∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

<   2009年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

d0063216_17234460.jpg

先週21日、ゴダイゴのコンサート(CCレモンホール/渋谷)へ行く前に。お隣の恵比寿駅から徒歩10分なので、立ち寄りにはちょうど良いというわけです。

2時過ぎだったにも関わらず、まあスゴい人出。さすが出来立てだわ速水御舟だわと、アホな私は東京へ行く前に買っちまった玉木くん表紙本3冊抱えながら(^^;)もロッカーはあるやろと思って行ってみたらば……見るからにちょっぴりしかないロッカールームは当然満杯。しかもこの日の東京ってば、やたら快晴で暑い。汗だくなのに革ジャンもロッカーに放り込めず、最悪のコンディション((^^;)いや本3冊は自分が悪いんだけど)での鑑賞となりました。うーん、もうちょっとロッカーあってもいいんじゃない?

さて。
速水御舟がまだ若い頃の『富士』が結構お気に入りでした。細長い巻物のような和紙の隅から隅までを使って富士山両端の裾野までを描いている絵は、上手いとか綺麗とかはもちろんですが、そういうサイズの紙を選んで描いたというのが面白い。
あと楽しみにしていたのがヨーロッパへ行ったときの素描。こういうのは画集とかではなかなか拝めないので、どういう思いで描いたのかと思いつつ眺めるのは楽しゅうございました。

近年発見された「婦女群像」の習作類は大きくて圧倒されました。いやーこれはぜひ完成したものを観たかった。正直、御舟の描く人物って魅力を全く感じなかったので、晩年のこの絵はちょっと面白そうだっただけに残念でした。でも下絵でも迫力あったなあ。

動物絵については、ワタクシ的には断然山口華楊推しなのでパス(笑)。でも重文の「炎舞」はやはり圧巻でした。意外と小さな絵なんですけどね。

さてさて、もうひとつお楽しみがありまして……「墨牡丹」。葉は緑だけれども花が墨で描かれたままというもの。これはぜひ生で拝みたい。
ところが。
ガラスケースの向こう、しかも部屋は暗くてそれでなくても墨色で描かれているだけに見えづらい。そりゃ水墨画だから色褪せるのを怖れているのはわかるけど、それにしたって見えないっすよ……げーっと思った瞬間、周囲の人たちからも「見えない」「暗い」の声が上がる。そうよねぇそうだよねぇ。楽しみにしてただけにこれはとても残念。まあ幸いというか何というか、「桔梗」は比較的よく見えて、実に鮮やかな黄緑色の葉に墨色の花という面白い組み合わせで鑑賞できました。
とはいえ、これが実に綺麗なグリーンだったせいもあり、画集の桔梗の葉が色褪せて見え、しかも前述の「富士」の掲載サイズが小さかったものですから(おいおいおい)、買わずじまい。最近どうも画集については点が辛くて買えないなぁ(^^;)。

次回は東山魁夷。またまた大混雑でしょうねぇ……。
d0063216_1724459.jpg

[PR]
by gyohm | 2009-11-28 17:28 | アート

コスモスクエア夜景

d0063216_22222441.jpg

遠くに見えるあの建物の中におりました。
一方で、2-3m先の生玉木には、すさまじい破壊力がありました(^-^;
[PR]
by gyohm | 2009-11-23 22:22 | よもやま

今年のレモン(笑)

d0063216_054246.jpg

晴れて少々暑いぐらいの中、ホールの中もほぼ満席で大いに熱く盛り上がりました。

曲目は、予習の甲斐あって、ヤマが当たりまくり。でも予想の斜め上をはるかに突破(笑)して登場したのはなんと、「威風堂々」でした。ゴダイゴファンにとってこれはもう別格の神曲。正直、ちょっと泣きそうでした(^-^;

いろいろツッコミたいところもいっぱいあるけれど、また来年もレモンの下、集まることができるとのことで良しとして、私自身も参加できるようになりたいと思うのでした(^-^)
[PR]
by gyohm | 2009-11-22 00:54 | よもやま

エスクァイア、続き

香港版エスクァイアについてエントリしたら、なんとまあカウンタが前日の倍以上(笑)いやもしかしたら他ネタでかもしれませんが。

非公開で情報をいただいた…Kさん、でいいかな。それともWさん?
ありがとうございます(^_^)コメント嬉しいです!

