∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

<   2011年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

HIROSHI TAMAKI art tour

英語で言うとカッコイイ!(おい)

てなわけで、玉木宏関連のイベ2つ重なった日を見計らい、エイヤ!と行ってきました、東京・銀座&渋谷。

当初は10時OPENの渋谷パルコ内パルコミュージアムで行われる BE@RBRICK WORLD WIDE TOUR 2 へ行く予定だったものの、なんと当日は朝からどしゃ降りort しかも長蛇の列とかいう情報を得て銀座へまわることに。

だがしかし(^^;)

渋谷10時は把握していたけど、うっかり銀座のTASAKIの方は11時からというのを失念していました。
しかも、映画『山本五十六』のフライヤーやらもろもろゲット&時間つぶしも兼ねられるだろうと思って行った丸の内東映が、まさかのチケチェックしてからの入場形式だなんて思いも寄らず。なんやそれ状態でとりあえず三越へ飛び込み。デパートは開いてて良かった10時♪なので助かりましたが、はてさてー。11時までの間、お茶でも……と思ったけれど、早朝出たので、むしろお腹が空きました。私はいわゆる展覧会というものへ行くと、それなりにねっちり観るタイプなので、この空きっ腹で行くのは心許ないから先に何か食べて行こうかと思いながらもこの雨の中、ちょろちょろ動き回る気にもなれず、結局やっぱり11時を待ち、デパート上のレストラン街で食事してから向かいました。

▼TASAKI Timeless Message Photo Gallery~玉木宏が撮り下ろしたダイヤモンドを巡る旅の記憶
TASAKIのお店に入るのは初めて……お隣の鳩居堂は結構行ってましたが(笑)。
さて案内されて地下に降りていくと最初に、写真撮影をしている玉木くんの様子が写し出された画像がずらりと並んでいます。こちらのカメラマンさん(TASAKIの専属さんですかね)、玉木くんの実にいい表情を見事に撮ってくれています。
(これで写真集出してほしい、マジで(笑))
そこを抜けると、一気にアフリカ・ボツワナの木々。室内の柱に木の写真を巻き付けるようにして展示されていて、面白い工夫がなされています。私はその中の、鬱蒼とした木々の葉に覆われた中、光の形をして日がこちらへ差し込んでくる写真が好きでした。
あちらこちらで紹介されていた、ダイヤモンドのかたちをしたモノクロの写真群は圧巻。近くに寄って用意されたルーペで観たり、離れてダイヤの形を楽しんだり。それにしてもよくあのカットのラインあたり、写真の黒の部分を上手く集めたものです。
玉木くんの写真群の中では、たぶん前々からのお得意というかよく好んで撮っているであろうモチーフの空の写真が素晴らしい。あの色になるのを待って、2泊5日という強行軍の中、撮影したんだろうなぁと感心しきり。まあファンだからこそ知っているエピソードではあるけれど、その裏ネタ(笑)を知らなくてもあの空の写真群は見入る魅力があると思います。

ダイヤモンドの形をした写真の横で、ダイヤ原石がカットされていく工程の説明コーナーがあり、今回の展覧会の発表で実際に展示されたり玉木くんが身につけていたりしたものの展示を4階で行っている旨案内を受けて会場を後に。
もともと宝石を観るのは大好きなので、4階から1階まで、結構じっくり眺めてきました。

d0063216_2381561.jpg
#地下鉄銀座駅に貼られたポスター
コソコソ撮影したのでドアップ過ぎてイマイチ場所の雰囲気なし(^^;)


