∞ 暁務報告 ∞

gyoh.exblog.jp

暁(あかつき)によるゴッタ煮ブログ【ぎょーむ・ほーこく】。局地的に広く中途半端に深い(笑)趣味で展開してまいります。

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「その1」から間が空いてしまいました。
その間に先に掲載したように大ヒット御礼舞台挨拶も行っちゃった(笑)ので、本日1月14日の時点で6回行ったことに。明日15日に同じく玉木ファンの友人と一緒に観に行く7回目をもって、とりあえずキリをつけたいと思います。

さて。

この映画のタイトルは、確かに『山本五十六』であり、彼についてのストーリーではあるけれど、「その1」で述べたとおり、彼が否応なしに戦争を始めざるをえない状況へと追い込まれていく様子を描いたものであり、彼の死をもってこの作品は終わり……というわけではありません。
彼の乗った戦闘機が追撃され、墜落炎上して彼自身が果てても戦争は続き、ようやく敗戦というかたちで終戦を迎えても、相変わらず「忘れやすい」この国の人々は多くのことを忘れて突き進んでいく。
だから「戦争はやってみなければわからない」なんてアタリで戦争を引き起こし、「戦争は海の向こうでやっている」とのんきに「戦争すれば景気が良くなる」と言い出す--実際に亡くなっている人もいるのに「仕方ない、戦争なんだから」と片づけるわけです。
(だからこそ、五十六の「(前線の兵士たちには)捨て石になってもらう」がとても重く響くのですが)

「忘れやすい」ことは、五十六の言うとおり長所でもあるけれど、また同じ過ちを繰り返すかもしれない。だから同じく繰り返してこのような戦争があったことを伝えなければならない、というメッセージが強く込められていると思います。
だからこの作品は、一貫して、少々語り過ぎるぐらいしつこく(!)これらのメッセージを繰り返します。だって、相手は「忘れやすい」んですもん(苦笑)。

覚えている人の高齢化に伴いどんどん風化していくし、新聞等に書かれることなく通り過ぎていったことを伝える術もなく、私を含め「戦争を知らない」人たちばかりになっていく。知ってる人、あるいはそういう戦争系のことに詳しい人たちにとっては不要だと思われることも、知らない者にとってはとても有効であるはず。

そういうわけで私は、最後の最後に真藤が語るあたりが不要だとか蛇足だとかは思わないのです。
むしろあの荒れ果てた東京の街は、そのまま先日の東日本大震災の被災地のように映り、またここから始めるのだ、という、後悔と決意との両方の気概を感じることができるのです。

あと、この作品の特筆すべきことは、情報操作というものに焦点を当てていることにあります。
ヒットラー率いるドイツのことは都合のよい記述のみ掲載されていること、「撤退」を「転進」と言い換えて情報操作するのが当たり前のように行われているということへの警告を発しています。

「目」「耳」「心」を広く開いて、という五十六から真藤へのメッセージは、そのまま観客である私たちにも大いに発せられているわけです。
そのために、米百俵の話は海軍学校へ自分の思いを共有してくれる部下へ託し、目の前の富(戦勝)より人材育成を強調する五十六の思いに通じます--広い視野を持つ者を育て、同じ過ちを繰り返さないようにしたいという思いに。

……てなことを私がつらつら書いていると、何だかものすごく教訓めいた感じになっちゃうわけですが、この作品はそれがちっとも押しつけがましくない。まあ前述どおり、「わかっている」人には少々鬱陶しいほど同じことが繰り返されているかもしれないけれど、丁寧に丁寧に語られた作品だなぁと思っています。
だから、全てが理想どおりになったわけではないことも描かれています。

新聞社の主幹たる宗像も、あっという間にアメリカ万歳、民主主義を大文字に!とのたもうています。彼が赤紙を受けて出征する真藤を見送った後のえも言われぬ想いのまま留まっていないことが、むしろ映画作品として面白く観ることができました。五十六さんの想いどおりにはいかない。でも五十六がそうであったように、宗像には宗像なりに日本という国を良くしたいという信念のもとで行動しているのでしょう。
でもそれが誤った方へ向かうとき、今度こそ真藤は前回よりも強く声をあげることでしょう。

