∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

<   2010年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

アジアだわぁ

まずは韓国。
ELLE girl が届きました。
d0063216_18164871.jpg

玉木くんの掲載されているのは6ページ。うち2ページは見開きで片側に玉木くん、もう片方はインタビュー。でも当然ですがハングル文字がみっっっっっしり(^^;)で読めましぇん。
ELLE girl が7周年ということで、7人の選ばれた男性陣の特集のようで、見てみるとまあ見事に他はガーリーな感じの男の子たちで(わかりますか?とてもキュートというか可愛いテイストなのですよ)、そんな中に何故か玉木くんがひとりシックでエロい(爆)て言うか、ファンのおいらが言うのもナニだが、明らかにオトナ過ぎるというかなんつーか……オッサン?(^^;)
d0063216_1817176.jpg

いい意味で次元が違う気が。
まあでもありがたく頂戴しまっす(^_^)インタビューの内容がわかれば、もっと嬉しいんですが。

次は香港。
そろそろのだめ映画版の宣伝イベント等は終わった頃ですかね。
あちこちでニュースともども写真も出てきましたが、何故かみんな見たことあるよーなのばかり。
どうやら一所で撮影された写真を、各ニュースサイト?が購入して掲載してるみたい。韓国のあちこちやたらめったら放出!とはまた異なるんですな。
で、ネット巡りしていて、比較的見やすかったのはこちら。

大視界、って読むんですかね。
http://images.yule.tom.com/vw/180792-1.html
写真、集まってきてるファンの様子もあわせて52枚あります。めくりやすいし、デカいので苦にならなかったけど(^_^)。
ホント、前の記事にも書きましたが「どこリゾート遊びに来たカップル」って感じですな(笑)。
ちなみに、おいらの一番の和み写真は31枚目。なんだろー楽しそうだなー(^_^)。

日本はたぶん明日3月1日から、いろいろ出始めるのでは?と勝手に思ってマス。
すでに雑誌タワーも再び林立を始めつつあるし、録画予約もMWが衛星劇場で放映されるのも加わってのラッシュ。取りこぼしないようにしなくては!
[PR]
by gyohm | 2010-02-28 18:29 | よもやま

四つどもえ

テレビ番組てぇヤツは、なぁんにも観たいモノがなくて困ることもあれば、観たいものがボコボコ重なってどうしようもない場合もありまする。
それが3つまでなら、2つをW録画して、1つを観るということができるんですが、今朝の9時って……orz

・NHK教育:日曜美術館(国立西洋美術館特集)
・ABC放送:題名のない音楽会(ショパン特集でブーニン出る)
・読売テレビ:東京マラソン(スタートが観たい人(笑))
・テレビ大阪:フィギュアスケート・エキシビション(今回全然フィギュア観てないからこれぐらいは)

まあ、上2つは再放送アリだから必死にならなくてもいいんですが(^^;)。

***

玉木くんと樹里ちゃんは昨日、無事香港に着いたようですね。
二人ともどっか夏のバカンスですかー?みたいな格好で、香港はあったかいんだなーと実感。
(玉木くんのサンダルは雪が降ってようと変わらんけども(爆))
今日の午後からイベントがあるようですが、香港の人ものだめ映画版を楽しんでもらえるといいなぁ(^_^)。


***

……とか言ってたら、津波の警報発令でそれどころじゃなくなりましたねorz
該当地の方々、くれぐれもご用心を。
でも3mの波って想像もつかないよ……。
[PR]
by gyohm | 2010-02-28 08:14 | よもやま

2月26日までのよもやま

あーあ、またこのタイトルに戻っちゃった(^^;)
後でわかりにくいから、なるたけやめようと思ってるのになぁ。我ながらブログ向きじゃないと思いながらも、タラタラと参ります。