で、実はご紹介いただいたサイトへ、昨日夕方には問い合わせメールを送っていたんです。でもより確実な方法があるかなぁと(^^;)。
ところが翌日返信が来て、見てみるとすでにサイトで予約受付開始しました、とのご連絡。はやっっ!(*_*)

というわけで、『香港王』にて予約済みです(爆)。
確かに玉木くん風に言えば「たっかい」(^^;)送料込みで3000円近い。でもワタシ的には念願成就(大げさな(笑))のご祝儀でもあるので、このままぜひ無事に受け付けてもらいたいものです。まだ正式な見積もり?が届いていないので。

エスクァイアという雑誌がどのようなジャンルのものかというご質問ですが、ちょうどいい感じの紹介文が見つかったので、引用しますね(^_^)
「エスクァイアマガジンジャパン発行の男性総合誌『エスクァイア日本版』(毎月24日発売)は洗練されたスタイルを持ち、大人のセンスを大切にする、こだわりをもった男たちの雑誌です。衣、食、住から、旅、 文化まで、旬な話題を純度の高い編集記事とクォリティの高いビジュアル表現で提供し、大人のライフスタイルを提案しています。」

で、日本版がこういう感じだったので、私が昨日書いたイケメン雑誌風なのがちょっと違和感があったわけですが、どうやら「香港版」と「台湾版」をゴッチャにしていたようです。「台湾版」がとってもイケメン雑誌っぽいんですが、「香港版」は公式サイトを見るかぎり、なんとなく日本版テイストに近い気がします。
……とはいえ、これもまた、実際に見てみないことには何とも。ていうか、読めないんじゃないかと(爆)。ま、いいんですけど(いいのかっ?(笑))。
[PR]
by gyohm | 2009-11-18 02:28 | よもやま

エスクァイア、再び

……とは言え、残念ながら日本版じゃありません。
香港版です。

タマクラ(玉木くんの公式サイト)から予想どおり怒濤の雑誌インフォきたる。その中のこちらに、おいら、目がくぎづけ!

  「香港エクスワイア」
  表紙&「のだめカンタービレ 最終楽章」
  ※大型書店のみでの取扱誌となります。

……エクスワイアよりはエスクァイアが通り良いっす(笑)>タマクラ
だがしかし。まさか、エスクァイアの表紙に玉木くんが登場することになろうとは……香港版とはいえ、おいらの野望(!)がついに果たされる日がっ。だってもうずっと前からエスクァイアに出てくれ出てくれってここにも書いてたもんね(笑)。
アジアンな雑誌ってゲット難しそう……ていうか、全然興味なかったからよくわかんないんだけど、エスクァイアとなれば話は別だ。何が何でも手に入れてみせるぜっ!
……とはいえ、香港版エスクァイアって、表紙を見る限り、日本でもよく見かけるイケメン系雑誌となんら変わらない気がする(^^;)日本版とはまたかなり異なるテイストのような気もするけど……まあいいや、がんばります。
このブログを読んだ方で、香港版エスクァイアの手配方法について良い方法をご存じの方がいらっしゃったらぜひ教えてやってください。

……それにしても。
返す返すも、日本版休刊が残念ですよ……好きな雑誌でしたから。

ちなみに件の雑誌群リストの中にこんなんありました。
  「小学五年生」
  表紙&「のだめカンタービレ 最終楽章」インタビュー

小学五年生ももうすぐ休刊なんですよね。出版業界もなかなか大変だ。
[PR]
by gyohm | 2009-11-17 00:08 | よもやま

11月11日までのよもやま

12日になっちゃいましたが、参ります。

▼【ぎょーむ】クラヴィス誕生月企画
【八月】サイトでお祝いできなかった体たらくの私と異なり、DH相棒・思惟さんの【11月】サイトに新作アップされています。しっとりオトナモードでオススメです。

▼今日と明日のお楽しみ
「天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典」に玉木くんがお呼ばれしてるので、12~13日にかけて怒濤の念録予約中。DVDレコーダーの録画スペースをどうにか確保しました(^^;)とはいえ、いったいどれだけ映るやら(笑)。

