもりだったんですが、いつの間にやらそっちがちっともできない状態に(>_<;)早く今の業務を脱して本来の仕事に戻りたいんですけどね。

でも一方で、それこそ「馬力」(笑)上げてがんばってる方もいらっしゃいます(^_^)。

▼Dullahan/デュラハン
私の書いたお話に挿絵を描いていただいたり、東京でのイベントでは売り子ちゃんで手伝ってくださってる抄堂たくさんことねもと章子さんの新刊。今回のネオロマオンリーはお仕事でお休みとのこと。でも、体たらくorzなおいらと違って、今夏、オリジナルでコミケにもサークル参加されたようで、御本をゲットさせてもらおうと思っていたら……頂戴してしまいました。
『Dullahan(デュラハン)』という、以前シリーズで商業誌(ミステリーDX(秋田書店))に掲載されていたもの&描きおろしで、デュラハンとは、「アイルランドに伝わる『首なし騎士』とも呼ばれる、自分の首を小脇に抱えた、首の無い男装の女妖精(エルフメイドン)」とのこと。この女妖精が、あらゆる時代に現れては、さまざまな人の生き様を、あるときは高みから見ていたり、あるいは気まぐれに関わってちょいと死なない人を増やしちゃったり(笑)しています。
もともと「レートルシリーズ」という第二次世界大戦下のパリを舞台に、お金を出せばどんな場所にでも手紙を届けてくれるという「影の郵便配達人」ジャンヌが主人公の物語ながら、ヨーロッパやアメリカにわたって実在の将校が登場するなど歴史ネタを絡めてがっつり描いてらした方なので、この『Dullahan』も決して甘くない描写が多めの独特な世界観に満ちた作品であり、とても読み応えのある御本でした。
おいら、デュラハンに付き従っている、やっぱり首のない馬(コシュタパワー)が、自分の仕事(死にゆく人をあの世へ連れて行くこと)をジャマする人間をだまくらかす描写が好きだったりします(笑)。
コミティアとか冬コミとか出られるようなので、行く機会のある方はぜひ。おいらも新刊楽しみにしてます(^_^)。
でもたまにはジュリアスも描いて拝ませてください、お願い<(_ _)>
→ねもと章子(抄堂たく)さんのサイト Nautilus

▼ときどきハマる
毒ガス(!)の吸い過ぎで、初めて半生界(!!)に足をツッコミそうになってるんですが(^^;)、もちろん『読み専』ですとも(笑)。
そう言えばこんな風にハマったのって、ハウル(ハウルの動く城)ぶりだと思い出しました。ちなみにハウルは、原作と映画の両方ともハマらず、何故か同人作品にハマるという、妙な流れで(^^;)。原作のソフィーは騒々しいし、映画版のソフィーは良くも悪くも宮崎駿節炸裂の女性キャラで苦手(爆)。
いやしかし、オンリーやコミケに行ってローラー買いというのを満喫したのもコレでした。あの、どーっ!とジャンルの盛り上がる瞬間というのは、見ていて面白いし、本自体も勢いのあるものが多くて楽しかったりします。
また楽しい出会い(笑)があるといいなぁ(^_^)。
[PR]
by gyohm | 2009-09-12 21:02 | 同人系
999にしたいから、とりあえずエントリ(笑)。

▼999と言えば…
そりゃゴダイゴファンとしては『銀河鉄道999』ですが(笑)私が大阪に戻った後で、東京在住時に住んでいた石神井公園(西武鉄道・池袋線)あたりじゃ楽しい企画があって、今日などは、999のキャラ描きおろしイラスト入りの乗車券セットなんて売り出されていたらしい。つまんないの~。
ちなみに映画版999のブルーレイ版も出るそうですが、んーワタシ的にはゴダイゴの曲の流れてるあたりだけ欲し(バキ☆)