▼メロディの表紙に玉木宏
小っちゃい写真なんですが……不思議(笑)。思えばKISSでも玉木くんの写真が表紙に出てくるなんてこたぁなかったんじゃないかな……。
ていうか。
こちらはある程度大人になってから読み始めたものだけど、メロディ自体はともかく、その前身の(いや今ももちろん在るけど)『花とゆめ』とか『LaLa』とかいう、いわゆる白泉社の少女マンガと共に育ったよーな私は、それなりに顔なじみ(笑)のマンガ家さん方の居並ぶ中、彼の写真が在ることが、何故だかとても不思議な気がしたのでした。連載してる「大奥」と「秘密」は単行本が出れば必ず買ってるし、ひかわきょうこさんのは昔っから大好きだし(あ、パタリロがまだ続いてた!)。
まあそれはさておき、映画『大奥』のキャスト発表の記事の載る同誌での、御大よしながさんの作品の方は、いきなりある意味ハードな展開で噴きました。やるねー、ジャニだの千秋王子だの出演だーと浮かれるところで、ガツンとあの展開っすか(笑)。原作知らなくて、とにかく玉木くんとか、写真出てきたから買って「ついでに」(^^;)原作の連載読んだおじょーちゃんたちは、たまげるんじゃないか(爆)あっさりしたタッチで展開しつつあるものの。
いやしかし、江島があんなにガタイの大きな人とは(笑)。江島生島事件が出てくるんだろうけど、さてさて、どんな生島が出るやら。
そしてなにより、超ドライな間部詮房。なかなか面白そうです。

▼『alive』映像をGyaO!で公開スタート
去年行われた玉木くんのLive Tour 「alive」のライブDVDが3月10日に発売になる前に、先行で25分ほどライブの様子が楽しめます→こちら
実際に大阪と、東京ラストのライブに行った私は、仕事場で昼食時に聴いて「あれーこんな寂しい音だっけ」「まあ生とDVDとじゃ違うし」と、ちょいと落胆気味だったんですが、家に帰って改めてヘッドホン装着のうえ聴いてみたら「エエやんかエエやんか…」(笑。リピ継続中)。
あのファンのツッコミまくりの声をカットして玉木くんの歌とバンドの演奏を前に出してるから、音楽自体はきちんと聴くことができても、ライブの臨場感がある程度損なわれてしまうことは致し方ないのですが、それでもいい音で楽しめます。
DVD、5.1chかぁ……本当はちゃーんとスピーカーを整えておきたいんだけどなぁ。
ところで、GyaOの無料動画って最初にCMが流れるじゃないですか。これ、いつもだとちょっと鬱陶しいなーと思うんですが(^^;)、これはすごいよーCMまで玉木三昧。NECと永谷園のCMが流れまくりで、まるまる美味しい(ニヤリ)。

▼観たい映画
カラヴァッジョ、絵は好きだけど、映画はどうするかな……と言ってるうちに終わりそう(^^;)気をつけておかなくちゃ!
シャーロック・ホームズは、きっと行くよな~
NINEは絶対行くってば!
・スラムドッグ$ミリオネラに出てた女優さん(フリーダ・ピントだって、綺麗だったよね)と、落下の王国のターセム・シン監督とでギリシャ神話題材の映画を作るとか。映像美は間違いなさそう。
[PR]
by gyohm | 2010-02-27 02:58 | よもやま

2月21日までのお買い物

いよいよ雑誌攻勢が始まりました。

ていうかその前にCMも来たみたい。
東京出張中にこそっと(爆)テレ東で永谷園のうどん編だけはワンセグでゲットしたんですが(涙ぐましいな、自分(笑))あまりにも和服美人さん仕様で、リピが止まりません!
NECの新PC分は毎日念録のおは朝がオリンピック放送で変則的になっていた合間につるっと流れていたので、うまくゲットできました。N-02Bと連チャンで流れて美味しかった(^_^)。
クロレッツは3月1日っすね。なんでこんなにジャンプが多いんだ~(笑)。マツダ、NEC、そしてクロレッツ。玉木くんにジャンプさせるの、流行ってるんすかね、CM制作チームの中で(爆)。
まあライブでそれはもう飛んだり跳ねたりしてるから、イケると思ったとか?