▼来週のお楽しみ
映画雑誌アクチュールの表紙を見て、ドラマ版のだめ Lesson 4 ラストあたり再び!というかなんちゅーか。
そういえば去年の今頃、『東京カレンダー』の表紙にキャピってたなぁ(^^;)ゴダイゴのライブ帰りの書店にポスターが貼ってあって、ゴダ友さんを待たせながらケータイで写真撮影してましたっけ(大笑)
[PR]
by gyohm | 2009-11-12 02:10 | よもやま

お約束

d0063216_2019124.jpg

書店でもこうして並べたい衝動に駆られ(笑)。

『25ans』は女子大生~OL時代(いや今もある意味OLですが)にずっと購読してたので、何か久しぶりにこの独特の空気(笑)に触れた気がしましたが、それでもおいらの読んでた時代に男性が表紙を飾るなんてなかったなー。しかも今回3度目で今年だけで2回だもんね。エラく気に入られましたな、玉木くん。でもこれぐらい正装やら盛装やらしてて七五三にならない人は、たとえ俳優さんでもそうそういないだろうから、適役と言えるでしょうよ。
実際、この号は出し惜しみしてくれちゃって(笑)パリ中での取材は来々号だし、玉木くんによるシャネルとサンローランのパリコレレポは来号だ……つまり3号連チャン玉木ネタで引っ張るつもりだから、スゲーというか、ヤルな、というか(^^;)綺麗な服やアクセサリを眺めてるのは、自分が身につけるかどうかはともかく(無理)好きなので、来々号まで楽しくおつきあいさせてもらいますよ。
ちなみに、今号のお気に入りは、そりゃダントツで映画版のだめの試写会招待告知に出てる99ページの燕尾服千秋@ウィーン楽友会館ですが(この写真の破壊力はスゴ過ぎ)、表紙含めてすくなーい3点の掲載分の中ではボッテガ・ヴェネタのオフホワイトスーツかな。『MW』の初っぱな、あやしい白スーツ姿で出てくるときも思ったけど、こんな白スーツ似合うの、やっぱりそうそういないと思う……ああまあ、自分がボッテガ・ヴェネタが好きなせいもあるけど(笑)。玉木くん自身では、結構ディオールが多いようですが。

『CREA』は、インタビューの内容自体は既読のものが多かったんですが、表紙のインパクトはすごかった(私はこのふわふわくるくる髪型が結構気に入ってる……ていうか、かなり好き)。でもめくった本文内の同じ服装の写真(38ページ)はダントツでイイ!やっぱり右頬側が好きらしいっすよ、私は(笑)。
ちなみに他に掲載されてるメンツがちょっと笑えました……小池徹平、山田孝之、堂珍嘉邦……アサト(KIDS)、賀来(MW)、有沢(真夏のオリオン)かよ(笑)。まあ見事にここ最近映画で共演してる方々でしたね。
しっかし、この号、発売日当日に近所の書店やらコンビニやら行ったら、まさに根こそぎ(^^;)された後でした……売り切れ続出でビックリだ! 特集が特集だけに(笑)仕方ないけど。
無事手に入れられて良かった良かった(^_^)。
[PR]
by gyohm | 2009-11-08 20:19 | よもやま
d0063216_161279.jpg

○回忌、ではなくお誕生日会。楽しいものにしたいとの願いが込められてのケーキとろうそく、そしてhappy birthdayの文字。
おおよそ落語会のパンフらしくないっすね(笑)。

この日のお題目は以下のとおり。
d0063216_17115813.jpg

私が行ったのは昨日7日でしたが、6日も同じ会場(池田市民文化会館・アゼリアホール)で催されました。
ちなみに「呉服座」(くれはざ、と読む)というのは池田に実際にあった芝居小屋でして、建物自体は重要文化財として現在明治村に在ります。まあこれやら、池田が舞台の上方落語ネタがいくつか存在(「池田の猪買い」「池田の牛ほめ」など)することから、「落語みゅーじあむ」こと池田市立上方落語資料展示館ができたりと、上方落語絡みのイベントが多く催されています。
地方都市の小さなキャパ(小ホール)でありながら、2日にわたって催されるのもこの興業では池田だけなので、熱心なことだなということです。もっとも、池田と枝雀さんのつながりから考えると、理由はこれだけじゃないような気もしますが、それは後ほどということで(笑)。