▼『このマンガがすごい!』の新人賞選考委員
……だそうで……玉木くんが。
→玉木宏:「このマンガがすごい!」の新人賞選考委員に

それこそ少年漫画誌のために別荘持ってるタケ(タケカワユキヒデさん)が「オレがやる!」とか言いそうだけど(笑)。それにしても……いったいどういう経緯で玉木くんが選考委員になったのかがとっても知りたい。
それと言うのも、映画『KIDS』の撮影中、共演者の小池徹平くんとライトノベルの方で選考委員になっている栗山さんとがエヴァの話で盛り上がってる中、完全孤立(^^;)の玉木くんが言い放ったのが「マンガは読まない」だったからです(爆)。それ聞いたとき、ああプラベじゃ絶対玉木くんとは友だちになれねぇと思ったもんでしたっけ。だっておいら、今はともかく以前はエヴァの使徒の名前、タブリスまで全部言えたもん……ああリリンもね(爆)。
ところが、先週だかの週刊テレビガイドに手塚治虫特集があって、その中で手塚マンガの実写版で登場した俳優や女優さんたちへの好きな手塚作品を3つ挙げよというお題目の中に玉木くんもいたんですが、そのセレクトが奮っていて、「今なら友だちになれるかも」と思(なれへんて(笑))。
一つめ、『火の鳥』はまあともかく(実は私、火の鳥は一切読んでない)、二つめの『来るべき世界』でへぇ?と思い、三つ目の『アラバスター』で驚いた(^^;)へぇぇ、濃いぃの好みなんだね……妙に感心してしまった(笑)。だから……もしかしたら、バッチリ選考委員できる…………かも?(^^;)
さてこの『このマンガがすごい!』新人賞。1位になったら800万円也!絵描きさん方、チャレンジしてみては?
[PR]
by gyohm | 2009-09-09 23:54 | よもやま
d0063216_14365081.jpg

ホクテンザにて。
手描き看板、ありました。
詳しくは後ほど。

***

タイトル、「5」だとわかったので修正しました(笑)。

TOHOの情報誌『T.』にのだめ映画版情報が出るとのことで、チェックすべく梅田まで(爆)。だってウチからTOHOの映画館で一番近いのがここだもん(^^;)
で、梅田へ行くんなら地下鉄で2駅向こうのホクテンザまで行かなくちゃ(おい)。
折しも、仕事であまりにもやさぐれることが多すぎて、現在とっても鬱屈中。そんな時の特効薬『MW』ですから(これってある意味ヤバい気が(^^;)……まあいいか)。

まずは、行く途中の紀伊國屋書店で『日本映画magazine』の該当ページ(!)をひと目観るなりレジ直行(爆)した後、TOHOの梅田で『T.』をチェック(ちゃんとサンプルがありました)。んー今回はスルー。目新しい写真があったんですが、1ページですしねぇ。それにたぶん次号で表紙に登場じゃないかと期待しまくってるんでパスしても良いかなと。

そして二度目のホクテンザ1へ。
18回目MW鑑賞。映画館での鑑賞は、これで本当に打ち止め。で、せっかく入れ替えなしの映画館なので2回ぐらい観ていきたいんですが、他にやらなきゃならないことも多いし、ヘタに2回観て19回なんて数になったら、「ぜひあともう1回行って栄えある20回を!」なんて昔懐かしいキリ番ゲッターの血が騒ぐので(それ違うと思うけど(笑))18回てのが良い数字でしょう……ほら、十八番とか言いますし(だからそれも違うってば(笑))。

とりあえずラスト18回目を鑑賞しておりましたが、観ている人の中にどうもMW初見?のヒトがいたらしく(除・あきらかに映画館自体の常連さんとか出演者のファン層ではない人たち)、岡崎親子あたりではまだそれほどでもなかったけれど、橘刑事あたりで良い反応を(笑)。で、期待していたら山下本部長のところで実にナイスな反応っぷり。何か、いいなぁって思いながら見てました……7月4日の初日に観たときの自分みたいで、妙に懐かしかったり(おいおい)。

さて、終わってビルから出た後、件の手描き看板を見つけるべく周囲を見回してみたけれど、私の入ったあたりにはやっぱり見当たらず。で、そう言えばと同じビルにあるポ○ノ系映画館の入口へ回ってみると、ありましたありました。↑の看板が!(爆)ここが、ビル(ユウラク座?)自体の入口なのでした。もっとも、ホクテンザへは行けないけど……まあちょいとややこしいんですよ(笑)。
ちなみにホクテンザ2は洋画を上映していて、今は『ターミネーター4』。
d0063216_10421393.jpg

それにしても……山田くんはともかく、玉木くんの顔がゴツ過ぎる(^^;)何コレ誰コレ状態ですが、まあ何となく雰囲気は出てる(笑)。今どき手描き看板なんて貴重だから、これはこれで楽しゅうございました。

またこの映画館、他にも宣伝のしかたが独特で、ホクテンザ入口にはこんな掲載もあったり、
d0063216_10413713.jpg

d0063216_10411461.jpg

先ほどの手描き看板下にはこんなのも。
d0063216_10441346.jpg

……ああ右横にチラッと映ってるのはご愛敬で(爆)。隣同士に並べてくれるなよ、とは思いましたが、こればっかりは仕方がないっすね(^^;)。

シネコン等に慣れつつある身には、いろいろ興味深い体験でした。
[PR]
by gyohm | 2009-09-05 14:36 | 映画