さて。
買ったものは、「音楽の友」「この映画がすごい!」「FLIX」「オトナファミ」。
(コメントは後ほど)

ゲットものは、「衛星劇場プログラムガイド3月号」です。これは久しぶりのMWの結城!
(衛星劇場でMWが3月に放映されるため)
d0063216_875515.jpg

インタビューが出るというのでサンプル誌は3月号でお願いしますとリクしたけど、まさか表紙から来るとは思わなかったから、封筒から出したときマジで飛び上がりました(^^;)。
インタビューは1ページ。ここに出てる写真がすごく好きです。で、インタ内容はほとんど既出だけど、最後に続編に言及していて、もちろんそんな話があれば是非やりたい、そのときはもっとパワーアップした結城をお見せしたい、と言ってるんですよっ!おいら拳握っちゃったね!(爆)
次2ページは見開きでMWの特集ページで、取り寄せて良かったなぁと思いました。
衛星劇場放送自体はとりあえず3月のみの予定で契約しましたが(結城オンリーDVD作成のため(笑)。だってもう映画のDVD3枚あるし(爆))楽しみです(^_^)。

さ、まだCDショップ系のフリーペーパー類はゲットしてないので、今日はのだめ映画版20回記念(笑)の途中、TSUTAYAと新星堂へ参りまする(^_^)。
[PR]
by gyohm | 2010-02-21 08:15 | よもやま
さて。
ここ「ぎょーむ」で『大奥』ネタで扱った記事を検索してみると、3件ヒット。

・『大奥』がドラマCDとな! 2005-09-01
・大奥〜極上音絵巻 2006-02-27
・よしなが版『大奥』実写映画化 2009-04-11

上2件はもう非公開にしていますが(表示は基本、1年分のみとしています)、残しているので、読み返してみるとなかなか面白いっす。たとえば、これ。

▼『大奥』がドラマCDとな! 2005-09-01
『大奥』と言っても、TVドラマじゃないです。
『メロディ』(白泉社)で連載している、よしながふみさんの、あの『大奥』です。

おおお〜いったい、誰が吉宗サマの声をあてるの???
漠然としたイメージでは……ていうか希望的には……ディア様(^^;)ていうか、素子?(田中敦子さんっすね)
ドラマCDはともかく、9月末に出るコミックスはすっごく楽しみです(^^)。
(以下略)


このときまだ、キャストが誰なのかわからなかったんですけど、もろ当たってて、おいらまさに「会心の笑み」状態でしたっけ(笑)。
で、てなこと言ってるうちに、こんなことに。

▼よしなが版『大奥』実写映画化 2009-04-11

この記事を書いた後、水野ってば実は19歳で、御年30歳となった玉木くんにゃとっても合わないことがわかり(読んでたくせに……(^^;))、ならばこの後、家光編に出てくる万里小路有功ことお万の方のほうが……とか思いかけていたころに、メイン2人の発表で、正直、映画版の興味が削がれます。

こういうことって難しい。
気に入った作品であればあるほど、自分のイメージに合わないキャストをあてがわれることになった場合の悲劇たるや……のだめのとき、当時、超・原作千秋ファンだった私も、この茶髪の兄ちゃん誰よ?状態でしたもんね……まあ、幸いなことにこれは良い方に覆されて現在に至るわけですが。

そう言う意味では、よしながふみさんの作品については私の場合、ちょこっとラッキーだったと言えるでしょう。と言うのもこの人の作品を知ったのは、ドラマ版『西洋骨董洋菓子店~アンティーク~』で、しかもそれにハマったんですよ(^_^)いやまあ最終回は……「はぁぁぁぁ?」でしたが(爆)。意識して原作版を読まなかったおかげで、それなりに楽しく観ることができました。周囲からは原作はステキ原作読むべき何だまだ読んでないのかまたヘソ曲がりかよ王道をいかないクセは相変わらずかよと罵られましたが(笑)。そんなこんなで、はぁぁな最終回の後、満を持して(だって周囲のディープな同人の友人たちの誰もが原作を褒めちぎっていたから)原作を読んで、めでたくドはまり(笑)。気がつくと一般誌に掲載された他作品は全て買い漁り、コミケに行けば並び、行けないときは友人に頼み(笑)。遅まきながらいろいろ取り揃えて楽しませてもらいました。
前々から述べているように、私はいわゆる「やおいフィルター」はあまり発動しない質なんですけど(笑)この人のBLものは全然平気つーか面白い。独特の乾いた感じの作品展開が、その手の描写もモロであるにも関わらず好みなのでしょう。そうそう、同人誌で延々続いていた『西洋…』の橘と小野の関係を、まだずっと見続けていたかった(同人活動は休止されています。仕方ないだろうけど残念)。
ちなみに、よしなが作品で一番好きなのが、いまだ『彼は花園で夢を見る』なので、まあやっぱり私って(笑)。で、次に好きなのがモロな『ソルフェージュ』って(爆)。