世論という存在の恐さと、一方でそれに負けぬ人の心意気というものを感じさせてくれる作品でした。
目と耳と心を大きく開いて--なかなか難しいし、すぐ忘れちゃう(^^;)けど、できるだけ心がけたいと思います。

***

たぶん次回は萌え部分(!)の感想を(笑)。
そして、お誕生日おめでとう>玉木くん
同じ誕生日の母ともども、お祝いさせていただきます(^_^)
[PR]
by gyohm | 2012-01-14 03:12 | 映画
というわけで、また来ちゃった(笑)。
d0063216_17402682.jpg


ただ、16時からの開演のため、せっかくの東京行きだからと平清盛関連スケジュールを突っ込めるだけ突っ込もうと思いましたが、いかんせん時間が中途半端。しかも美術展関連だとなめるように観る性癖(笑)の持ち主のため、時間切れ必至。
というわけで、この際「巡回」の予定あるものは省き、渋谷にあるNHKスタジオパークへ行くことに。
でもせっかく渋谷へ行くならと、玉木くんがNakedで行ったことあると言っていたカフェ「人間関係」へ。
d0063216_17403693.jpg


大昔(笑)私も行ったことがあるんですが、そのときは夜遅くで、人もいっぱいいました。でも、このときはまだ開店してまもなくのお昼頃、それほど人の数はなく店の奥の方の席はまだ開放されていない状態でした。さすがスコーンをウリにしているだけあって、紅茶のメニューはいっぱい出ていましたね。とりあえずはパスタとのセットを食べて、一路NHKへ。
おっと、道の途中でロボジー車発見! ちゃっかりパチリ☆
d0063216_17404768.jpg


東京には10年住んでいたのですが、NHKで行くのはもっぱら側のNHKホールであり、スタジオパークに行くのは初めて。ウィキで調べたら1995年にオープンだから、行くチャンスはあったんですね~(^^;)あらら。
d0063216_17405786.jpg


入口までの間には、もちろん「平清盛」ポスターや、
d0063216_1741856.jpg

あいらぶ・どーもくん、とか(笑)。
d0063216_17411968.jpg


いやしかしここ、楽しゅうございました。
五十六映画の舞台挨拶なかったら、ずっとここで張り付いて観ていたいぐらい(笑)。
最初の平清盛についての特設コーナーでは、見返り義朝さま(笑)と衣装&小物の意匠をガン観しつつ(おい)先へ先へ。
クイズコーナーでは、「『平清盛』の主人公を演じるのは?」との問いに対する解答三択内に「玉木宏」とあったので、思わず指でさそうとする玉友さんをなだめつつ、うっかり私もボタン押しかけたり(爆)。
実際に平清盛を撮影しているスタジオも、ちらっとですが観ることができました。撮影はしていなかったのですが、幕が張られていなかったので様子をのぞき見するという感じでしたが、ワクワクしました。いいなぁ撮影の様子を観られる方々!
あと、とくに今までの大河ドラマや朝ドラのタイトルやOP、映像を観られるアーカイブコーナーが楽しくて、もちろん『こころ』の花火職人な玉木くんもチェック、後は各々の思い出のドラマを選んでは懐かしい思いに浸っておりました……ら、それなりの時間。
後ろ髪引かれつつ後にしようとしたら、入口正面の壁一面にあるスーパーハイビジョンで平清盛の撮影の様子(残念ながら義朝さま無し。京の町中をいく清盛と後の西行である佐藤義清)が映し出され、思わず見とれておりました。いやー綺麗だしリアルだー。この画面で玉木くん拝めたら本当に嬉しかったんだけど……残念。

さて、渋谷→有楽町 へ移動。
本来の目的(笑)丸の内TOEIでの『山本五十六』大ヒット御礼舞台挨拶へ。

東京在住時には全く来たことのなかった映画館ですが(^^;)この1ヶ月足らずの間に3回舞台挨拶&映画を観ることになろうとは(笑)。ちなみに昨年12月23日の初日舞台挨拶1回目は二階席最前列ながら端っこ、2回目は1階席後方、そして今回はもうちょっと前に進み、かつ真ん中近く。一番観やすい場所となりました(^_^)