さて。
おもろいことに、雀松さんと南光さんの「まくら」がかぶさる(落語家いうもんは体力使わず、口と、舞台の袖から座布団のあるところまで歩けたら続けられる…というもの)という事態があり、おいおいっと心の中でツッコミ入れてましたが、後の座談会で南光さん本人も反省がてら?ボヤいてました(笑)。

弟子4人の噺があり、10分の休憩後、フィルム中ではあるけれど枝雀さん登場。自然と拍手がわき起こります。
「道具屋」は『枝雀寄席』より。2回ほど実際にこの番組の公開録画を観にいったことがありますが、今から思えばずいぶん贅沢な番組だったなぁと思います。枝雀落語を定期的にテレビで聴ける……というか、この人の場合は観られる、というのも大いにアリか(笑)。
この噺も枝雀節全開で、激しいアクションもふんだんに登場(たけみつの刀なのに鞘から懸命に抜こうとする客に引きずられる道具屋の図、ですな(笑))、一緒に行った母と「青あざだらけちゃうか」と互いに言い合ったぐらい(笑)。

ひとしきり大笑いさせてもらった後は、想い出語る座談会ということで、先日文化勲章を授与された米朝師匠登場。天皇陛下の前では車椅子だったからちょっと心配だったんですが、元気そうでなにより。もっとも、あまりぱっぱっと話はできないご様子だったので、やっぱりちょっと休ませてあげたい気も……ああ、でもこういう人は、むしろ舞台の方がええリハビリになるかもしれませんね。

いくつものおもろいエピ話はあったのですが、有名どころでは池田という場所柄もあり、枝雀さんの「呉春」好きエピソードに。
「呉春」は池田酒として有名なお酒ですが、枝雀さんがこれにハマり、同名の梅田にある居酒屋に通い詰めていたというものです。で、そのときの呑み方が変わっていて、一口飲むごとに、鶴のごとく立ち上がって首を伸ばして体に染み渡らせるようにするんだそうで……枝雀一門で呉春を飲むときは、内々であろうが、店であろうが、必ずこのスタイル(笑)で飲むんだそうです。

私が面白かったのは、雀々さんが内弟子として入りたてのときの電話の取り次ぎのこと。これが一番トラウマになったそうで……。いわゆる上方四天王さん(桂春団治、桂文枝、桂米朝、笑福亭松鶴)から電話がかかるので、と物真似ならぬ声真似をするんですけど、これがまたよく似てる!とくに文枝師匠なんて、もろ声が聞こえてきた気がして噴きました。で、文枝、米朝、松鶴師匠はまだ声だけで判別できるし、取り次ぎ自体も大丈夫だそうです……春団治師匠以外は。あの声真似、似てるけど、怒られるでーと泣きながら(笑いすぎて)聴いていました。ボショショショショショ(笑)と喋るから、誰からなのか、何の用なのかが全然わかんない、というオチです。しかも枝雀さんも状況知らぬまま「何やねん」「(電話を)切ってしまえ!」とかハタで叫んで、もろ春団治師匠に聞こえてしまってエラいトラブったそうで(^^;)。

あと、珍しかったのは、枝雀さんの自宅の上棟式の模様を、南光さんがビデオ撮影していたというもの。実際にそのときの様子がスクリーンで映し出され、風呂と稽古場を持ちたかったということを、挨拶で枝雀さんが語っていました。
また、27歳!の小米(こよね)時代のフィルムなんてのもあって、びっくり。なに、この27歳!噺が上手すぎる!!
本当に、天才ってこういう人なんだなぁと、改めてつくづく思い知らされた気のする映像でした。