さてさて。
そんなこんなでファンなので、作品に付随するものも適度に集めています。
『西洋…』のドラマCDは、声優ヲタじゃない私でもキャストが豪華すぎて(橘(山寺宏一 )、小野(郷田ほづみ)、 エイジ(関智一)、 千影(井上和彦))、手に入れなきゃ!状態でした。

そして『大奥』ドラマCD版もまた、掲載誌『メロディ』でのいわゆる「全プレ」で手に入れたものです。正式名称は『大奥 極上音絵巻』。1巻の、映画版の内容がまんま入っているので、予習にピッタリ(笑)。
d0063216_136425.jpg


キャストは以下のとおり。
水野(小西克幸)、吉宗(田中敦子)、杉下(堀内賢雄)、久通(石塚理恵)、藤波(若本規夫)、柏木(川島得愛)、垣添(菅沼久義)、三郎佐(岩田翼)
<イラスト付き紹介はここまで。以下、それ以外のブックレット掲載分として>
松島(山野井仁)、鶴岡(中村俊洋)、お信(小林沙苗)、ナレーション:西村知道
<1シーン程度の出演者は割愛>

水野と吉宗編って、この『大奥』という作品においては、ほんの序の序の序の口なので(そんないっぱい言わんでも(笑))、もしもこれがシリーズ化されたら、吉宗が語り部的存在であり、実際には前述の万里小路有功ことお万の方、そして家光(♀)へとつながります。
たとえば、水野編で流水紋の裃は「お万ごのみ」と垣添に言わせています。なにげに出してることは、後ほどわかってニヤリとさせられます。
(ただしドラマCD版。原作を改めて読み返すと、言ってませんね……見逃したかな?)

ただこの有功と家光編は、私にとってはあまりに陰気で可哀想で、ホンネを言えば読むのがしんどかった。むしろ綱吉と柳沢吉保の関係もまたドロドロしてるものの読めました。
(膝突き刺しシーンはなかなかイケましたな……)
もっとも、よしながさんの乾いたタッチだからこそ、どうにか読めたかと思います。でも、実写になって律儀にリアルに描かれようものなら、おいらのよーな主人公いぢめドラマが超・苦手な質の者には耐えられないだろーなぁ(^^;)うーん。

……でも、玉木くんの松島(敵か味方かと言えば、主役の敵側でしょう)は楽しみだって思うから困りますよねぇ(笑)。原作ではほとんど出てきませんが、柏木プラスなら、ちょっとは面白い展開になりそうだ。どうかMWの結城のように、悪びれず我が道を行く人として描かれますように……あ、でも柏木プラスなら、末路は……なんですけどね(^^;)それはそれで面白いかな(鬼)。
[PR]
by gyohm | 2010-02-21 01:42 | よもやま

出張なんですよ

早朝には東京へ行かなくちゃ!なんですよ。
しかも今回は日帰りじゃなくてちょこっと長居。あああ、こんないろいろやってきた日に!
(いやギリギリセーフでいろいろ見られてラッキーだけど)
どうにかこうにか旅支度はできましたが、早く寝なくちゃ寝なくちゃと思いつつ、せめてひとことずつ叫びたいのでありました(笑)。

▼大奥
・松島だけじゃなく、柏木設定も含めて来そう。
 かなりいい悪役っぷりが拝めそうです。ちょっと楽しみになってきた……かな。
・そうなると藤波を誰がやるのか気になる……
・改めてドラマCDを聞き返してみました。あら松島、ドラマCDに出てる……
 しかも声を当ててるのはなんと、リスパラのクラウディオ(山野井仁さん)。渋い!
・吉宗のディア&草薙素子な田中敦子さんと、杉下のオスカーな堀内賢雄さんしか
 意識してなかったんで(おい、水野は)、ビックリしたよ……クラウディオと全然違う。
・正直、杉下をサダヲさんがやるとは思いも寄らなかった。