TASAKIを出た頃には雨もあがり、2時間待ちとかいう話をツイで眺めつつ、私の場合は「また明日」というわけにもいかないので、渋谷へ向かいました。
BE@RBRICK WORLD WIDE TOUR 2 略してBWWT2の会場がある渋谷パルコに来てみると、なるほど階段の方に列がのびている。ただし私が来た頃にはかなり進んでいて1時間程度の待ちとのことでした(でも40分ぐらいで入場できた)。
それというのも、3人ずつ入場させているからであり、その理由がまた、入口の超弩級どでかい(!)ベアブリック(1000%らしいっす(笑))の出迎えてくれた先にある……ショップ! さすが! まずは買い物、というわけ(爆)
でも実際、並んでる人の何人もが大きな紙袋を抱えている。もちろん中はBWWT2関連のお買い物であることは明白。1回入場時、記念グッズについては各自1アイテム1個、1レジのみ、という制限があるため、記念グッズで複数個欲しい場合はまた入場するしかない。というわけで、いかにも次2回目です3回目だよ、な猛者がごろごろしてます(^^;)。女子よりなんとな~くアキバ系のヲタク男子が多かったのも、ちょいと驚きましたが、まあこちとらもラジ館の海洋堂とかボークスとかへちょこちょこ通っていたクチだから、客ウォッチはこのへんで(笑)。

基本、玉木イベは単独行動ですが(リア玉友Oさんとは、ほとんど休みが合わない)、なんと、学習院の学園祭トークショーでお隣席だった方が私の後ろに並ぶという偶然。せっかくなので、会場内はご一緒することに。


▼BE@RBRICK WORLD WIDE TOUR 2

まずショップで、BWWT2記念にツアーブックを、あとはバースデーのベアブリック。実際にブツを見ると、か~な~り~可愛い! 自分の誕生月分と、大好きな色の赤い子を……あら1月だ、なるほどガーネットだもんね……1月14日ね(ニヤリ)。どうやら1月の赤ベアはよくお買い上げされてるようですよ(笑)。
そして会場には70名からなるアーティストによるベアブリックがずらり!実に壮観。でも会場自体がそれほど広いわけでもなく、通路が狭い中、気をつけないとうっかり引っかけて転がしてしまいそう(^^;)
ディズニーとかサンリオとかもろもろ有名どころの勢揃いな中に、いましたいました、黒くて、デニムのライダース着てるかわいいヤツ(^_^) 本体の黒がこっくりした質感で良い感じ、またスタッズ散りばめたライダースジャンパーの出来がまた良すぎる!このジャンパー、ひと用で売ってくれっ思いましたよ、ほんと(笑)。スタッズいくつあるかなと数えて11個とか思ったけど、後で他の玉木ファンの方が書かれているのが10個とか。ツアーブックで見返してみると、どうも10個らしい……うーん二人で数えていたのに何故11個と認識?(^^;)
そして圧巻の手書きリストバンド…っていうべき?ペイントは細かくてステキ。可能なら、もっと見たかったけれど、この黒と紺のところにスパイス代わりにちょろっとあるのがキュートなのかもしれない。しかし今年のタマクラ年賀状でのウサギで感動したけど、ほんとに玉木くんは絵が上手い。

d0063216_23121115.jpg
#ツアーブックに掲載された作品&玉木くん
偶然だとは思うけれど、妙にお揃な色合い(笑)


さて他アーティストの作品ももちろんガッツリ楽しみました。できれば素体を展示してほしかったと思いましたが(私がベアブリックというものを知ってからまだ間がないからかもしれませんが)。
その素体をもとにデコられた(おい)ベアブリックたちの中で、私の目をひいたのは、秋葉舞子さんによるサビ加工?の施されたものでした。もしもベアブリックが鉄製だったら、ほんとこうやって朽ちていくけれどこうして残っていくんだろうなぁと思わせてくれるものでした。

玉木くんを通じて知ったベアブリックですが(彼のライブツアーでグッズとしてオリジナルのベアブリックが頒布されている)、実に面白い展覧会でした。パルコがないせいで大阪はスルーですが(心斎橋にあったのはずいぶん前……)、各地巡回があるようですので、お近くの方はぜひぜひ!

***

せっかく渋谷まで来たからには、ぜひNHKのスタジオパークにも足を運びたかったけれど、久しぶりに展覧会2つ、ハシゴして歩き回ったせいかドッと疲れが(^^;)。義朝さまご登場はなさそうな感じだったのもあり、今回はパス。でもまたぜひ行ってみたいと思います。
[PR]
by gyohm | 2011-12-04 23:10 | アート