実際に70歳になった枝雀さんの噺、聴きたかったなぁ。
[PR]
by gyohm | 2009-11-08 16:01 | 落語・お笑い

アニキといっしょ。

ミスドの「上モノ」編が、いろんな意味であまりにも突き抜けていたせいもあり、ちょっと他のCMがおとなしく見える中、相も変わらずMAZDAのCMは笑わせてくれるというか、全然気遣いないというか(笑)。
玉手箱じゃなくて「玉木箱」なるものを出してくるし(ああ、私だって運転できるならDEMIOとかアクセラ試乗して玉木箱でくじを引きてーっすよ(笑)父の車はMAZDAだったから、生きていればもれなくディーラーに行けたのに!(おい))。
だいたい「玉木箱でお宝奪取(だっしゅ)」とか、「お店に、マツダッシュ!!」ってなんじゃそりゃ!
……上手いじゃないか(あら)。

で、標題。
アニキと言えばアニソン好きなら即わかる水木一郎さんですが、MAZDAの新作はアニキと共演です。そりゃもう、これがあの「上モノ」でエロドーナツだのカフェオレ血管萌えだの(^^;)言わしめたのと同じ人がやってるとは、これっぽっちも思えない(^^;)。玉木ファン的には……「うさたん」仕様でご登場です。
※うさたん:ドラマ『ラブシャッフル』の主人公、宇佐美啓ことうさたんの役から
まあ以前から、宇宙服着せて飛ばしたり、ソフトクリーム顔に突っ込ませたりとやりたい放題(笑)でしたが(エコ路線のときはまともだった……面白味はなかったけど)、改めて同時期に流れるCMとして眺めたとき、思わず……「ぷぷっ」と(笑)。

毎度テンション高のアニキの相手にふさわしく、こっちもやたらテンション高いまま二人でマツダッシュ!!してる格好が妙に決まってて、ツボに(笑)。
それにしても、促音(ッ)の効いたカタカナの言葉を叫ばせたら、さすがアニキ!って気がします。実に小気味いい(^_^)。

CM「お店に、マツダッシュ!! ユーザー篇」はここで観られます。
しっかし画質悪いな……orz
[PR]
by gyohm | 2009-11-03 20:28 | よもやま

何故999

来る11月21日からですが、NECのパソコンの新CMが放映されます。
もちろん、出演者はいつものというかなんと6年目突入の「氷壁」コンビ、玉木くんと山本太郎さんです。んが、今度のはそれだけじゃなく……なんとBGMは「銀河鉄道999」!キタコレ、ついにおいらの大好物、玉木くんとゴダイゴのコラボ!!!!!
……と思ったけど。
なんと、999はアレンジされたものだった。

何故だ。

何故だと言えば、何故999なんだ?ブルーレイ内蔵のパソと999のつながりがよくわかんない、わかんないけどとにかく999の音楽と玉木声で自動的に私が振り返るように仕上がってる……ただしそれは良い方向ではなく、前述どおり「何故アレンジされた999」に至る。CMを公式サイトで眺めた後、おいらはおもむろにiPodに仕込んだゴダイゴのライブアルバム『マジック・カプセル』のオール英語版の999を聴きまくりましたよ。あー気持ちいい、やっぱ、これじゃなくっちゃ!ダメだよー、999はゴダイゴじゃなきゃ!タケ(タケカワユキヒデ)声じゃなきゃ!途中でミッキーさんのキーボードでの暴れっぷりがなくちゃ!ダメなんだってば!

(^^;)←イタイ(笑)

もっとも、以前、キリンでエグザイル版999をやたら流されていたときよりは、ずっとずっとましですけど。エグザイルは別に好きでも嫌いでもないけど、あの999だけはどうにも受け付けなかった。んー、同じカバーでも、BRAHMANの「CHERRIES WERE MADE FOR EATING」(君は恋のチェリー)を聴いたときはむしろ感動したのに……めちゃくちゃハードロックに変わってたけど(笑)。

……まあそんなことをグダグダ思いながら(まだ玉木&ゴダイゴの夢が捨てきれなかったらしい)、とりあえずメイキングを見ては癒されるおいらなのでした。
ちょい、最近のNECのPC版CMは優等生ぽいというか、おとなしめが多いから、メイキングの方が玉木くんも太郎さんも動きがあって面白いんですよね。
そんなこんなのCMやらメイキングはこちらで見られます→2009年冬モデルjoy-pc

……ま、こうして改めてCMを観るだに、やっぱり999はキャッチーでエエ曲ですわな、うん。
[PR]
by gyohm | 2009-11-03 17:32 | 音楽