▼のだめ映画版
・後編予告キターーー!
・例のシーン、キターーー!
・ラブシャのアイアイとのシーンの次か並ぶぐらいツボかもしれない

あああもう3時!3時間睡眠できない!飛行機の中で寝るしかっ!
お休みなさい~
[PR]
by gyohm | 2010-02-17 03:00 | よもやま

松島かよっ!

玉木くん、『大奥』出演きますた。
水野役が決まった少し前に、有功(家光編)もいいなぁ~映画は吉宗編だけど……と思ってたら、まさかの映画版に来た(笑)。

しかし松島ってほとんど原作では出てこないんですけど(^^;)。
2カ所ぐらい?(笑)。まあ脚本にぼちぼち期待ってことで。

でも髷物を拝めるので、それなりに楽しみっすな。
[PR]
by gyohm | 2010-02-16 06:56 | 映画

2月13日までのよもやま

▼Mステ
1000回記念とのことで、今まで出演した人たちの初登場時を1000人(グループ)分見せちゃう、との企画に、もれなく玉木くんの「踊ろうよ」での出演があるだろーと念録。見返してみると……五十音順に登場で、玉木くん前になんとタケ(タケカワユキヒデさん)がいた(爆)。ひぇぇ~「Happy Birtyday」だー、なつかしー……ていうか、実はこの頃、完璧にファン状態から離れてましてスルーしてたんですよね(^^;)←ゴダイゴ至上主義
いや、映像はそれなりに見てたので知ってましたけども(笑)。微妙に丸くなり始めた頃ですね……(^^;)
一方玉木くんの方はニコニコうれしそーに歌ってます。ほんと、歌ってるときって楽しそうなんですよねぇ、見てるこっちもほっこりします。あー早くライブDVD観たいなーいやそりゃあライブ自体が拝めたらいいんですけどね。

▼復活1
「2月になりまして」で韓国の取材の様子を紹介していましたが、モノクロ写真がステキだったmaxmovie.com、一時アクセスできなかったようですが、先ほど久しぶりにトライしてみたら、無事アクセスできました……ほとぼりが、さめた?(笑)。

▼復活2
上野にパンダは必要なんだよ!by うさタン@ラブシャッフル
上野動物園:パンダ復活で街も復活…人気回復の切り札に
……ところで、自慢じゃないですが(!)私、生パンダ観たことないっす(^^;)
一回ぐらいは見ておきたいなぁ……
[PR]
by gyohm | 2010-02-13 03:03 | よもやま

2月9日までのよもやま

▼SadなiPod
…が出ました(>_<;
マカーだけどまだ幸いSad Macにはお目に掛かったことなし(HDDが×になったのは見たけど……ってもっと悪いぢゃん(^_^;))。でもiPodに出ちゃった。リセットしても、外付けHDDとしてみろ云々の指示を見ながら試してみたけど、ダメダメorz
あーあ修理かーでも私のiPodってPhoto iPodなんですよね、買った1週間後に映像が入れられる型のものが出たってぐらい古い。修理代はたぶんハンパじゃないだろーどうするかなぁ、まだ60GB中16GBぐらいしか使ってないのにもったいねーとウダウダ思いつつネット検索。すると、いくつかヒットしたブログやらマカーサイトさんやらで共通の対処法を発見、どーせダメ元とばかりに試してみることに。それは……
 (1)畳とか絨毯の上で
 (2)肩のあたりから
 (3)ドック部分を下にして
 (4)…………落とす↓↓↓(爆)
マジで起動しました。とにかく速攻で、ひとつPC本体のiTunesにサルベージできていなかったボイスメモを吸い上げ、ほっと一息。以降、問題なく使えています。
叩けば直る、というのをモロ見た気が(^_^;アバウト過ぎるやろ(笑)
でもまあ、何はともあれ良かった良かった(^_^)
※あくまでも自己責任で行ってください。
 このとおりにやって壊れた!って文句言われてもどーしよーもないっす(^^;)