もうすでにファンの方の速攻レポや、web上では多くの写真や記事掲載があり、チンタラしてる私が書くこともあんまりないんですが、まあざっくりとね(^^;;; 

▼舞台挨拶の様子はこちらへ▼
[PR]
by gyohm | 2012-01-13 14:11 | 映画
正式タイトルは長すぎるので割愛。
(この後に"-太平洋戦争70年目の真実-"が付きます)

12月23日の封切以来、昨日で5回目の鑑賞となりました。
毎度のことながら試写会へは行けないので、この回数はそれなりのハイペースと言えるかもしれません。とはいえ、内2回は東京、1回は大阪での舞台挨拶で、映画鑑賞としてはイマイチな座席のせいもあり(母を初めて連れて行った大阪は最前列の端っこ……)、作品自体をしっかり鑑賞できる座席につくことのできた、あとの2回(内1回は母同行)で仕切り直しといったところです。

正直申せば、『真夏のオリオン』といい、この『山本五十六』といい、玉木宏という人が出なければおよそ観ない類の戦争映画ではありますが、それゆえに、彼の出演価値というものがあると思います。彼自身も「多くの人に観てもらいたい」(興行成績云々より)と言っているように、毎年何らかのかたちで細々とであっても、風化させない(それこそ忘れることが得意な民族であるし(苦笑))という意味・意義があると思っています。

役所広司さんの演じる山本五十六という人となりは、とても人間味のある描かれ方で好感を持ちましたが、ちょっと甘味走りのエピが多かったかな(提供さん気遣い?(笑))。あの水まんじゅうで充分伝わりました。あのうんめぇは良かったですね~観ているこちらは歯が痛くなりそうなほど砂糖ぶっかけでしたが(笑)。
おっと、お姉さんからの干し柿&手紙はしみじみと良いシーンでした。私は、宮本信子という女優さんをあまり好きではなかったのですが、方言の語り具合がとても良いなあと思いました。
甘党絡みでの指欠損でお嬢ちゃん驚き~リボンの贈り物の場面は、うーん……くどいかな。
実際、知り合いにもいるし、何も彼だけのエピソードではないだろうから、それよりはもっと他との軋轢等描いてほしいと思いました。

場面不要という意味で、ツイート等の感想の中に、新聞社や小料理屋での場面はいらないとのたもう人がいるようですが、それなら別作品を観ろと声を大にして言いたい。あれこそが、私にとってこの作品の一番大事でかつ怖い場面だと思っています。戦争やれば景気が良くなる、と一般市民が酒の肴話に言ってるわけです……戦争だから人が死ぬのは仕方ないとか--激しい戦闘シーンがないからということではなく、ひたひたと何か迫ってくるような感覚でゾッとしました。
端的な例として「転進」と「撤退」の言葉について。少々丁寧すぎるぐらい対比説明をしてくれていますが、マスコミ、あるいは声の大きい人の言葉遣いひとつで、人の心もあっという間に変わってしまう……現代でもネットで"炎上"なんて言葉があるけれど、こちらもまたあっという間に拡がる怖さを含んでいます。
確かにこの作品での主人公は山本五十六だけど、彼もまた、この流れの中、もがいてはみたけれど結局巻き込まれていってしまった人の中のひとりだったのでは、と思い至るのです。

戦闘シーン……実はもっとも危惧していたのはこのあたりで、それは監督である成島さんによる『ミッドナイトイーグル』でのトラウマが(苦笑)。私は玉木くんファンになってから後の作品にしか興味がないので、過去作含めず観た映画の中でも本当にこの映画での戦闘シーンはやめて~!と、リモコン持っていたら早送りしたくなるほどがっかりしたものでした。ですが今回は、ある意味割り切ってカットされていて、これはこれで良かったのではないかと。
ラストの、五十六さんが搭乗機が攻撃を受けたあたりの静謐な場面は、とくに良かった。
もっとも、そこに至るまでのいわゆる"死にフラグ"立てすぎやろ、とツッコミ入れたくなりましたが(苦笑)。

いったん切ります。
[PR]
by gyohm | 2012-01-05 01:51 | 映画