▼17回目 in Tokyo
仕事で日〜月、宿泊しての出張の指示が出たので、これ幸いとのだめ映画版のスケジュールを組み込むことに(爆)。でもロングランが決まったとはいえ、さすがに上映時間や回数がなかなか厳しい状況。私の御用達・品川プリンスシネマ(笑。イノセンスで13回通ったんで)もやってたはず!と調べたら、4日までだっけ…orz あそこなら、レイトショー行ってそのままホテルに宿泊できてラクチンなのに……(MWで経験済)。
仕方ないので他を当たってみると、新宿ピカデリーががが。ここって確か……マダガスカル2の舞台挨拶で行ったっけ。時間を調べると21:40-23:50かー(ぽち)←ネット予約した音(笑)ついでに新ピカ近所のホテルも予約(笑)。まずは映画館ありきかよ、と自己ツッコミ入れてみました(^_^;
さて、久しぶりのレイトショーでしたが、日曜の夜だというのに、かなり多めの観客数で驚きました。とくに私の座った列はほとんど埋まっていたのですが、席を2つ空けて向こうに座ったカップルがまさにバカっぷるで(!)今まで見てきた17回中、さすがに『1812年』の始まり時にはおとなしくしていたものの、間もなくしゃべり出した客を初めて見た。バカか?バカなんだな?バカに決まってるよな!(関西人がバカ呼ばわりするときは相当怒ってるってことです)ホンマ、むかついたわ!
まあそれはともかく、新ピカはその略称のとおり(笑)綺麗で悪くないんですが、いかんせん、のだめの上映が行われた10番スクリーンは11階なのですよ……上がっても上がってもまだ着かないorz。私みたく近所に宿をとってる分には急く必要もないのでいいけど、それでなくとも日曜の夜、終電も早めだろうし、11階から地上もしくは地下へ降りるのはさぞや時間がかかるでしょうて。さすがに後編予告を見ずに帰った人が6人ほどいました。せいぜい2人ぐらいしか途中抜けの人を見たことがないので、ちょっと残念。
まあ、そんなこんなで、イマイチ楽しめなかったので(後部座席のおっちゃんはゴンゴン椅子蹴ってくるしね!(怒))、11日の祝日は、地元関西でリベンジ鑑賞してきます。


▼久しぶりにまた~りドラマ
土曜日は『剣客商売』観てました。大好きなんですよね、このシリーズ。あー良かったなぁ。
温水さんが久しぶりに悪党、しかもいかにもな小悪党っぷり炸裂で笑えました。
中村梅雀さん、赤かぶ(赤かぶ検事)は、どうしてこんなやたらアクの強いだけの演じ方するんだろう???と不満に思っていたんですが、こちらでは安心して、ある意味「人でなし」な剣客っぷりを拝見できました(誉めてます、スゴく)。
藤田まことさんはもう、殺陣にはそれほど長く立ち会うことはありません。体調みながら撮影を進めたかなぁという気もしましたが、無事観られてなによりでした。

美の巨人たち
ミュシャの「ジスモンダ」がお題だったので、もれなく録画&鑑賞(^_^)。
一躍アール・ヌーボーの寵児として打って出た記念作ですよね。
毎度の小芝居(爆)の舞台がマキシムの上にある部屋だったとは……いや、いい雰囲気の部屋だったので印象的で。ピエール・カルダンのコレクションだそうです(^^;)スゲー(サイトに掲載あり)
ちなみに次回は呉春の「白梅図屏風」。あらあらあら……これは間違いなく、逸翁美術館のご登場ですな。来週も楽しみに観ます!
[PR]
by gyohm | 2010-02-10 02:25 | よもやま
d0063216_15293526.jpg

入場制限に遭いながらも、行ってきました。

のだめの汚部屋(笑)はあまりの人の波にもまれて挫折(^-^;したけど、玉木千秋と上野のだめの衣装は拝めましたよ……マルレ・オケのティッシュもね!
(こっちをくれよ!!)
[PR]
by gyohm | 2010-02-06 15:29 | よもやま